北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

のぼりべつクマ牧場の「ノビタ」が白内障手術に成功【登別】

餌を追う姿を見せるなど元気な姿のノビタ

 のぼりべつクマ牧場(登別市登別温泉町)で飼育しているツキノワグマの「ノビタ」(雄、20歳)が、白内障の手術に成功した。リハビリを行っており、状態が良ければあす7日からクマ山ステージに立つ予定だ。15年ぶりに表舞台に出て、元気な姿を観光客にアピールする。同牧場によると、クマの白内障手術成功は世界でも珍しいという。

 ノビタは5歳ごろまでステージでショーを披露するなど元気な姿を見せていたが、その後緑内障、白内障を発症して、獣舎での生活を中心としていた。若干の光には反応するものの、両目の視力をほぼ失っていた。生活の質(QOL)の向上を図るため、今年7月6日、酪農学園大学と同牧場による共同チームがノビタの手術を実施。同大の前原誠也准教授が執刀した。白濁した水晶体を除去するなどして無事に手術を終え、翌日に同牧場に帰ってきた。

 同牧場によると、クマの白内障への獣医学的な処置は、これまで目薬に限られ根本的な治療ができない状況だったが、今回の手術成功により、外科的治療が可能であることが証明された世界でも珍しい事例。

 術後当初は痛がゆいそぶりも見せていたが、飲み薬で患部を管理し、術後に合併症の発症リスクが高いとされる期間を乗り切った。飼育員が餌を運ぶ動きを目で追うなど、以前とは異なる姿が見られるという。食欲も旺盛で、餌もモリモリ食べている。手術時には136キロあった体重はさらに増加中。

 5日に非公開放飼場で状態確認を行った。問題がなければあす7日午後3時から、クマ山ステージに放飼する計画だ。担当者は「以前は光に反応するのみだったが、手術を終えてからはぼんやりではあるが見えているよう。ステージでも元気な姿を見せてもらえれば」と期待を寄せる。

 同牧場では動物福祉の向上に力を入れている。生活の質の向上として、計画的な繁殖管理による頭数調整、海外動物福祉団体との連携などに取り組んでいる。

関連記事

日高報知新聞

最後の「荻小劇場」を熱演【浦河】

 浦河町の荻伏小6年生による第17回荻小劇場ファイナル公演「大ミズナラの奇跡」が17日、町総合文化会館で開かれた。平成14年(2002年)から続いてきた同校伝統の演劇公演は今回が最後で、出演した14人の児...

日高報知新聞

えりも~浦河まで好調

 日高海区漁業調整委員会は、10日現在の日高沿岸秋サケ定置漁の漁獲速報をまとめた。記録的不漁だった前年同期に比べ全体の漁獲量は約2倍、金額は約1・3倍。特に襟裳岬から西側のえりも町~浦河町(漁場数22...

苫小牧民報

JR日高線苫小牧―鵡川間74日ぶり運行再開 利用者から歓迎の声

 胆振東部地震で休止していたJR日高線苫小牧―鵡川間(30.5キロ)の運転が19日、74日ぶりに再開された。車体に北海道にちなんだ草花や動物を描き、苫小牧駅を同日午後に発車した一番列車に地元利用客...

十勝毎日新聞

国が6次産業化支援 イチゴ菓子の「ブルーム」【音更】

 イチゴ大福などを販売する「ブルーム」(音更、齋藤伸二社長)の、新たな商品パッケージ開発による販路開拓の取り組みが、農林水産省の6次産業化支援事業の認定を受けた。新千歳空港に開設した直営店の運営...

十勝毎日新聞

本と音楽で世代間交流 朗読会やダンスも【音更】

 絵本と音楽を通じて異世代間の交流を図るイベントが17日、社会福祉法人更葉園(比留間正二理事長)敷地内の施設「おとぷけ通り。」(音更町東通13)で開かれた。子どもや高齢者、障害者ら関係者約50人...