北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

帯南商、食の甲子園で豚丼スティックアピール【帯広】

豚の仮装をしてプレゼンする帯南商の3人

 「第7回ご当地!絶品うまいもん甲子園」(農林水産省、全国食の甲子園協会主催)決勝大会が2、3の両日、東京都内で開かれた。北海道・東北エリア代表で出場した帯広南商業高校クッキング部は、考案した「豚丼スティック」に改良を重ね、2015年以来2度目の全国一を目指したが、届かなかった。

 大会は、高校生が地元の食材を使った料理の腕を競うとともに、食を通じて地域を盛り上げるのが目的。今年は全国で100校・352チームの応募があり、8校が決勝に進んだ。

 浅草で行われた開会式で、帯南商クッキング部の小池菜月部長が選手宣誓の大役を担い「日頃の練習の成果を100%発揮し、優勝目指して精いっぱい勝負することを誓います」と宣言。その後、順番に調理とプレゼンを行った。

 帯南商は7番目に登場。小池部長と淡路鈴花さん、廣山玲奈さんの3人が豚の耳と鼻をつけて、帯広での豚丼の“ソウルフード”ぶりを説明。高校生の目線で800円の豚丼をいかにコスト削減し、いかに手軽においしく食べられるようにしたか、食べた人の意見を取り入れ、ご飯の量を減らし肉感を増したことなどを審査員にアピールした。

 審査員からは「スティックの中に見事豚丼が表現されていた」「販売戦略がすごい」などの声が寄せられた。十勝から応援に駆け付けた、15年の全国一メンバー・前田実祐さん(21)=JA十勝池田町勤務=は「プレゼンは本番が一番良い出来だった。地元のために一生懸命頑張ってくれていることがうれしい」と優しく見守った。

 翌3日、丸の内で行われた表彰式は、吉川貴盛農林水産大臣も出席し、優勝1校と準優勝3校を発表。近畿代表の福知山淑徳高校の「肉茶がバーガー」が農水大臣賞を獲得、全国一となった。表彰式の後、小池部長は「今までこんなに頑張ったことはなかった。こういった経験がすごく貴重」、淡路さんは「自分たちの力だけでなく、いろいろな人に協力していただき感謝」、廣山さんは「結果は残念だったが、自分たちの悔いのないようにやりきれて良かった」と感想を述べた。

 顧問の松原明香教諭は「3年生で進路など忙しい中、よく頑張った。結果は結果として、良い経験だった」とねぎらい、「今後の生活に生かしてくれたらうれしい」と話していた。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

市外初のクランベリー 札内店オープンに行列【幕別】

 菓子製造販売の「クランベリー」(帯広、水戸部公平社長)の札内店が19日、幕別町札内豊町47にオープンした。帯広市外の出店は初。観光での需要増を見込み、十勝東部での販売を強化する。  コープ...

十勝毎日新聞

十勝産素材でチーズまん ハピオフーズ第2弾【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4日から、十勝産チーズと小麦を使ったチーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の販売を始めた。同店の...

十勝毎日新聞

ベジ料理に管内産ゴボウだし【十勝】

 ベジタリアン向けの飲食コンサルティングや商品開発を行う「Tokachi Diversity Project」(=とかち・ダイバーシティー・プロジェクト)は、商品化第1弾として、十勝産ゴボウを使...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス