北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

特定空き家の解体開始、市が管理人制度で初【室蘭】

解体工事が始まった高平町の特定空き家

 室蘭市は23日、屋根が劣化した危険な状態で放置されている「特定空き家」1棟の解体作業を始めた。民法に規定されている「不在者財産管理人制度」による対応。空き家対策で同制度に基づく解体は市内で初めて。市が札幌家裁に申し立て、8月29日付で管理人が選任された。市助成制度を活用し対策を進める。

 対象の家き屋は市内高平町の鉄骨造り2階建て、延べ床面積約79平方メートル。築43年で、市は3年前に空き家状態になっているのを確認した。31日までに全て取り壊す。

 市によると、「風で屋根の一部が飛んで危ない。周辺生活に危険が及ぶ」などの通報が市民から寄せられていた。前所有者は所有権の移転登記手続きを行っていたが、連絡が取れなくなったという。

 同町の周辺住民が管理人に選ばれ、市助成制度利用に踏み切った。市は解体費約140万円のうち、125万円(負担割合9割)を購入したこの管理人に助成した。

 自治体の空き家対策は2015年(平成27年)に空き家対策特別措置法が施行。不在者財産管理人制度は、管理人が解体から敷地の売却まで財産管理を担当する。手続きの簡略化など市の負担軽減や土地・建物に関するトラブル回避が期待されている。

 市建築指導課の末尾正主幹は「今回はやむを得ず制度を使って取り壊すが、家屋は所有者が適切に管理するのが原則」と指摘している。

関連記事

十勝毎日新聞

大樹核に宇宙産業集積 道経連「ビジョン」発表【札幌】

 北海道経済連合会(道経連)は19日、大樹町のロケット発射場を核に道内で「宇宙版シリコンバレー」の形成を目指す、宇宙産業ビジョンを発表した。2030年の段階では、大樹で衛星打ち上げが日常的に行われ...

十勝毎日新聞

「おとぷけ納豆」10年 来月プレゼント企画 音更更葉園【音更】

 社会福祉法人更葉園(町東通13、比留間正二理事長)は、法人ブランドとして製造・販売している「おとぷけ納豆」の10周年を記念し、3月1日からプレゼントキャンペーンを行う。  「おとぷけ納豆」...

室蘭民報

商議所が改訂版「企業にやさしい街づくり」提案書【室蘭】

 室蘭商工会議所の栗林和徳会頭らは19日、室蘭市役所で、青山剛市長に対し、改訂版「『企業にやさしい街づくり』に向けた提案書」を提出、3選出馬に当たっての公約反映を求めた。市長は「提案を十分に踏...

函館新聞

結婚支援で協定締結 人口減対策で市、会議所とジュノール【函館】

 函館市と函館商工会議所、婚活支援事業を展開するNPO法人「はこだて出会いサポートセンター ジュノール」は19日、結婚支援に関する協定を締結した。若い世代の出会いのきっかけ作りなどに連携して取り...

函館新聞

市が若者の創業支援を強化、新たに助成制度創設【函館】

 函館市は新年度、起業家を支援する「創業バックアップ助成金」に若者向けの新たな制度を創設する。35歳未満の対象者に、必要経費として上限100万円を補助。セミナーなどの開催と併せ、若年者の創業支援体...