北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

木質バイオマス発電所、22年に運転開始へ 日本製紙勇払事業所内に建設

日本製紙がバイオマス発電所建設を計画している用地(写真中央の緑地エリア)

 日本製紙北海道工場勇払事業所(苫小牧市勇払)が2020年1月で洋紙生産から撤退し、新規事業化を目指す木質バイオマス発電について、大手総合商社の双日(本社東京)と共同出資で合弁会社を設立し、運営する方向で検討していることが6日に分かった。同日開催の苫小牧市企業立地審議会で日本製紙側から計画が示された。発電所は20年3月に着工、22年の営業運転開始を目指すとしている。

 事業案によると、バイオマス発電所は、勇払事業所構内の北西側に広がる約7ヘクタールの敷地を活用し建設する。用地はチップヤードに隣接しており、輸入木材チップなどが荷揚げされる苫小牧西港勇払埠頭(ふとう)に近いため、効率的な原料供給が可能となる見通し。敷地内には木材チップ供給棟やボイラー建屋、タービンや発電機などの収容施設、高温の蒸気を冷やす冷却塔―の4施設を整備。従業員数は約30人としている。

 今年5月に日本製紙が発表した構想案などでは、出力7万4950キロワットで木質チップのみを原料とするバイオマス発電所としては国内最大級。年間の発電量は約6億キロワットとし、一般家庭で約7万5000世帯から十数万世帯分に相当する。総事業費は200億円を超える見通しだ。

 原料は国内外から集荷した木質チップ、東南アジアから輸入したヤシ殻(パーム油残さ)、道産未利用材を使用する予定。再生可能エネルギー固定価格買い取り制度(FIT)で全量を売電する。

 勇払事業所の洋紙生産の停止後について日本製紙は、木質バイオマス発電の他、健康食品や化粧品原料のセルロースパウダーなど既存のケミカル生産部門と新規事業を展開する方向で検討を進めている。

 双日は苫小牧民報の取材に「(合弁会社設立に向けて)協議はしているが、まだ検討段階」と説明。苫小牧での事業展開は実績がなく、バイオマス発電所計画が正式に決まれば「初めての進出になる」としている。日本製紙も「正式な意思決定をしていない」とするが、市の企業立地審議会など行政手続きや地元の受け入れ体制が整った段階で社内決定に進む見通しだ。

 審議会の会合で岩倉博文市長は「日本製紙勇払事業所の洋紙生産は停止するが、今後は新規事業を展開する拠点を目指すとしており、バイオマス発電事業はその先陣を切るものとして期待している」と述べた。

関連記事

函館新聞

追分渡島協 福田さんの遺志継ぎ少年少女の部の優勝旗新調【函館】

 江差追分渡島協議会(内村徳蔵会長)は、31日に函館市公民館で開く第15回渡島協議会発表大会から使用する、少年少女の部の優勝旗を製作した。昨年9月に84歳で亡くなった前会長で江差追分会名誉師匠の...

函館新聞

北浜町会とファイヤーワールドが災害時協定結ぶ【函館】

 北浜町会(岡部禮子会長)と、近隣の吉川町で薪ストーブの販売や点検業務を行う「ファイヤーワールド函館」(佐々木俊司代表)はこのほど、災害時に同店の暖房器具を住民に提供することなどを定めた協定を...

苫小牧民報

新たな観光施設、初日からにぎわい 展望台の完成祝う-苫小牧・道の駅ウトナ..

 苫小牧市が建設を進めていた道の駅ウトナイ湖(植苗)の展望台が20日、オープンした。同日、完成セレモニーが行われ、道の窪田毅副知事や岩倉博文市長、植苗町内会連合会の丹治秀一会長ら関係者約50人が...

苫小牧民報

ファイターズジェット運航開始 機体に球団ロゴ-スカイマーク

 スカイマークは19日、プロ野球北海道日本ハムファイターズと連携した特別デザイン機「ファイターズジェット」(ボーイング737―800型機)1機の運航を始めた。2020年6月頃まで羽田―新千歳線をは...

根室新聞

公示地価 市内は住宅地横ばい 商業地再び下落【根室】

 国土交通省は20日、地価公示法に基づく平成31年の公示地価を公表した。根室市の住宅地は横ばい、商業地は対前年比08パーセントの下落となり、商業地は平成29年まで17年連続で続いた下落が昨年横ばいに回復...