北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

空の玄関口新千歳が全面復旧 温泉、ホテルも営業再開

再開した施設受付に並ぶ空港利用客=1日午後5時すぎ、新千歳空港温泉

 9月の胆振東部地震から一部閉鎖中だった新千歳空港の商業施設が11月1日、約2カ月ぶりに全面復旧した。国内線ターミナルビル内の新千歳空港温泉とエアターミナルホテルが営業を再開。全施設の復旧完了まで当初約4カ月と見込まれていたが、迅速な作業によって北海道の空の玄関口は見込みより約2カ月早く機能を取り戻した。

 新千歳では今回の地震で千歳市内最大の震度6弱を観測。旅客ビルは壁や天井の崩落、スプリンクラーの破損による漏水といった被害に見舞われ、道内の一斉停電(ブラックアウト)も相まって9月6日の発災日は全館閉鎖し、全便欠航となった。13日に国内線ビル2階の物販店が再開したのを皮切りに飲食店なども順次開店。温泉とホテルが残っていた。

 食器の破損や漏水の起きた新千歳空港温泉は10月6日、床板の張り替えなど復旧作業の終えた約140席の食堂とエステ、マッサージ区画で先行営業。11月1日に残る大浴場と岩盤浴施設、客室、約280席のリラックスルームを再開した。

 壁紙が剥がれたりテレビが倒れたりしたエアターミナルホテルは同日、全188室で営業を開始。運営する碧雲堂ホテル&リゾートによると、年内の予約率は前年同期比8~9割という。

 旅客ビルを管理、運営する新千歳空港ターミナルビルディングは「今後もお客さまの安全安心と多様なニーズに応える魅力的な空港を目指す」としている。

関連記事

根室新聞

冬も「花咲線」を楽しもう ゆっくり運転区間追加し継続【根室】

 JR北海道が「いつもの列車で観光気分~花咲線の新しい楽しみ方~」と銘打って今年6月に開始した取り組みが、12月以降も継続されることになった。現在2区間の見どころポイント(ゆっくり運転区間)を3区間...

根室新聞

春国岱で6年ぶり記録 "クマゲラ"について学ぶ【根室】

 根室市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターで18日、フィールド講座1「クマゲラが森を育てる?―その生態と大事な役割―」が開かれた。講師は公益財団法人日本野鳥の会保全プロジェクト推進室の荒哲平レン...

日高報知新聞

最後の「荻小劇場」を熱演【浦河】

 浦河町の荻伏小6年生による第17回荻小劇場ファイナル公演「大ミズナラの奇跡」が17日、町総合文化会館で開かれた。平成14年(2002年)から続いてきた同校伝統の演劇公演は今回が最後で、出演した14人の児...

日高報知新聞

えりも~浦河まで好調

 日高海区漁業調整委員会は、10日現在の日高沿岸秋サケ定置漁の漁獲速報をまとめた。記録的不漁だった前年同期に比べ全体の漁獲量は約2倍、金額は約1・3倍。特に襟裳岬から西側のえりも町~浦河町(漁場数22...

苫小牧民報

JR日高線苫小牧―鵡川間74日ぶり運行再開 利用者から歓迎の声

 胆振東部地震で休止していたJR日高線苫小牧―鵡川間(30.5キロ)の運転が19日、74日ぶりに再開された。車体に北海道にちなんだ草花や動物を描き、苫小牧駅を同日午後に発車した一番列車に地元利用客...