北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

新鮮バジルどうぞ 熱中食堂で提供【更別】

成長したバジルを収穫する(左から)川口さんと熱中小事務局の吉澤隆さん

 魚の養殖と水耕栽培を一緒に行う「アクアポニックス」を導入した十勝さらべつ熱中小学校敷地内の「熱中アクア農場」(更別村南1線93)で、栽培するバジルが順調に育ち収穫時期を迎えている。新鮮なバジルはレストラン「熱中食堂」のメニューとして提供されている。

 アクアポニックスは魚の排せつ物を微生物が分解し養分が含まれた水で植物を栽培する方法。貨物用コンテナを利用したアクア農場では、魚のテラピアを育てる水槽と発光ダイオード(LED)を光源とした植物栽培用ベッドを4セット設置。寒冷地では初の試みで温度管理もされている。

 バジルは種まきから1カ月ほどで収穫できるまでに成長。2日は熱中食堂シェフの川口達也さん(32)が自らはさみで収穫し、メニューに使った。

 今後もその都度収穫し料理に使う。川口さんは「見た目の色合いも鮮やかで、ハーブの香りもいい。ジェノベーゼソースにして、パスタやピザなどに使っていきたい」と話している。

 食堂の営業日は金-月曜。土・日曜はランチ(午前11時半~午後2時)、カフェ(午後2時~同4時)、ディナー(午後5時~同10時)の営業。金曜はディナー、月曜はランチ、カフェのみ。問い合わせは同食堂(0155・67・5959)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

市外初のクランベリー 札内店オープンに行列【幕別】

 菓子製造販売の「クランベリー」(帯広、水戸部公平社長)の札内店が19日、幕別町札内豊町47にオープンした。帯広市外の出店は初。観光での需要増を見込み、十勝東部での販売を強化する。  コープ...

十勝毎日新聞

十勝産素材でチーズまん ハピオフーズ第2弾【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4日から、十勝産チーズと小麦を使ったチーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の販売を始めた。同店の...

十勝毎日新聞

ベジ料理に管内産ゴボウだし【十勝】

 ベジタリアン向けの飲食コンサルティングや商品開発を行う「Tokachi Diversity Project」(=とかち・ダイバーシティー・プロジェクト)は、商品化第1弾として、十勝産ゴボウを使...

十勝毎日新聞

「いいね」も伸びるチーズハットグ 3日開店【帯広】

 JR帯広駅のエスタ帯広西館に3日、韓国式アメリカンドッグ・チーズハットグを販売する「チーズハットグ田舎村」がオープンする。駅内のにぎわいづくりにつながると期待される。  チーズハットグはア...

名寄新聞

きょうから数量限定販売・「星空雪見法蓮草」の大福【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)は、寒締めホウレンソウ「なよろ星空雪見法蓮草」のペーストを餅に練り込んだ大福を、30日から数量限定で発売。ホウレンソウとバター風味のあんが...