北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

創立30周年の札幌ねむろ会 会員一同、発展に決意新た【根室】

威勢よく鏡開きで創立30周年を祝った札幌ねむろ会

 道央圏在住の根室管内出身者らでつくる札幌ねむろ会(富山睦浩会長)は今年、創立30周年を迎えた。このほど開いた節目の総会で、今後とも根室ゆかりの人たちの交流親睦を図るとともに、郷土根室の発展に寄与していく誓いを新たにした。

 札幌ねむろ会は、根室商工会議所のふるさと運動推進本部の働き掛けに呼応した根室出身者が中心となって、道央圏在住の根室管内出身者や関係者で平成元年10月に設立された。

 10月6日に札幌市内で開かれた第30回総会・懇親会には会員、来賓合わせて142人が出席。総会議事で一年間の会務、決算報告を承認し、役員改選で富山会長が留任。幹事だった山田忠親さんが事務局長に就任し、新しく幹事に池田淳一さんを選任した。

 続く懇親会では、開会に当たって富山会長、清水鉄志30周年記念事業実行委員長が、札幌ねむろ会とふるさと根室の発展に思いを込めてあいさつ。来賓を代表して石垣雅敏市長、長岡静志東京根室会会長らが祝辞を述べ、富山会長と来賓各氏が登壇して威勢よく鏡開きで30周年を祝った。

 和やかな歓談に、根室から駆け付けたEPJOがジャズ演奏で花を添えたほか、根室の特産品などが当たるお楽しみ抽選会などで盛り上がった。このほか同会では恒例となった「祈りの火」の維持管理に募金も行い、石垣雅敏市長に贈呈した。

 北方領土返還要求運動の願いを込めて納沙布岬で燃え続けている祈りの火は、全国からの募金によって維持されているが、近年募金額が減少して維持管理財源の確保が厳しくなっており、根室市では毎年の取り組みに感謝している。

関連記事

根室新聞

冬も「花咲線」を楽しもう ゆっくり運転区間追加し継続【根室】

 JR北海道が「いつもの列車で観光気分~花咲線の新しい楽しみ方~」と銘打って今年6月に開始した取り組みが、12月以降も継続されることになった。現在2区間の見どころポイント(ゆっくり運転区間)を3区間...

根室新聞

春国岱で6年ぶり記録 "クマゲラ"について学ぶ【根室】

 根室市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターで18日、フィールド講座1「クマゲラが森を育てる?―その生態と大事な役割―」が開かれた。講師は公益財団法人日本野鳥の会保全プロジェクト推進室の荒哲平レン...

日高報知新聞

最後の「荻小劇場」を熱演【浦河】

 浦河町の荻伏小6年生による第17回荻小劇場ファイナル公演「大ミズナラの奇跡」が17日、町総合文化会館で開かれた。平成14年(2002年)から続いてきた同校伝統の演劇公演は今回が最後で、出演した14人の児...

日高報知新聞

えりも~浦河まで好調

 日高海区漁業調整委員会は、10日現在の日高沿岸秋サケ定置漁の漁獲速報をまとめた。記録的不漁だった前年同期に比べ全体の漁獲量は約2倍、金額は約1・3倍。特に襟裳岬から西側のえりも町~浦河町(漁場数22...

苫小牧民報

JR日高線苫小牧―鵡川間74日ぶり運行再開 利用者から歓迎の声

 胆振東部地震で休止していたJR日高線苫小牧―鵡川間(30.5キロ)の運転が19日、74日ぶりに再開された。車体に北海道にちなんだ草花や動物を描き、苫小牧駅を同日午後に発車した一番列車に地元利用客...