北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

食卓彩る冬の味覚…キンキのいずし製造ピーク【伊達】

中井英策商店の加工場で手際よく樽詰めされるキンキのいずし

 年末年始の食卓を彩る、伊達市の特産品「キンキのいずし」の製造作業が10月下旬に入り、南稀府町の中井英策商店(及川昌弘社長)でピークを迎えている。酸味のある甘い香りが漂う加工場で連日、従業員が手際よく樽(たる)に漬け込んでいる。

 同社は、キンキやハタハタ、ホタテ、マツカワなどを使ったいずしを製造。看板商品「キンキのいずし」は、カナダ産のキンキを切り身サイズに分け、酢飯、こうじ、ニンジン、ショウガとともに樽詰めにして漬け込み、3週間ほど熟成させる。

 ニンジンは伊達産、米は道内産ななつぼし、こうじは独自の配合で納得の味に仕上げている。全国から注文があり、今年は例年より早い7月末に製造を始め10月中旬に入り、従業員約10人態勢のフル操業が続く。主力の500グラム詰め換算で約3万個の樽詰製品を出荷する。

 及川社長は「全て手作業で製造しています。いずしのおいしさを知ってほしいですね」と話している。

 キンキのいずしは300グラム2200円、500グラム3600円、800グラム5760円、1キロ7200円(価格はいずれも税抜き)。

 問い合わせは同店、電話0142・24局2934番へ。

関連記事

十勝毎日新聞

地ビールあす披露 コタニアグリ【更別】

 更別村内で生産したビール麦とホップを使った地ビールが完成し、19日に村内で開かれる「十勝さらべつすももの里まつり」で初めて販売される。更別初の地ビールを造ったのは村内の農業法人コタニアグリ(小谷...

函館新聞

ピロシキ博のオリジナルピロシキ販売開始【函館】

 「ピロシキ博2019」から誕生した「はこだて焼きピロシキ」の販売が15日、丸井今井函館店地下1階不二屋本店で始まった。地元の高校生らが考案した個性豊かなオリジナルピロシキが並び、市民らが買い求...

十勝毎日新聞

豚丼 待つ価値あり【帯広】

 帯広駅前の老舗豚丼店「元祖豚丼のぱんちょう」(西1南11)では3日午前、開店を待つ観光客らが長蛇の列をつくった。  同店の行列はいまや連休中の「風物詩」。この日は午前10時ごろから並び始め...

室蘭民報

並んでも食べたい老舗飲食店の「室蘭名物」に舌鼓【室蘭】

 大型連休中の4月30日、室蘭市中央町の老舗飲食店には、帰省した人や観光客が続々と訪れた。出入り口前には、長い列ができ、地元の名物や懐かしい味に舌鼓を打った。 大王は定休日返上  味の大王室...

室蘭民報

三星の主力2品にチョコで文字、「令和パン」人気上々【登別】

 菓子製造販売の三星(本社苫小牧市、三浦実代表取締役)は4月上旬から、改元にあやかり、チョコレートで「令和」の文字を描いたあんパンとクリームパンを販売、改元が近づくにつれ、売り上げが伸びていると...