北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

健康支えた音楽レク、総合福祉センター指定管理者の内池さん夫妻【室蘭】

10月で市総合福祉センターの指定管理を終えるタカラサービスの内池会長(右)と、長年音楽レクに取り組んできた妻の孝子さん

 老朽化などを理由に10月末で廃止となる室蘭市総合福祉センター(天神町)。約12年間にわたり指定管理者を務めてきた各種介護事業を行うタカラサービス(白鳥台)の内池宝代表取締役会長(76)は「自主事業として市民の健康管理、介護予防に努めてきた」とこれまでを振り返る。特に力を注いだのは音楽を通した活動で心身機能の向上や介護予防を目指す「音楽レク」の取り組みだ。

 音楽レクは内池会長の妻で、音楽療法士の資格を持つ孝子さん(70)が長年取り組んできた。「音楽レクは楽しさが大切。ピアノや打楽器、トーンチャイムを使ってみんなで懐かしい唱歌や童謡を演奏したり、歌ったりします。全員で曲を作り上げることで役割が生まれ、その人のやる気を引き起こす効果があります」と語る。

 12年間で延べ1万5千人が音楽レクに参加した。脳梗塞の後遺症で失語症や言語障害になり、周囲の会話に反応を示さない状態だった人が、レクに参加するうち、片言ながら会話できるまで回復するなど改善事例も多数あるという。音楽レクは同社が運営するデイサービスでも利用者に人気だ。内池会長は「集団活動の中で自己表現を引き出す、タカラサービスの誇る事業です」と胸を張る。

 孝子さんも指導が体力的に厳しくなり、新しい生涯学習センターでは音楽レクを行わない。9月に行った最後のレク。終了後、サプライズがあった。参加者から感謝とねぎらいの言葉と一緒に花束が贈られた。「これまでの取り組みが間違っていなかった。本当にうれしい贈り物でした」

関連記事

十勝毎日新聞

なつぞら主題歌はスピッツ 十勝を訪れ楽曲構想【十勝】

 十勝が舞台のNHK連続テレビ小説「なつぞら」(4月放送開始)の主題歌が、スピッツの「優しいあの子」に決まった。NHKが19日に発表した。  スピッツのボーカル草野マサムネさんは「『なつぞら』は...

十勝毎日新聞

大樹核に宇宙産業集積 道経連「ビジョン」発表【札幌】

 北海道経済連合会(道経連)は19日、大樹町のロケット発射場を核に道内で「宇宙版シリコンバレー」の形成を目指す、宇宙産業ビジョンを発表した。2030年の段階では、大樹で衛星打ち上げが日常的に行われ...

十勝毎日新聞

「おとぷけ納豆」10年 来月プレゼント企画 音更更葉園【音更】

 社会福祉法人更葉園(町東通13、比留間正二理事長)は、法人ブランドとして製造・販売している「おとぷけ納豆」の10周年を記念し、3月1日からプレゼントキャンペーンを行う。  「おとぷけ納豆」...

室蘭民報

商議所が改訂版「企業にやさしい街づくり」提案書【室蘭】

 室蘭商工会議所の栗林和徳会頭らは19日、室蘭市役所で、青山剛市長に対し、改訂版「『企業にやさしい街づくり』に向けた提案書」を提出、3選出馬に当たっての公約反映を求めた。市長は「提案を十分に踏...

函館新聞

結婚支援で協定締結 人口減対策で市、会議所とジュノール【函館】

 函館市と函館商工会議所、婚活支援事業を展開するNPO法人「はこだて出会いサポートセンター ジュノール」は19日、結婚支援に関する協定を締結した。若い世代の出会いのきっかけ作りなどに連携して取り...