北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

新鮮バジルどうぞ 熱中食堂で提供【更別】

成長したバジルを収穫する(左から)川口さんと熱中小事務局の吉澤隆さん

 魚の養殖と水耕栽培を一緒に行う「アクアポニックス」を導入した十勝さらべつ熱中小学校敷地内の「熱中アクア農場」(更別村南1線93)で、栽培するバジルが順調に育ち収穫時期を迎えている。新鮮なバジルはレストラン「熱中食堂」のメニューとして提供されている。

 アクアポニックスは魚の排せつ物を微生物が分解し養分が含まれた水で植物を栽培する方法。貨物用コンテナを利用したアクア農場では、魚のテラピアを育てる水槽と発光ダイオード(LED)を光源とした植物栽培用ベッドを4セット設置。寒冷地では初の試みで温度管理もされている。

 バジルは種まきから1カ月ほどで収穫できるまでに成長。2日は熱中食堂シェフの川口達也さん(32)が自らはさみで収穫し、メニューに使った。

 今後もその都度収穫し料理に使う。川口さんは「見た目の色合いも鮮やかで、ハーブの香りもいい。ジェノベーゼソースにして、パスタやピザなどに使っていきたい」と話している。

 食堂の営業日は金-月曜。土・日曜はランチ(午前11時半~午後2時)、カフェ(午後2時~同4時)、ディナー(午後5時~同10時)の営業。金曜はディナー、月曜はランチ、カフェのみ。問い合わせは同食堂(0155・67・5959)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

「十勝晴れ」味わう茶 タイ産花で青色表現【帯広】

 プロコム北海道(帯広)は、プライベートブランド(PB)の新商品として「十勝あおぞら茶」を発売した。近年話題の植物バタフライピーを配合し、お茶にすると見た目が青色となるユニークなフルーツティーで、...

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

十勝毎日新聞

全国よりすぐりの味覚が藤丸に集合 うまいもの大会【帯広】

 藤丸7階催事場で12日、恒例の全国うまいもの大会が始まった。新規4店を含む49店が出店、大勢の買い物客でにぎわっている。第1弾は17日まで。  うまいもの大会は年2回開催。北海道から沖縄まで...

室蘭民報

種類豊富な豆とパスタ…自家焙煎珈琲家・胡亜羅【室蘭】

 自家焙煎の珈琲専門店。お薦めは店主・熊谷勉さん(66)の好みに合わせたコクのある「オリジナルブレンド珈琲(税込み500円)」。ブラジルサントスやグアテマラ、ペルーと十数種類の豆を取りそろえる...

室蘭民報

関内小児童が学校で育てたトウモロコシを販売【伊達】

 伊達市関内小学校(森晶子校長、33人)の3~6年生27人は9日、伊達市末永町のくみあいマーケット本店で、学校で育てたトウモロコシを販売し、地域住民や保護者らに好評を得ていた。  総合学習の一...