北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

牧草畑でタンチョウ羽休め【幕別】

餌をついばむタンチョウのつがい。左が雌、右が雄とみられる

 国の特別天然記念物・タンチョウが幕別町札内地区の畑で羽を休めている。つがいと見られる2羽で、餌をついばんだり大きく羽を広げて空を舞う姿が通行人らの目を楽しませている。

 日本野鳥の会十勝支部によると、このつがいは同地区の北を流れる十勝川流域など、この周辺を縄張りにしている個体と見られている。このうち1羽は足に付けられた標識から、釧路管内鶴居村で2013年に生まれた雌と判明。もう1羽は雄と見られ、「つがいは一般的に雄のテリトリーで生活する可能性が高い」(同会の室瀬秋宏支部長)とし、十勝管内で生まれた個体と推測している。

 住宅街にほど近い札内稔町の牧草畑では何度もこのつがいが目撃されており、土中の虫などをついばむ姿を見せていた。散歩中に畑の横を通った町民はスマートフォンで写真を撮るなど、タンチョウの愛らしい立ち姿に見ほれていた。

 町内ではほかにもいくつかのタンチョウの家族が営巣しており、室瀬支部長は「見つけてもむやみに近づかず、遠くで見守ってあげて」と呼び掛けている。

関連記事

日高報知新聞

日高の馬の歴史・文化学ぶ【浦河】

 日高振興局主催の「馬文化出前教室」が18日、浦河町荻伏小(金澤覚校長、児童65人)で開かれ、4年生8人が日高の馬の歴史や産業について学んだ。  馬文化出前教室は、馬産地・日高の未来を担う管内の...

日高報知新聞

えりも中1年が植樹体験【えりも】

【えりも】えりも中(玉手広昭校長)の1年生46人が17日、えりも高(佐藤健校長)との連携型中高一貫の環境教育「百人浜に学ぶ」フィールド学習で、えりも岬百人浜の国有林に6種類の落葉広葉樹の苗木100...

苫小牧民報

ガイラルディア6連覇、悲願の日本一へ弾み 女子軟式野球・春季全道大会

 女子軟式野球チームの苫小牧ガイラルディアがこのほど、札幌市で開催された太陽グループ旗争奪第21回春季北海道女子軟式野球大会で優勝し、全道大会6連覇の偉業を達成した。8月の全国大会へ向け、大きな...

苫小牧民報

被災地厚真町を応援、ハスカップティー販売始まる エア・ドゥ、来月は機内サ..

 苫小牧市元中野町の「はすかっぷサービス」(大西育子代表)が製造しているハスカップティーが、AIRDO(エア・ドゥ)の機内販売商品に採用され、今月から全路線で販売が始まった。7月には機内ドリンク...

室蘭民報

岩手で制作された般若面が白老で発見、登別で展示中【登別】

 のぼりべつ文化交流館カント・レラ(登別市登別温泉町)で23日まで行われている造形のつどい展に、一風変わった作品が並んでいる。金剛力士像をほうふつさせるような、勇猛さがひしひしと伝わる木彫りの面...