北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

健康支えた音楽レク、総合福祉センター指定管理者の内池さん夫妻【室蘭】

10月で市総合福祉センターの指定管理を終えるタカラサービスの内池会長(右)と、長年音楽レクに取り組んできた妻の孝子さん

 老朽化などを理由に10月末で廃止となる室蘭市総合福祉センター(天神町)。約12年間にわたり指定管理者を務めてきた各種介護事業を行うタカラサービス(白鳥台)の内池宝代表取締役会長(76)は「自主事業として市民の健康管理、介護予防に努めてきた」とこれまでを振り返る。特に力を注いだのは音楽を通した活動で心身機能の向上や介護予防を目指す「音楽レク」の取り組みだ。

 音楽レクは内池会長の妻で、音楽療法士の資格を持つ孝子さん(70)が長年取り組んできた。「音楽レクは楽しさが大切。ピアノや打楽器、トーンチャイムを使ってみんなで懐かしい唱歌や童謡を演奏したり、歌ったりします。全員で曲を作り上げることで役割が生まれ、その人のやる気を引き起こす効果があります」と語る。

 12年間で延べ1万5千人が音楽レクに参加した。脳梗塞の後遺症で失語症や言語障害になり、周囲の会話に反応を示さない状態だった人が、レクに参加するうち、片言ながら会話できるまで回復するなど改善事例も多数あるという。音楽レクは同社が運営するデイサービスでも利用者に人気だ。内池会長は「集団活動の中で自己表現を引き出す、タカラサービスの誇る事業です」と胸を張る。

 孝子さんも指導が体力的に厳しくなり、新しい生涯学習センターでは音楽レクを行わない。9月に行った最後のレク。終了後、サプライズがあった。参加者から感謝とねぎらいの言葉と一緒に花束が贈られた。「これまでの取り組みが間違っていなかった。本当にうれしい贈り物でした」

関連記事

苫小牧民報

国際線駐機場3カ所増、混雑緩和へ 新千歳空港の拡張工事進む

 国土交通省新千歳空港事務所は20日から国際線ターミナルビル前で拡張工事を進めてきた新たな3機分の駐機場をオープンスポットとして暫定的に供用する。ターミナルビルと航空機をつなぐ搭乗連絡橋は未完成...

苫小牧民報

売れ行き好調、厚真復興支援も ハスカップジュエリー最高峰「黒の贅沢」-も..

 菓子とパンのもりもと(森本真司社長)が新千歳空港店ともりもとオンラインショップ、国内の北海道物産展で期間限定販売しているハスカップジュエリーの最高峰「黒の贅沢(ぜいたく)~ブランデー仕立て~」...

日高報知新聞

カーリンコンで交流【新ひだか】

【新ひだか】東静内地区老人クラブ寿会(須崎幸男会長)主催の「新ひだか町老人クラブ連合会静内支部東部地区・第1回親睦カーリンコン大会」が12日、東静内生活館で行われ、新しい屋内の軽スポーツで交流を深め...

日高報知新聞

年賀はがき受付開始

 平成31年の年賀状の受け付けが15日、全国の郵便局で一斉に始まった。浦河町浜町の浦河郵便局(川合明広局長)には18日、町内堺町西の認定こども園夢の国幼稚園・保育園(大沢助三郎園長)の年長組園児47人が訪...

十勝毎日新聞

クランベリー札内に出店 東1条店は閉店【帯広】

 菓子製造販売の「クランベリー」(帯広、水戸部公平社長)は、東1条店(帯広市東1南9)を年内で閉店する。同時に来春に向け、幕別町札内豊町に新店舗をオープンさせる。帯広市外の出店は初。十勝東部の販...