北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

画家・茂木幹作品収蔵「慟哭の森美術館」閉館へ【根室】

11日の公開を最後に閉館する慟哭の森美術館

 根室を拠点に北方の自然を描いた画家・チヌカルコロ(故・茂木幹さん)の遺作を展示する私設美術館「慟哭の森美術館」が、11日の一般公開を最後に閉館する。茂木さんの長女・桐澤藍根さん(79)と、夫で館長の桐澤享さん(83)が平成9年に開設して以来管理していたが、高齢となり維持に不安を感じて閉館を決めた。最後に「遺作や美術館を引き継いでくれる人がいれば」と関心を持つ後継者を求めている。

 「チヌカルコロ」はアイヌ語で北極星の意味。群馬県出身の茂木さんは昭和4年に根室へ移住し、歯科医院を営みながらその名で画家活動を行っていた。根室をこよなく愛する画家として、野山の風景を500点以上の油彩に遺し、平成8年に享年92歳で死去した。

 このとき茂木さんの娘婿で館長の桐澤享さんが、私設美術館として茂木さんのアトリエだった明治町2丁目の家屋を改造し、平成9年に創設。室内には三つの展示室があり、作品を入れ替えながら展示していたが、開設から21年が経過した現在では、月に一度の開館に足を運んでいた愛好者らも高齢となり、今年6回行った開館日の来館者も少なかった。

 美術館2階には小さなサイズのものから、1,000点近い油彩やデッサンが眠っており、桐澤館長は「根室の風土を描いた貴重な資料になる。処分するのはもったいない」と話す。後継者がいれば遺作と建物、土地のできれば美術館まるごと譲りたい考えだが、今のところそういった情報はなく、自身の健康も考えて「終活の一部です」と寂しげに語っていた。

 最後の開館は11日午前10時から午後5時まで。入場料は100円で、駐車スペースがないため公共交通機関の利用や最寄りの明治公園などへ車を停めての来館を呼び掛けている。

 問い合わせは、桐澤さん(℡0153-23-2329)へ。

関連記事

苫小牧民報

国際線駐機場3カ所増、混雑緩和へ 新千歳空港の拡張工事進む

 国土交通省新千歳空港事務所は20日から国際線ターミナルビル前で拡張工事を進めてきた新たな3機分の駐機場をオープンスポットとして暫定的に供用する。ターミナルビルと航空機をつなぐ搭乗連絡橋は未完成...

苫小牧民報

売れ行き好調、厚真復興支援も ハスカップジュエリー最高峰「黒の贅沢」-も..

 菓子とパンのもりもと(森本真司社長)が新千歳空港店ともりもとオンラインショップ、国内の北海道物産展で期間限定販売しているハスカップジュエリーの最高峰「黒の贅沢(ぜいたく)~ブランデー仕立て~」...

日高報知新聞

カーリンコンで交流【新ひだか】

【新ひだか】東静内地区老人クラブ寿会(須崎幸男会長)主催の「新ひだか町老人クラブ連合会静内支部東部地区・第1回親睦カーリンコン大会」が12日、東静内生活館で行われ、新しい屋内の軽スポーツで交流を深め...

日高報知新聞

年賀はがき受付開始

 平成31年の年賀状の受け付けが15日、全国の郵便局で一斉に始まった。浦河町浜町の浦河郵便局(川合明広局長)には18日、町内堺町西の認定こども園夢の国幼稚園・保育園(大沢助三郎園長)の年長組園児47人が訪...

十勝毎日新聞

クランベリー札内に出店 東1条店は閉店【帯広】

 菓子製造販売の「クランベリー」(帯広、水戸部公平社長)は、東1条店(帯広市東1南9)を年内で閉店する。同時に来春に向け、幕別町札内豊町に新店舗をオープンさせる。帯広市外の出店は初。十勝東部の販...