北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

新鮮バジルどうぞ 熱中食堂で提供【更別】

成長したバジルを収穫する(左から)川口さんと熱中小事務局の吉澤隆さん

 魚の養殖と水耕栽培を一緒に行う「アクアポニックス」を導入した十勝さらべつ熱中小学校敷地内の「熱中アクア農場」(更別村南1線93)で、栽培するバジルが順調に育ち収穫時期を迎えている。新鮮なバジルはレストラン「熱中食堂」のメニューとして提供されている。

 アクアポニックスは魚の排せつ物を微生物が分解し養分が含まれた水で植物を栽培する方法。貨物用コンテナを利用したアクア農場では、魚のテラピアを育てる水槽と発光ダイオード(LED)を光源とした植物栽培用ベッドを4セット設置。寒冷地では初の試みで温度管理もされている。

 バジルは種まきから1カ月ほどで収穫できるまでに成長。2日は熱中食堂シェフの川口達也さん(32)が自らはさみで収穫し、メニューに使った。

 今後もその都度収穫し料理に使う。川口さんは「見た目の色合いも鮮やかで、ハーブの香りもいい。ジェノベーゼソースにして、パスタやピザなどに使っていきたい」と話している。

 食堂の営業日は金-月曜。土・日曜はランチ(午前11時半~午後2時)、カフェ(午後2時~同4時)、ディナー(午後5時~同10時)の営業。金曜はディナー、月曜はランチ、カフェのみ。問い合わせは同食堂(0155・67・5959)へ。

関連記事

室蘭民報

マツカワ消費拡大企画、西胆振では旬処「天馬」が提供【伊達】

 「幻のカレイ」と称される高級魚・マツカワの消費拡大キャンペーンが胆振、日高、渡島管内の16店舗と、札幌圏や旭川、函館の回転寿司店で実施している。ヒラメに似た淡泊な味わいでコリコリとした歯応え...

十勝毎日新聞

今年も出来上々 ボージョレ解禁【帯広】

 フランス・ボージョレ地域の新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」が15日午前0時に日本で解禁となり、十勝の酒店やスーパーにもさまざまな銘柄が並んだ。  ヌーボーは通常のワインと異なり、ブドウをつ...

十勝毎日新聞

農高発食品に機能性表示 認定なら道内学校初【帯広】

 帯広農業高校(二木浩志校長)の食品科学科地域資源活用班は、開発した豆乳ヨーグルト「豆(まめ)ぐると」を、健康志向の食品ブランドを示す「北海道食品機能性表示制度」(愛称・ヘルシーDo)に認定申請...

十勝毎日新聞

トウモロコシをあんまんに 道の駅で販売【士幌】

 士幌町の道の駅「ピア21しほろ」内でショップを運営するat LOCAL(堀田悠希社長)は8日から、地場産のトウモロコシを使った「とうきびまん」の販売を始めた。  士幌産のブランド牛「しほろ牛...

十勝毎日新聞

パン「満寿屋」題材 単行本27日発売【帯広】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)を題材としたノンフィクション本「世界に一軒だけのパン屋」(野地秩嘉著、小学館)が十勝で27日にも発売される(全国は26日)。同社では発売を記念し、...