北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

洞爺中の毛利さんが少年の主張で全道最優秀賞【洞爺湖町】

全道少年の主張大会で最優秀賞に輝いた洞爺中の毛利さん

 中学生が社会に対する意見を発表する「少年の主張」の全道大会で、洞爺湖町洞爺中学校3年の毛利郁也さん(14)が最優秀賞の道知事賞に輝いた。毛利さんは、地元の生産者が愛情を込めて育てた野菜を給食の食材に使うなど洞爺地区独自の食文化の素晴らしさを学校生活や農作業を手伝う中で学び、食の知識や大切さを世代を超えて伝えたいという思いをスピーチに込めた。

 道などが主催し、全道の中学校325校の約3万6千人から応募があった。毛利さんは「命の給食」と題したスピーチで、同町と胆振地区の予選を突破。9月の全道大会は、直前に発生した胆振東部地震の影響で作文審査となり16人中の最高賞を獲得した。

 発表の中心は、食に関する多くの知識が学べる洞爺中の環境と、家業である野菜栽培を手伝う経験で得た内容。月に数度ある栄養教諭の授業で食の大切さに気付き、畑仕事を手伝う中で「作物を自分の手で育てた喜びはとても大きい」と実感した。

 父母が人を育てるかのように「命」を育てる姿を目の当たりにして、生産者の気持ちが分かるようになり「嫌いなものも食べられるようになった」「愛情を込めた野菜が捨てられていると思うと、いたたまれない気持ちになる」と、心境の変化を率直に盛り込んだ。

 食べ物に対する捉え方も様変わりした。「食事そのものが動植物の命をいただくことによって成立している」と主張し「食事は知識と感謝の気持ちがあって成り立っている」と訴えた。

 毛利さんは、11日に東京で開かれる全国大会に参加する。北海道・東北ブロックの上位者に与えられる発表の機会こそ逃したが「大きな賞をもらうことができてうれしい。親身になって指導してくれた国語の先生、担任の先生など支えてくれた人たちのおかげです」。毛利さんは笑顔でこう話し、感謝した。

関連記事

根室新聞

冬も「花咲線」を楽しもう ゆっくり運転区間追加し継続【根室】

 JR北海道が「いつもの列車で観光気分~花咲線の新しい楽しみ方~」と銘打って今年6月に開始した取り組みが、12月以降も継続されることになった。現在2区間の見どころポイント(ゆっくり運転区間)を3区間...

根室新聞

春国岱で6年ぶり記録 "クマゲラ"について学ぶ【根室】

 根室市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターで18日、フィールド講座1「クマゲラが森を育てる?―その生態と大事な役割―」が開かれた。講師は公益財団法人日本野鳥の会保全プロジェクト推進室の荒哲平レン...

日高報知新聞

最後の「荻小劇場」を熱演【浦河】

 浦河町の荻伏小6年生による第17回荻小劇場ファイナル公演「大ミズナラの奇跡」が17日、町総合文化会館で開かれた。平成14年(2002年)から続いてきた同校伝統の演劇公演は今回が最後で、出演した14人の児...

日高報知新聞

えりも~浦河まで好調

 日高海区漁業調整委員会は、10日現在の日高沿岸秋サケ定置漁の漁獲速報をまとめた。記録的不漁だった前年同期に比べ全体の漁獲量は約2倍、金額は約1・3倍。特に襟裳岬から西側のえりも町~浦河町(漁場数22...

苫小牧民報

JR日高線苫小牧―鵡川間74日ぶり運行再開 利用者から歓迎の声

 胆振東部地震で休止していたJR日高線苫小牧―鵡川間(30.5キロ)の運転が19日、74日ぶりに再開された。車体に北海道にちなんだ草花や動物を描き、苫小牧駅を同日午後に発車した一番列車に地元利用客...