北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

1日から運航開始「最東端パノラマクルーズ」北方領土間近に【根室】

 歯舞漁協(小倉啓一組合長)の指導船「第15はぼまい丸」(9.7トン、定員12人)による遊覧観光の運航が今年も11月1日から始まる。同クルーズは海外の愛鳥ファンや観光客から好評を博しており、同組合では多くの人へ乗船をPRしている。

 同観光遊覧船の運航は、平成20年11月、「北方領土を間近に望む 本土最東端パノラマクルーズ」と銘打って=写真=スタートし、今年で10年目を迎える。歯舞漁港から納沙布岬、北方領土・貝殻島灯台の日ロ中間ライン付近を通って同漁港に戻るコースで、所要時間は約2時間となっている。

 周辺海域は日本でも有数な海鳥の飛来地と言われ、天然記念物のオオワシのほか、ウミウ、コオリガモ、ラッコ、ゼニガタアザラシなど多数の海鳥、哺乳類に出会える可能性がある。また、海上から見る納沙布岬や、貝殻島灯台などの景観を楽しむことができる。

 運航開始当初は、北方領土や流氷見物の観光客を想定していたが、近年バードウオッチャーが多く乗船していることから、写真撮影ができるように運航を工夫している。

 運航期間は11月1日から翌年4月30日までとなっているが、今年度は船体整備の関係で1月は運休を予定しており、「本土最東端・新年日の出クルージング」も中止となる。

 クルーズは前日までの予約制で、定員は12人(3人に満たない時は運航を中止する場合もある)。出航時間は午前9時、同11時半、午後2時の一日3便。料金は大人5,000円、小・中学生3,000円(保護者同伴)。10人以上の団体乗船は10パーセント割引。乗船申し込みは、歯舞漁協指導部・遊覧船係(℡0153-28-2124)へ。

関連記事

根室新聞

ベニザケ海面養殖試験 港内にいけすを設置【根室】

 根室市ベニザケ養殖協議会(会長・大坂鉄夫根室漁協組合長)は17日、根室港中防波堤付近に海面でのベニザケ養殖実証試験を行うためのいけすを設置した。事務局によると、18日にベニザケの稚魚の搬入を予定...

根室新聞

色丹島で発見 繰り返し津波の痕跡か=専門家訪問団【根室】

 色丹島で調査を行っていた地震津波専門家交流の訪問団が15日、根室港に戻った。帰港後の記者会見では、30地点で詳しい地層の観察作業を行い、巨大地震の痕跡とみられる津波堆積物候補を確認したことを...

日高報知新聞

日本一の夏イチゴをPR【浦河】

 全国一の生産量を誇る夏イチゴをアピールする「夏いちごの日」のイベントが15日、浦河町基幹集落センター堺町会館で開かれ、パック詰め放題やイチゴのスイーツづくりなどイチゴづくしの催しに約400人の...

根室新聞

ビザなし交流 四島から日本語習得に19人受け入れ【根室】

 ビザなし交流で日本語習得を目的とした四島在住ロシア人19人が16日、四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港に到着した。一行は8月13日まで札幌市に滞在して日本語を学び、15日に...

日高報知新聞

4年に1度 世界再認定審査【様似】

【様似】2015年(平成27年)9月に国内8番目の世界ジオパークに認定された「アポイ岳ジオパーク」で、15日から4年に1度の再認定審査が始まった。英国と中国から2人の審査員が来町し、16日から18日ま...