北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

松月堂100周年感謝祭でケーキ配布【本別】

100個を無料提供する「しふぉんけ~き」(左)と新商品「祝年ロール」(右)で大感謝祭をPRする佐藤社長

 創業100周年を迎えた町内の菓子店「松月堂」(北3、佐藤隆史社長)は10日、同店で大感謝祭を開く。午前9時の花火の合図とともに、人気商品「しふぉんけ~き」(定価780円)100個の無料提供を開始。400本を超える景品を用意した抽選会や記念の新商品「祝年ロール」の発売も。次の200年へ向けた節目の一日を演出する。

 同店は1917(大正6)年、神奈川県の菓子店で働いていた創業者佐藤竹次郎さんが開業。21歳でバトンを受けた隆史社長(37)は4代目。しふぉんけ~きは病床の父喜一郎さんからレシピを聞き取って継承した形見の逸品だ。

 今年は周年イベントとして、「100」に絡めた企画を実施。7月に同け~きハーフサイズを100円で100個、10月にはソフトクリームを2日間100円で販売した。今回は締めくくりの“お祭り”と位置付けている。

 フルサイズ(直径18センチ)の同け~きは1人1個限定。午前9時からの提供となるが、状況を見ながら整理券の発行も検討する。100円均一など、店内商品はいずれも格安に。ソフトクリーム100本分のスタンプ券(特賞)や商品券が当たるガラポン抽選会も考えた。

 この日発売する「祝年ロール」は、初代竹次郎さんのルーツ神奈川県をたどり、見つけた足柄産の抹茶を生地に使い、本別の黒豆きな粉を練り込んだクリームとコラボさせたロールケーキ。価格は検討中だが、当日は格安で販売する予定。

 佐藤社長は「地元に根差して営業してきた集大成。商工会青年部ら仲間の協力あってこその100周年で、今後200年続けられるよう願いを込めた。“超”がつく大赤字祭でもありますが」と話す。感謝祭に関する問い合わせは松月堂(0156・22・2560)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

市外初のクランベリー 札内店オープンに行列【幕別】

 菓子製造販売の「クランベリー」(帯広、水戸部公平社長)の札内店が19日、幕別町札内豊町47にオープンした。帯広市外の出店は初。観光での需要増を見込み、十勝東部での販売を強化する。  コープ...

十勝毎日新聞

十勝産素材でチーズまん ハピオフーズ第2弾【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4日から、十勝産チーズと小麦を使ったチーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の販売を始めた。同店の...

十勝毎日新聞

ベジ料理に管内産ゴボウだし【十勝】

 ベジタリアン向けの飲食コンサルティングや商品開発を行う「Tokachi Diversity Project」(=とかち・ダイバーシティー・プロジェクト)は、商品化第1弾として、十勝産ゴボウを使...

十勝毎日新聞

「いいね」も伸びるチーズハットグ 3日開店【帯広】

 JR帯広駅のエスタ帯広西館に3日、韓国式アメリカンドッグ・チーズハットグを販売する「チーズハットグ田舎村」がオープンする。駅内のにぎわいづくりにつながると期待される。  チーズハットグはア...

名寄新聞

きょうから数量限定販売・「星空雪見法蓮草」の大福【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)は、寒締めホウレンソウ「なよろ星空雪見法蓮草」のペーストを餅に練り込んだ大福を、30日から数量限定で発売。ホウレンソウとバター風味のあんが...