北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

中華まんじゅう総選挙 投票で新味決める【芽室】

中華まんじゅう総選挙の投票を呼び掛ける正岡社長

 老舗菓子店「お菓子のまさおか」(芽室町東1ノ2、正岡崇社長)は「中華まんじゅう総選挙」と銘打ち、人気ナンバーワン商品「中華まんじゅう」の新しい味を町民投票で決める。投票用紙は11月1日に町内に全戸配布するチラシに付いている。投票期日は同11日まで、投票に参加した先着300人に中華まんじゅうをプレゼントする。

 まさおかは1917(大正6)年、正岡社長の曽祖父林造さんが餅屋「正岡商店」として現在地で開業した。中華まんじゅうは初代から作っていたとみられる同店のベストセラー商品で、札幌の百貨店の催事でも実演販売で人気を集める。

 いずれも十勝産の小麦粉、卵、砂糖を使った生地でたっぷりのこしあんを包んだ三日月形の商品。正岡社長の祖父で2代目の明さんの時代には「つぶあん」「白あん」バージョンも一時販売したことがあるが、長くこしあん一筋で販売してきた。

 総選挙に“立候補”するのは、「香り高い抹茶の風味!抹茶×白花豆」「小豆の食感が新しい!つぶあん」「トロリとした甘さ!カスタード」「異色の組み合わせ!ごまくるみレーズン」の4種類。

 得票数が最も多い味については、来年1月2日の初売りで販売を始める。投票用紙は同店に持参する。正岡社長は「投票だけでもいいので来店してほしい」と参加を呼び掛ける。

 投票結果は12月15日に店頭とフェイスブックで公表する。問い合わせは同店(0155・62・2118)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

市外初のクランベリー 札内店オープンに行列【幕別】

 菓子製造販売の「クランベリー」(帯広、水戸部公平社長)の札内店が19日、幕別町札内豊町47にオープンした。帯広市外の出店は初。観光での需要増を見込み、十勝東部での販売を強化する。  コープ...

十勝毎日新聞

十勝産素材でチーズまん ハピオフーズ第2弾【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4日から、十勝産チーズと小麦を使ったチーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の販売を始めた。同店の...

十勝毎日新聞

ベジ料理に管内産ゴボウだし【十勝】

 ベジタリアン向けの飲食コンサルティングや商品開発を行う「Tokachi Diversity Project」(=とかち・ダイバーシティー・プロジェクト)は、商品化第1弾として、十勝産ゴボウを使...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス