北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

渡辺さん江差追分全国大会で準優勝【音更】

盾を手に、「実力は出し切れた」と話す渡辺さん

 “民謡の王様”とも言われる江差追分の日本一を決める「第56回江差追分全国大会」(9月21~23日・桧山管内江差町)で、音更町の渡辺千秋さん(29)が準優勝に輝いた。おととしに準優勝、昨年は3位に輝いた渡辺さんは「今年は日本一を取りたかったけど、歌い切れたので悔いはない。また一年しっかり頑張りたい」と前向きに受け止めている。

 民謡では最も歴史のある全国大会。国内外160支部の予選を通過した179人が出場し、予選会を経てうち50人が決戦会へと進んだ。

 渡辺さんは帯広市生まれ。豊成小、第六中(現翔陽中)、帯広南商業高、帯広大谷短大卒。江差追分は5歳から長谷川富夫さん(江差追分会帯広市支部長)の下で研さんを積んだ。全国の少年の部(中学生以下)には4度進み、2004年に準優勝。今回準優勝した一般の部でも4度入賞している。

 江差追分は哀愁を帯びた旋律で知られ、音階や節回しなど最も難しいとも言われる民謡。

 大会で歌う本歌「鴎の鳴く音にふと目を覚ましあれが蝦夷地の山かいな」は短い歌詞だが、長い間発声し続けなければいけないため、肺活量はもちろん、加えて高い表現力が求められる。

 昨年結婚し、仕事を辞めて江差追分に打ち込んだ前大会は「気持ちが入りすぎて自分の歌が歌い切れなかった」と悔いが残った。今大会に向けては、優勝を目指して練習し、辛い食べ物やアルコールを控えるなど体調管理にも努めてきた。

 決戦会は緊張もありながらも「自分の歌を落ち着いて考えながら歌えた」と振り返り、結果を「日本一を取りたかった気持ちはあるけれど歌い切れた」と受け止める。

 来年に向けて「一年間しっかり勉強し、挑戦したい。江差追分は難しいからこそやりがいがある」と前を見据えている。

関連記事

根室新聞

冬も「花咲線」を楽しもう ゆっくり運転区間追加し継続【根室】

 JR北海道が「いつもの列車で観光気分~花咲線の新しい楽しみ方~」と銘打って今年6月に開始した取り組みが、12月以降も継続されることになった。現在2区間の見どころポイント(ゆっくり運転区間)を3区間...

根室新聞

春国岱で6年ぶり記録 "クマゲラ"について学ぶ【根室】

 根室市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターで18日、フィールド講座1「クマゲラが森を育てる?―その生態と大事な役割―」が開かれた。講師は公益財団法人日本野鳥の会保全プロジェクト推進室の荒哲平レン...

日高報知新聞

最後の「荻小劇場」を熱演【浦河】

 浦河町の荻伏小6年生による第17回荻小劇場ファイナル公演「大ミズナラの奇跡」が17日、町総合文化会館で開かれた。平成14年(2002年)から続いてきた同校伝統の演劇公演は今回が最後で、出演した14人の児...

日高報知新聞

えりも~浦河まで好調

 日高海区漁業調整委員会は、10日現在の日高沿岸秋サケ定置漁の漁獲速報をまとめた。記録的不漁だった前年同期に比べ全体の漁獲量は約2倍、金額は約1・3倍。特に襟裳岬から西側のえりも町~浦河町(漁場数22...

苫小牧民報

JR日高線苫小牧―鵡川間74日ぶり運行再開 利用者から歓迎の声

 胆振東部地震で休止していたJR日高線苫小牧―鵡川間(30.5キロ)の運転が19日、74日ぶりに再開された。車体に北海道にちなんだ草花や動物を描き、苫小牧駅を同日午後に発車した一番列車に地元利用客...