北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

パルス薬局苫小牧店が道内初の「栄養ケア・ステーション」認定

地域に密着した栄養ケア活動に乗り出したパルス薬局苫小牧店の石下管理栄養士

 苫小牧市若草町のパルス薬局苫小牧店(岩津拓也薬局長)が道内で初めて日本栄養士会から「栄養ケア・ステーション」の認定を受け、市民や医療機関、事業所などへの食と栄養に関する支援に乗り出した。同栄養士会は、今年度から地域全体の健康づくりを食の視点で進める取り組みをスタート。その枠組みに沿ったもので、同店管理栄養士の石下康子さん(45)は「まずはしっかりと取り組みを周知していきたい」と話している。

 栄養ケア・ステーションは地域住民や自治体、民間企業、医療機関向けの栄養相談、セミナー開催など食と栄養に関する幅広い支援を行う地域拠点の位置付け。各都道府県の栄養士会内に置くほか、認定を受けた医療機関や福祉施設、管理栄養士・栄養士などが地域に密着した活動を行う。認定を受けるには、日本栄養士学会が主催する研修を受講する必要がある。

 道内各地で薬局を経営するパルス(札幌市)は数店舗の薬局内に管理栄養士を配置。利用客の栄養相談に対応する体制整備を進めている。苫小牧店は10年前のオープンから石下さんが専門知識を生かし、薬局内での栄養相談や栄養支援に関するセミナーなどを手掛けてきた。

 同社はさらなる地域住民の健康づくりに向けて今年8月、東京都で開かれた日本栄養士学会主催の研修会に石下さんと、札幌の手稲店の社員の2人を派遣。9月1日に両店同時に道内初の栄養ケア・ステーションの認定を受けた。

 認定された同ステーションは全国で、72カ所になった。

 苫小牧店では、栄養支援に関するセミナーを市内の公共施設などでも開催。多くの市民に積極的な情報提供を行う。第1弾として、来年1月にまちなか交流センター・ココトマ(表町)のラウンジで高血圧に関する無料セミナーを開催し、食事や栄養に関する注意点を紹介する予定。その後も要望に応じて無料セミナーを継続する考えだ。

 岩津薬局長は「地域の中でどのような役割を担うべきか模索中。要望を寄せてもらえたらうれしい」と話す。石下さんは「地域全体の健康寿命を延ばすため、全力で取り組んでいきたい」と意欲を語った。

関連記事

根室新聞

ベニザケ海面養殖試験 港内にいけすを設置【根室】

 根室市ベニザケ養殖協議会(会長・大坂鉄夫根室漁協組合長)は17日、根室港中防波堤付近に海面でのベニザケ養殖実証試験を行うためのいけすを設置した。事務局によると、18日にベニザケの稚魚の搬入を予定...

根室新聞

色丹島で発見 繰り返し津波の痕跡か=専門家訪問団【根室】

 色丹島で調査を行っていた地震津波専門家交流の訪問団が15日、根室港に戻った。帰港後の記者会見では、30地点で詳しい地層の観察作業を行い、巨大地震の痕跡とみられる津波堆積物候補を確認したことを...

日高報知新聞

日本一の夏イチゴをPR【浦河】

 全国一の生産量を誇る夏イチゴをアピールする「夏いちごの日」のイベントが15日、浦河町基幹集落センター堺町会館で開かれ、パック詰め放題やイチゴのスイーツづくりなどイチゴづくしの催しに約400人の...

根室新聞

ビザなし交流 四島から日本語習得に19人受け入れ【根室】

 ビザなし交流で日本語習得を目的とした四島在住ロシア人19人が16日、四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港に到着した。一行は8月13日まで札幌市に滞在して日本語を学び、15日に...

日高報知新聞

4年に1度 世界再認定審査【様似】

【様似】2015年(平成27年)9月に国内8番目の世界ジオパークに認定された「アポイ岳ジオパーク」で、15日から4年に1度の再認定審査が始まった。英国と中国から2人の審査員が来町し、16日から18日ま...