北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

枝落として林内すっきり【えりも】

【えりも】道道百人浜駐車場近くの国有林で1日、えりも岬の緑を守る会(会長・神田勉えりも漁協組合長)主催の「イキイキ森林づくり事業」(育樹祭)が行われ、クロマツ林内で枝打ち作業に励んだ。

クロマツの枝落とし作業に励む参加者

 国有林緑化事業は、昭和58年に緑を守る会が発足以来、「森は海の恋人」をキャッチフレーズに、春は小学生も参加の植樹祭や、えりも中・えりも高は中高一貫教育でも取り組んでいる。

 この日、漁協組合員と日高南部森林管理署、日高振興局、ひだか南森林組合、航空自衛隊襟裳分屯基地、町議会、町役場、日高信金えりも支店、町郷土資料館N42度の会などから100人が参加。

 作業に先立ち大西正紀町長は「成功した緑化事業には、世界各国からJICA視察団が訪れ、さらに緑化事業の苦難と努力を後世に伝える映画化事業が、関係町の協力で進行中である」ことなどを伝えた。神田会長は、「えりも砂漠の緑化が先人たちの努力で成功し、海は道内有数の漁場に変貌した。間もなく緑化事業65年を迎える、未来永劫に緑化事業を続けよう」と参加者に呼び掛けた。

 来賓の道森林管理局・石橋岳志計画保全部長は「かつての浦河営林署が取り組んだえりも岬緑化事業は65年を迎える。漁業生産向上に貢献している森林を広葉樹との混合林にして自然環境に戻そう」と励ました。

 枝打ち作業は、えりも治山事業所の瓜田元美治山技術官から鋸の使い方などの指導を受けて、平成5年に植樹して高さ5㍍ほどに成長したクロマツ林内約0・4㌶で、頭の高さまでの枝を1時間ほどかけて切り落とした。

 作業を終えた林内には、柔らかい晩秋の日差しが地面まで届き、時折小鳥のさえずりも聞こえて、参加者らは作業の効果を実感していた。

関連記事

名寄新聞

ユニバーシアード大会挑む・地元出身の千葉隆人さん【美深】

 美深町出身、仙台大学体育学部スポーツ情報マスメディア学科2年の千葉隆人さん(20)は、3月2日から12日までロシア・クラスノヤルスクで開催される「第29回ユニバーシアード冬季競技大会」フリースタイ...

十勝毎日新聞

なつぞら主題歌はスピッツ 十勝を訪れ楽曲構想【十勝】

 十勝が舞台のNHK連続テレビ小説「なつぞら」(4月放送開始)の主題歌が、スピッツの「優しいあの子」に決まった。NHKが19日に発表した。  スピッツのボーカル草野マサムネさんは「『なつぞら』は...

十勝毎日新聞

大樹核に宇宙産業集積 道経連「ビジョン」発表【札幌】

 北海道経済連合会(道経連)は19日、大樹町のロケット発射場を核に道内で「宇宙版シリコンバレー」の形成を目指す、宇宙産業ビジョンを発表した。2030年の段階では、大樹で衛星打ち上げが日常的に行われ...

十勝毎日新聞

「おとぷけ納豆」10年 来月プレゼント企画 音更更葉園【音更】

 社会福祉法人更葉園(町東通13、比留間正二理事長)は、法人ブランドとして製造・販売している「おとぷけ納豆」の10周年を記念し、3月1日からプレゼントキャンペーンを行う。  「おとぷけ納豆」...

室蘭民報

商議所が改訂版「企業にやさしい街づくり」提案書【室蘭】

 室蘭商工会議所の栗林和徳会頭らは19日、室蘭市役所で、青山剛市長に対し、改訂版「『企業にやさしい街づくり』に向けた提案書」を提出、3選出馬に当たっての公約反映を求めた。市長は「提案を十分に踏...