北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「根室線存続を」 集会に200人【帯広】

パネルディスカッションで意見を述べる高橋十勝町村会長(中央)ら

 根室線維持について考える「JR根室本線(新得-富良野間)の路線維持を!北海道の鉄路存続と再生を考える十勝の集いin帯広」が6日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。管内首長や住民のほか、上川管内南富良野町、占冠村の議員など約200人が参加し、根室線の存続について意見を交わした。

 新得町民有志の「JR根室本線の災害復旧と存続を求める会」(平良則代表)主催。同会は6月に新得町で十勝集会を開いており、帯広開催は初めて。

 パネル討論が行われ、高橋正夫十勝町村会長(本別町長)、棚野孝夫釧路町村会長(白糠町長)、池部彰上川町村会副会長(南富良野町長)らが登壇。棚野町村会長は「根室本線は観光振興の背骨で地域活性化のためにも残してもらいたい。今までは自治体が一緒になったサービス向上は行っていなかったが、存続には地域も一体となり観光に結び付けることが不可欠」と提言。高橋町村会長は「われわれ東北海道に住む道民が、粘り強く存続に向けて行動を取っていきたい」と話した。

 また北海道教育大学札幌校の武田泉准教授が「北海道の鉄路を守ろう」と題し、基調提起を行った。武田氏は「根室本線は旭川、釧路など全道的な都市間を結ぶネットワークを形成している」と重要性を説明。客貨混載の実施や、駅舎を地域おこし協力隊の詰所にして人けを絶やさないなど、存続へのアイデアも話した。

関連記事

根室新聞

冬も「花咲線」を楽しもう ゆっくり運転区間追加し継続【根室】

 JR北海道が「いつもの列車で観光気分~花咲線の新しい楽しみ方~」と銘打って今年6月に開始した取り組みが、12月以降も継続されることになった。現在2区間の見どころポイント(ゆっくり運転区間)を3区間...

根室新聞

春国岱で6年ぶり記録 "クマゲラ"について学ぶ【根室】

 根室市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターで18日、フィールド講座1「クマゲラが森を育てる?―その生態と大事な役割―」が開かれた。講師は公益財団法人日本野鳥の会保全プロジェクト推進室の荒哲平レン...

日高報知新聞

最後の「荻小劇場」を熱演【浦河】

 浦河町の荻伏小6年生による第17回荻小劇場ファイナル公演「大ミズナラの奇跡」が17日、町総合文化会館で開かれた。平成14年(2002年)から続いてきた同校伝統の演劇公演は今回が最後で、出演した14人の児...

日高報知新聞

えりも~浦河まで好調

 日高海区漁業調整委員会は、10日現在の日高沿岸秋サケ定置漁の漁獲速報をまとめた。記録的不漁だった前年同期に比べ全体の漁獲量は約2倍、金額は約1・3倍。特に襟裳岬から西側のえりも町~浦河町(漁場数22...

苫小牧民報

JR日高線苫小牧―鵡川間74日ぶり運行再開 利用者から歓迎の声

 胆振東部地震で休止していたJR日高線苫小牧―鵡川間(30.5キロ)の運転が19日、74日ぶりに再開された。車体に北海道にちなんだ草花や動物を描き、苫小牧駅を同日午後に発車した一番列車に地元利用客...