北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

松月堂100周年感謝祭でケーキ配布【本別】

100個を無料提供する「しふぉんけ~き」(左)と新商品「祝年ロール」(右)で大感謝祭をPRする佐藤社長

 創業100周年を迎えた町内の菓子店「松月堂」(北3、佐藤隆史社長)は10日、同店で大感謝祭を開く。午前9時の花火の合図とともに、人気商品「しふぉんけ~き」(定価780円)100個の無料提供を開始。400本を超える景品を用意した抽選会や記念の新商品「祝年ロール」の発売も。次の200年へ向けた節目の一日を演出する。

 同店は1917(大正6)年、神奈川県の菓子店で働いていた創業者佐藤竹次郎さんが開業。21歳でバトンを受けた隆史社長(37)は4代目。しふぉんけ~きは病床の父喜一郎さんからレシピを聞き取って継承した形見の逸品だ。

 今年は周年イベントとして、「100」に絡めた企画を実施。7月に同け~きハーフサイズを100円で100個、10月にはソフトクリームを2日間100円で販売した。今回は締めくくりの“お祭り”と位置付けている。

 フルサイズ(直径18センチ)の同け~きは1人1個限定。午前9時からの提供となるが、状況を見ながら整理券の発行も検討する。100円均一など、店内商品はいずれも格安に。ソフトクリーム100本分のスタンプ券(特賞)や商品券が当たるガラポン抽選会も考えた。

 この日発売する「祝年ロール」は、初代竹次郎さんのルーツ神奈川県をたどり、見つけた足柄産の抹茶を生地に使い、本別の黒豆きな粉を練り込んだクリームとコラボさせたロールケーキ。価格は検討中だが、当日は格安で販売する予定。

 佐藤社長は「地元に根差して営業してきた集大成。商工会青年部ら仲間の協力あってこその100周年で、今後200年続けられるよう願いを込めた。“超”がつく大赤字祭でもありますが」と話す。感謝祭に関する問い合わせは松月堂(0156・22・2560)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

「十勝晴れ」味わう茶 タイ産花で青色表現【帯広】

 プロコム北海道(帯広)は、プライベートブランド(PB)の新商品として「十勝あおぞら茶」を発売した。近年話題の植物バタフライピーを配合し、お茶にすると見た目が青色となるユニークなフルーツティーで、...

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

十勝毎日新聞

全国よりすぐりの味覚が藤丸に集合 うまいもの大会【帯広】

 藤丸7階催事場で12日、恒例の全国うまいもの大会が始まった。新規4店を含む49店が出店、大勢の買い物客でにぎわっている。第1弾は17日まで。  うまいもの大会は年2回開催。北海道から沖縄まで...

室蘭民報

種類豊富な豆とパスタ…自家焙煎珈琲家・胡亜羅【室蘭】

 自家焙煎の珈琲専門店。お薦めは店主・熊谷勉さん(66)の好みに合わせたコクのある「オリジナルブレンド珈琲(税込み500円)」。ブラジルサントスやグアテマラ、ペルーと十数種類の豆を取りそろえる...

室蘭民報

関内小児童が学校で育てたトウモロコシを販売【伊達】

 伊達市関内小学校(森晶子校長、33人)の3~6年生27人は9日、伊達市末永町のくみあいマーケット本店で、学校で育てたトウモロコシを販売し、地域住民や保護者らに好評を得ていた。  総合学習の一...