北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

高橋知事が温泉街の復興視察、第一滝本館を訪問【登別】

南社長の案内で客室を見学する高橋知事(左端)

 高橋はるみ知事が7日、登別入りして、今年で創業160周年を迎えた第一滝本館(登別温泉町)を訪れた。南智子代表取締役社長、小笠原春一市長らと胆振東部地震の影響について意見交換した。高橋知事は「道ができる支援や国への要請、市にやってもらうことなど、今回の震災を教訓として取り組まなければならない」と述べた。

 地域訪問の一環。胆振東部地震からの復興状況視察のため、同ホテルを訪れた。初めに高橋知事は、7月14日にリニューアルオープンした東館の客室を見学。南社長の案内で、ペットの犬と一緒に滞在できる部屋を訪れた。高橋知事は「きれいな部屋ですね。楽しく過ごせそうです」と笑顔を見せた。南社長は「道外のお客さまにもたくさん利用いただいています」と応じた。

 続いて本館に移り、9月の地震発生後の状況について意見を交わした。同ホテルは地震発生後に大浴場や冷蔵庫が使用できなくなるなどの被害を受けたが、南社長は「JRなどが動いておらず、帰られないお客さまがたくさんいた。カレーライスや三平汁などを用意した。ただ、避難所として機能するためには非常用電源が必要」と話した。

 災害時に備えたBCP(事業継続計画)の策定を進めていることも説明した。高橋知事はおととしに北海道を直撃した台風被害にも触れて「『必ず来る』と思って対応することが重要。BCPをつくっていただく必要がある。温泉街を訪れる観光客が安心できるように協力いただきたい」と述べた。

 小笠原市長は「今回の地震では、行き場のなくなったFIT(海外個人旅行)客を、温泉街の宿泊施設が協力して受け入れた」と説明。高橋知事も「一歩一歩前に進むことが大事。地域の同業者との協力、共通認識を高めてほしい」と呼び掛けた。

 同ホテルによると、11月に入ってからは前年を上回るペースで予約が入っているという。また、道内客が10%伸びていることから、国の観光支援補助金・北海道ふっこう割の効果が出ているとみている。南社長は「地震が発生して、すぐに従業員が駆け付けてくれた。子どもを避難所に預けてホテルに来た人もいる。フェリーで食材を届けてくれた業者さんもいる。たくさんの人に支えられた。本当にありがたいです」と話した。

関連記事

根室新聞

冬も「花咲線」を楽しもう ゆっくり運転区間追加し継続【根室】

 JR北海道が「いつもの列車で観光気分~花咲線の新しい楽しみ方~」と銘打って今年6月に開始した取り組みが、12月以降も継続されることになった。現在2区間の見どころポイント(ゆっくり運転区間)を3区間...

根室新聞

春国岱で6年ぶり記録 "クマゲラ"について学ぶ【根室】

 根室市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターで18日、フィールド講座1「クマゲラが森を育てる?―その生態と大事な役割―」が開かれた。講師は公益財団法人日本野鳥の会保全プロジェクト推進室の荒哲平レン...

日高報知新聞

最後の「荻小劇場」を熱演【浦河】

 浦河町の荻伏小6年生による第17回荻小劇場ファイナル公演「大ミズナラの奇跡」が17日、町総合文化会館で開かれた。平成14年(2002年)から続いてきた同校伝統の演劇公演は今回が最後で、出演した14人の児...

日高報知新聞

えりも~浦河まで好調

 日高海区漁業調整委員会は、10日現在の日高沿岸秋サケ定置漁の漁獲速報をまとめた。記録的不漁だった前年同期に比べ全体の漁獲量は約2倍、金額は約1・3倍。特に襟裳岬から西側のえりも町~浦河町(漁場数22...

苫小牧民報

JR日高線苫小牧―鵡川間74日ぶり運行再開 利用者から歓迎の声

 胆振東部地震で休止していたJR日高線苫小牧―鵡川間(30.5キロ)の運転が19日、74日ぶりに再開された。車体に北海道にちなんだ草花や動物を描き、苫小牧駅を同日午後に発車した一番列車に地元利用客...