北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

ジャパネットの初クルーズで3200人が寄港【室蘭】

交換した記念品を手に写真に収まる荒木部長(右)。室蘭港への継続寄港について検討しているという

 イタリア船社が運航する大型客船MSCスプレンディダ(13万7936トン)が23日、室蘭港に寄港し、午後5時に出港した。テレビショッピングのジャパネットホールディングス初のチャータークルーズで、11月1日にも第2弾のツアーで寄港を計画している。

 グループのジャパネットサービスイノベーション(福岡)によると、4年前からクルーズ商品の試験販売を開始した。好調を受けて今年、本格参入。一部を貸し切るブロックチャーターは行っているが、全船貸し切りは今回が初めて。

 行程は北海道、本州、九州、四国の拠点を巡る10日間の日本一周旅行で、販売開始から「1カ月かからず完売した」という。日本人を中心に3200人が乗船、観光を楽しんだ。11月にも同様の内容で運航、室蘭にも立ち寄る。

 客船が接岸した崎守ふ頭では、青山剛市長が同社クルージング企画戦略部の荒木辰道部長に記念品をプレゼント。お返しを受け取り、MSCクルーズジャパンのオリビエロ・モレリ社長を交え記念撮影を行った。

 荒木部長は「来年はさらに拡大して主催クルーズを行います。道内の寄港地としては函館を予定していますが、毎年趣向を変えた商品を提供する方針で、また室蘭に寄港することも検討しています」と話していた。

「おいしい西胆振」乗船客にアピール

大盛況だった市立室蘭水族館の浜焼き

 大型客船MSCスプレンディダの室蘭港寄港に合わせ、室蘭市や室蘭観光協会、周辺市町の関係者らは23日、祝津町の道の駅みたら室蘭で、西胆振の特産品などを販売し、乗船客に地域の魅力を伝えた。

 室蘭や登別、伊達、洞爺湖、壮瞥の飲食店組合や土産物店など11店が集まり、室蘭やきとり、浜焼きをはじめ、乾物、乳製品といった特産品を販売した。

 市立室蘭水族館が提供した地元産のタコやホタテの浜焼きは大人気。追加分も合わせタコ40キロ、ホタテ60キロが昼すぎには完売する盛況ぶり。乾物や乳製品、ブドウやリンゴといった果物も人気で、乗船客らでにぎわっていた。

 高校の同級生だという東京都の千野静代さん(77)と伊東梢さん(76)は「ホタテやタコを並んで買ったが、とてもおいしかった。キンキのせんべいも珍しいので購入しました」と満足そうな表情を見せていた。

 同企画は同船が入港する11月1日にも実施する予定。

関連記事

名寄新聞

ユニバーシアード大会挑む・地元出身の千葉隆人さん【美深】

 美深町出身、仙台大学体育学部スポーツ情報マスメディア学科2年の千葉隆人さん(20)は、3月2日から12日までロシア・クラスノヤルスクで開催される「第29回ユニバーシアード冬季競技大会」フリースタイ...

十勝毎日新聞

なつぞら主題歌はスピッツ 十勝を訪れ楽曲構想【十勝】

 十勝が舞台のNHK連続テレビ小説「なつぞら」(4月放送開始)の主題歌が、スピッツの「優しいあの子」に決まった。NHKが19日に発表した。  スピッツのボーカル草野マサムネさんは「『なつぞら』は...

十勝毎日新聞

大樹核に宇宙産業集積 道経連「ビジョン」発表【札幌】

 北海道経済連合会(道経連)は19日、大樹町のロケット発射場を核に道内で「宇宙版シリコンバレー」の形成を目指す、宇宙産業ビジョンを発表した。2030年の段階では、大樹で衛星打ち上げが日常的に行われ...

十勝毎日新聞

「おとぷけ納豆」10年 来月プレゼント企画 音更更葉園【音更】

 社会福祉法人更葉園(町東通13、比留間正二理事長)は、法人ブランドとして製造・販売している「おとぷけ納豆」の10周年を記念し、3月1日からプレゼントキャンペーンを行う。  「おとぷけ納豆」...

室蘭民報

商議所が改訂版「企業にやさしい街づくり」提案書【室蘭】

 室蘭商工会議所の栗林和徳会頭らは19日、室蘭市役所で、青山剛市長に対し、改訂版「『企業にやさしい街づくり』に向けた提案書」を提出、3選出馬に当たっての公約反映を求めた。市長は「提案を十分に踏...