北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

松月堂100周年感謝祭でケーキ配布【本別】

100個を無料提供する「しふぉんけ~き」(左)と新商品「祝年ロール」(右)で大感謝祭をPRする佐藤社長

 創業100周年を迎えた町内の菓子店「松月堂」(北3、佐藤隆史社長)は10日、同店で大感謝祭を開く。午前9時の花火の合図とともに、人気商品「しふぉんけ~き」(定価780円)100個の無料提供を開始。400本を超える景品を用意した抽選会や記念の新商品「祝年ロール」の発売も。次の200年へ向けた節目の一日を演出する。

 同店は1917(大正6)年、神奈川県の菓子店で働いていた創業者佐藤竹次郎さんが開業。21歳でバトンを受けた隆史社長(37)は4代目。しふぉんけ~きは病床の父喜一郎さんからレシピを聞き取って継承した形見の逸品だ。

 今年は周年イベントとして、「100」に絡めた企画を実施。7月に同け~きハーフサイズを100円で100個、10月にはソフトクリームを2日間100円で販売した。今回は締めくくりの“お祭り”と位置付けている。

 フルサイズ(直径18センチ)の同け~きは1人1個限定。午前9時からの提供となるが、状況を見ながら整理券の発行も検討する。100円均一など、店内商品はいずれも格安に。ソフトクリーム100本分のスタンプ券(特賞)や商品券が当たるガラポン抽選会も考えた。

 この日発売する「祝年ロール」は、初代竹次郎さんのルーツ神奈川県をたどり、見つけた足柄産の抹茶を生地に使い、本別の黒豆きな粉を練り込んだクリームとコラボさせたロールケーキ。価格は検討中だが、当日は格安で販売する予定。

 佐藤社長は「地元に根差して営業してきた集大成。商工会青年部ら仲間の協力あってこその100周年で、今後200年続けられるよう願いを込めた。“超”がつく大赤字祭でもありますが」と話す。感謝祭に関する問い合わせは松月堂(0156・22・2560)へ。

関連記事

名寄新聞

地元産酒米を使用の特別純米酒「上川大雪」数量限定販売【名寄】

 名寄市風連産米を使用した特別純米酒「上川大雪」の数量限定「生酒」(製造元・上川大雪酒蔵)が、20日から販売開始。道の駅もち米の里☆なよろで、数量限定で取り扱っている。  特別純米酒の原料となる...

十勝毎日新聞

初の芽室産ワイン「イニツィオ」発表 生産者団体【芽室】

 芽室ワインカウンティ(吉田知浩会長)は21日、芽室産ブドウを使用して醸造した初のワイン「INIZIO 2018」(イニツィオ)を発表した。7月から数量限定で販売、北海道十勝フード&ワインフェ...

室蘭民報

越冬たまねぎ「えったま333」を使い料理講習会【伊達】

 伊達市の越冬タマネギ「えったま333」の料理講習会が20日、市内梅本町のだて歴史の杜食育センター内キッチンスタジオで開かれた。参加者が甘く、栄養価が高いタマネギを和気あいあいと調理。出来上がり...

苫小牧民報

被災地厚真町を応援、ハスカップティー販売始まる エア・ドゥ、来月は機内サ..

 苫小牧市元中野町の「はすかっぷサービス」(大西育子代表)が製造しているハスカップティーが、AIRDO(エア・ドゥ)の機内販売商品に採用され、今月から全路線で販売が始まった。7月には機内ドリンク...

十勝毎日新聞

「優しいあんこ」食べて魅力発信 なつぞら応援推進協【十勝】

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」応援推進協議会(梶原雅仁会長)は19日、ドラマの主題歌でスピッツの新曲「優しいあの子」の発売に合わせ、スイーツ王国・十勝の魅力を発信する「優しいあんこ」企画をスタ...