北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

1日から「千島桜満開プロジェクト」開始【根室】

プロジェクトをPRするポスター(縮小版)

 根室振興局(大内隆寛局長)は11月1日から、北方領土啓発のシンボル「千島桜」を使った新たな啓発事業を開始する。ネット上で展開する「千島桜満開プロジェクト」は、領土返還への願いや写真データを投稿すると、日本地図上で投稿者の住むまちに桜マークが増える仕組み。大内局長は「気軽に参加できる運動として広め、返還運動を後押ししたい」と話し、スマートフォンを活用した若者の参加や、管内を訪れる観光客の反応にも期待している。

 同プロジェクトは、今年度から平成32年度まで3年間の独自事業「北方領土モノがたり事業」の一環として取り組む啓発事業。元島民の高齢化に伴って急務となっている後継者育成と返還運動の担い手確保を見据え、同プロジェクトを通じて将来的に返還運動へ参加するきっかけを創出するのがねらいだ。

 11月1日に開設する同サイトは根室振興局ホームページからもアクセスが可能で、管内各所へ掲示するポスターにはQRコードを表示し、スマートフォンでも簡単に投稿できる仕様にした。応募フォームにはニックネーム、メッセージ、写真添付欄のほか、プルダウン式で撮影者の居住地が選択でき、投稿すると日本地図上の居住地に桜が“開花”する。

 投稿は過去に撮影した写真も可能で、根室や北方領土の直接的な写真以外にも、毎年東京で行うアピール行進や札幌雪まつり会場で開く北方領土イベントの光景などのほか、北方領土関連に限らず管内の風景も可能。北方領土に関するメッセージのみの投稿もでき、日本全国どこにいても送信できる。

 プロジェクトのページは現在調整中でまだアクセスできないが、週明けにもQRコード付きの大判ポスターを掲示して広報を開始する。スマートフォンで気軽に参加できる返還運動としてPRしたい考えで、「ポスターを見かけたらぜひ投稿を」と呼び掛けている。

関連記事

苫小牧民報

国際線駐機場3カ所増、混雑緩和へ 新千歳空港の拡張工事進む

 国土交通省新千歳空港事務所は20日から国際線ターミナルビル前で拡張工事を進めてきた新たな3機分の駐機場をオープンスポットとして暫定的に供用する。ターミナルビルと航空機をつなぐ搭乗連絡橋は未完成...

苫小牧民報

売れ行き好調、厚真復興支援も ハスカップジュエリー最高峰「黒の贅沢」-も..

 菓子とパンのもりもと(森本真司社長)が新千歳空港店ともりもとオンラインショップ、国内の北海道物産展で期間限定販売しているハスカップジュエリーの最高峰「黒の贅沢(ぜいたく)~ブランデー仕立て~」...

日高報知新聞

カーリンコンで交流【新ひだか】

【新ひだか】東静内地区老人クラブ寿会(須崎幸男会長)主催の「新ひだか町老人クラブ連合会静内支部東部地区・第1回親睦カーリンコン大会」が12日、東静内生活館で行われ、新しい屋内の軽スポーツで交流を深め...

日高報知新聞

年賀はがき受付開始

 平成31年の年賀状の受け付けが15日、全国の郵便局で一斉に始まった。浦河町浜町の浦河郵便局(川合明広局長)には18日、町内堺町西の認定こども園夢の国幼稚園・保育園(大沢助三郎園長)の年長組園児47人が訪...

十勝毎日新聞

クランベリー札内に出店 東1条店は閉店【帯広】

 菓子製造販売の「クランベリー」(帯広、水戸部公平社長)は、東1条店(帯広市東1南9)を年内で閉店する。同時に来春に向け、幕別町札内豊町に新店舗をオープンさせる。帯広市外の出店は初。十勝東部の販...