北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭岳からエベレストへ、山と自然愛した二井田さん死去【室蘭】

エベレスト登頂隊メンバーと記念撮影に納まる在りし日の二井田さん(右)

 北海道山岳連盟の「北海道エベレスト登山隊」で副隊長を務めた室蘭の二井田高敏さん=大沢町、元二井田食品代表取締役=が21日午前10時、死去した。79歳。ホームグラウンドの室蘭岳を愛し、自然保護にも力を尽くした。早すぎる死を惜しむ声が相次いでいる。

 室蘭市出身。中学時代から室蘭岳登山を始め、室清水高では山岳部に所属。卒業後、家業の豆腐店・二井田食品を継いだ。還暦の時、道岳連主催の2000年(平成12年)エベレスト登山隊にメンバー6人の1人として参加した。

 登山隊は5月17日、見事北海道隊として初めて登頂に成功した。二井田さんは高度障害に遭いながらも目標の7千メートルまで登り、ベースキャンプから登頂隊員を支えた。標高5千メートルで豆腐作りに挑んだ逸話も残した。

 05年にカラコルム山脈の未踏峰「スンマ・リ」登山隊に一緒に参加した神原正紀さん(73)=登別市=は、8千メートル級のK2とブロード・ピークを見ながら楽しそうに氷河上を歩く先輩を思い出し「本当に面倒見の良い人でした。山仲間の死は寂しい限り」としのんだ。

 また、室蘭岳の自然を愛し、スキー場整備計画を機に、自然保護活動にも力を注いだ。室蘭岳の自然を守る会会長として活動、樹齢400年のミズナラの巨木などをテーマにした見学会なども展開した。

 1950年(昭和25年)創業の二井田食品2代目としては道産大豆にこだわったものづくりでファンを広げた。「かまあげ豆腐」は洞爺湖サミットの食材に採用された。納品先の閉店や人口減を受け、惜しまれる中2011年11月に廃業した。

 幼なじみの木村一郎さん(83)=木村時計眼鏡店店主=は子どもたちの健全育成に熱心だった一面を語り「町会の子どもたちを連れてキャンプや登山、スキーに行ってくれた。あれほど面倒を見た人はいない」と別れを惜しんだ。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の有権者 農業、子育て 政策注視 道知事選【十勝】

 21日に告示された道知事選は16年ぶりの新人対決となり、北海道の未来を託す新リーダーが誕生する。十勝の有権者は農業や子育て支援、経済、災害対策などに関心が高く、実行力を伴った具体的な政策論争の深...

十勝毎日新聞

若手役場職員が提言書 町長に手渡す【池田】

 池田役場の30歳以下の職員で組織した若手有志の会「いけだFPSプロジェクト」(略称いけプロ・宗像瞭代表、36人)は19日、町社会福祉センターに勝井勝丸町長を招いて自主研修グループ提言会を開いた。...

十勝毎日新聞

大雪山系の案内板設置 市街一望の神居山展望台【本別】

 本別の自然などを紹介している「森と川の舎」(新津和一会長、会員14人)のメンバーが19日、神居山(かむいやま、190メートル)の展望台に案内板を設置した。一望できる大雪山系の山々の名称を記し、散...

苫小牧民報

北海道知事選告示、与野党一騎打ち 被災地で第1声

 第19回統一地方選のトップを切り、道知事選が21日、告示された。野党統一候補となる石川知裕氏(45)=立憲民主、国民民主、共産、社民、自由推薦=と与党陣営が擁立した鈴木直道氏(38)=自民、公明...

函館新聞

追分渡島協 福田さんの遺志継ぎ少年少女の部の優勝旗新調【函館】

 江差追分渡島協議会(内村徳蔵会長)は、31日に函館市公民館で開く第15回渡島協議会発表大会から使用する、少年少女の部の優勝旗を製作した。昨年9月に84歳で亡くなった前会長で江差追分会名誉師匠の...