北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

「地球探索鉄道 花咲線」新ラッピング列車運行開始【根室】

1日の初運行で根室駅に到着した新ラッピング列車

 JR花咲線の新たなラッピング列車「地球探索鉄道 花咲線」の運行が1日から始まった。「ルパン列車」に次ぐ第2弾で、6年ぶりのラッピングは赤と白の目を引くデザインで、停車駅によって見える面が違う楽しみも好評だった。市のガバメントクラウドファンディング(GCF)「花咲線を守ろう―」の寄付額が2億円を突破したこともあり、花咲線をとりまく機運の高まりに乗客や関係者らは「新たな観光資源として路線存続への呼び水になれば」と期待を膨らませていた。

 新ラッピング列車は、同日午前11時12分釧路発根室行きの快速ノサップが初運行となった。釧路駅で行われた出発式では、沿線自治体の首長らがテープカットし、釧路町の佐藤広高町長が出発の合図。普通列車2両を増結して釧路駅から乗客65人を乗せて、根室へ向かった。

 根室駅には午後1時22分に到着。駅構内では根室の観光マスコットキャラクター「眠郎(ねむろう)」や市観光協会(小林茂会長)ら関係者が歓迎した。

 列車の赤面は雪の結晶が舞い散り、白面にはハマナスの花が咲くデザイン。この日釧路駅から乗車した「夢空間 花咲線の会」代表の鈴木一雄さんは、「外見にインパクトがあって見栄えする。今回根室駅には赤面で着いたが、初田牛駅では逆の白面が見られる」と話し、停車駅によって違った色が見られる楽しみ方もある。

 降車客には市観光協会が沿線地域の観光パンフレットや眠郎キャンディー、市北方領土対策室提供の北方領土に関する資料など歓迎の品50セットを配布した。出発式を終えてラッピング列車で根室へ戻った石垣雅敏市長は「花咲線は地域の宝。地域の新たな観光資源として活用したい」と、期待を込めていた。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...