北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

刈田神社に輝く神輿、遠田さんが寄贈【登別】

真新しい女神輿を寄贈した遠田さん(右から2人目)と大西宮司(同3人目)ら

威勢よく練り歩く女神輿。来年の祭典で新しい神輿がデビューする=2016年の例大祭

 登別市の総鎮守・刈田神社(登別市中央町、大西昇宮司)の女神輿(みこし)が更新された。戦前から使われていた神輿だが、部品が破損するなど老朽化が顕著になってきたところ、市内の建設会社役員・遠田誠也さん(75)が個人での寄贈を申し出た。23日、真新しい神輿が境内に到着。大西宮司、遠田さんともに「きれいですね。輝いています」と声をそろえている。

 同神社の神輿は、毎年9月に行われる例大祭の最終日、中央地区を回る渡御で用いられている。神社近くの道道弁景幌別線では、威勢のいい若衆の掛け声とともに、神輿の迫力ある姿が祭典を活気づける。女神輿は2基のうち先頭を進む。華やかさも兼ね備えた姿に、沿道からは歓声が飛び交う。

 一方で70年以上使用していることで、部品が破損するなど経年劣化が危惧されていた。寄贈を申し出たのが遠田さん。同神社の総代を20年務め、今年9月1日付で特定建設業・遠田建設(登別市緑町)代表取締役を息子の耕治さんに譲ったことで「登別で長くお世話になってきたので、地域貢献に取り組みたい」と申し出た。

 23日午前10時半ごろ、富山県内に発注した神輿が、トラックに載って到着した。段ボールの梱包(こんぽう)箱を開けると、太陽の光を浴びて金色に輝く装飾品を携えた神輿が顔をのぞかせた。男神輿は高さ2メートル45センチ、重さも340キロあるが、女神輿は一回りコンパクトなサイズだ。境内前に設置され、おはらいが行われた。

 遠田さんは「今年のお祭りには間に合わなかったけれど、来年が楽しみですね」と笑顔を見せた。大西宮司も「とてもきれいですね。見事です」と来年のデビューを待ち焦がれている。

関連記事

根室新聞

北方領土の語り部育成 後継者が元島民の体験語る【根室】

 千島歯舞諸島居住者連盟根室支部(宮谷内亮一支部長)は15日、千島会館で後継者語り部育成事業を開催し、歯舞群島・勇留島2世の米屋聡さん(59)と国後島2世の野潟龍彦さん(67)が、元島民から聞いた島で...

根室新聞

室根より「おいしいこんぶ ありがとうございました」【根室】

 逆さ地名が縁で岩手県一関市室根町と交流する「根室・室根交流の会」(志和秀春会長)のもとへ、室根の保育施設から「昆布の絵手紙」が届いた。特産品交流で送っていた昆布のお礼ということで、ちぎり絵で...

根室新聞

「初年度に手応え」カキ養殖へ試験継続【根室】

 歯舞漁協の23部会でつくる歯舞水産物ブランド化推進協議会(小杉和美会長)は、トーサムポロ沼でカキ養殖に取り組んでいる。1年目の昨年は歯舞こんぶ祭りなどイベントで販売を行っており、今後も養殖試験を...

根室新聞

商店街に歓声響く「下町スライダー」大盛況【根室】

 雪で作った全長50メートルの巨大滑り台が17日、緑町商店街を歩行者天国にして設置され、迫力満点の“冬の遊び”に歓声を上げる約1,000人の親子連れでにぎわった。イベントは根室商工会議所青年部創陽クラブ(...

日高報知新聞

管内で新たに4人を認定【浦河】

 道が認定する木育を普及させる専門家「木育マイスター」の平成30年度認定証交付式が14日、浦河町常盤町の日高振興局森林室で行われ、新たに4人が認定証の交付を受けた。  木育マイスターは、森や木工...