北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

渡辺さん江差追分全国大会で準優勝【音更】

盾を手に、「実力は出し切れた」と話す渡辺さん

 “民謡の王様”とも言われる江差追分の日本一を決める「第56回江差追分全国大会」(9月21~23日・桧山管内江差町)で、音更町の渡辺千秋さん(29)が準優勝に輝いた。おととしに準優勝、昨年は3位に輝いた渡辺さんは「今年は日本一を取りたかったけど、歌い切れたので悔いはない。また一年しっかり頑張りたい」と前向きに受け止めている。

 民謡では最も歴史のある全国大会。国内外160支部の予選を通過した179人が出場し、予選会を経てうち50人が決戦会へと進んだ。

 渡辺さんは帯広市生まれ。豊成小、第六中(現翔陽中)、帯広南商業高、帯広大谷短大卒。江差追分は5歳から長谷川富夫さん(江差追分会帯広市支部長)の下で研さんを積んだ。全国の少年の部(中学生以下)には4度進み、2004年に準優勝。今回準優勝した一般の部でも4度入賞している。

 江差追分は哀愁を帯びた旋律で知られ、音階や節回しなど最も難しいとも言われる民謡。

 大会で歌う本歌「鴎の鳴く音にふと目を覚ましあれが蝦夷地の山かいな」は短い歌詞だが、長い間発声し続けなければいけないため、肺活量はもちろん、加えて高い表現力が求められる。

 昨年結婚し、仕事を辞めて江差追分に打ち込んだ前大会は「気持ちが入りすぎて自分の歌が歌い切れなかった」と悔いが残った。今大会に向けては、優勝を目指して練習し、辛い食べ物やアルコールを控えるなど体調管理にも努めてきた。

 決戦会は緊張もありながらも「自分の歌を落ち着いて考えながら歌えた」と振り返り、結果を「日本一を取りたかった気持ちはあるけれど歌い切れた」と受け止める。

 来年に向けて「一年間しっかり勉強し、挑戦したい。江差追分は難しいからこそやりがいがある」と前を見据えている。

関連記事

日高報知新聞

匿名寄付で新救急車【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1)に19日、新しい救急車が納車された。従来より室内の高さがあり、最新機器を搭載した高規格準拠の新型救急車で、病院関係者に披露した。  同病院は、平成11年に導...

日高報知新聞

28日、えりもうに祭り【えりも】

【えりも】えりもに春の訪れを告げる「第9回えりもうに祭り」が28日、国道沿いの町スポーツ公園で開かれる。えりも漁協など実行委の主催。  えりもの海で採れるエゾバフンウニは、前浜の磯で豊かに繁殖...

十勝毎日新聞

「低たんぱくパンミックス粉」 ネットで全国販売へ まつもと薬局【帯広】

 まつもと薬局(松本健春社長、帯広)は5月下旬から、管理栄養士が企画・開発した「低たんぱくパンミックス粉」を全国で販売する。腎臓病患者のために商品化し、3月に販売を開始したところ、全道から問い合わ...

十勝毎日新聞

なつぞら列車 出発進行【帯広】

 JR北海道はNHK連続テレビ小説「なつぞら」のステッカーを貼った特急「スーパーとかち」の運行を開始した。22日午前にJR帯広駅で記念セレモニーが行われ、関係者がなつぞら仕様の列車を笑顔で送り...

十勝毎日新聞

統一地方選 鹿追・喜井氏 足寄・渡辺氏 初当選【十勝】

 鹿追、足寄、幕別、大樹の4町長選挙は21日夜、即日開票され、新人同士の一騎打ちとなった鹿追、足寄で、まちづくりのかじ取り役となる新たなリーダーが誕生、現職と新人の戦いとなった幕別、大樹はいず...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス