北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

モール温泉号に過去最高223人【音更】

モール温泉号に乗り込む観光客ら(JR札幌駅北口前)

 音更町十勝川温泉観光協会(林文昭会長)が運行する無料送迎バス「モール温泉号」の第2号便(6日、JR札幌駅出発)の利用者が、1便の利用者として過去最高の223人に上った。同協会では「温泉号のスタート時期が、胆振東部地震に伴う『ふっこう割』や集客をPRするポスター効果と絶妙のタイミングで重なった」とみている。

 同バスは札幌圏の集客強化を目的に運行しており、今年11年目。今季は特に、胆振東部地震の影響でキャンセルが1万泊に上り、同協会や地元の旅館組合などが危機感を募らせており同バスへの期待感も大きい。

 火曜日正午に札幌駅北口を出発、帰りは木曜日午前10時出発の2泊3日のプラン。今季も10月30日に始まり、第1号便は148人(291泊)が利用。第2号便の6日は、60~70代を中心に223人が5台のバスに乗り込んだ。

 同協会と十勝川温泉旅館組合(作田英実組合長)が作製したポスター「元気ないです 十勝川温泉」は、キャンセルが相次いだ温泉街の窮状を逆手に取ったポスターで、道内外のメディアに取り上げられた。また、同温泉では1泊2000円を割り引く「音更ふっこう割」も実施中。

 同協会の窪浩政事務局次長は「第2号便の利用者数は驚きの数字。これを起爆剤に、12月以降も勢いを継続していければ」と期待している。なお、モール温泉号の昨年度の利用者数は340人(683泊)。

関連記事

根室新聞

春国岱で6年ぶり記録 "クマゲラ"について学ぶ【根室】

 根室市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターで18日、フィールド講座1「クマゲラが森を育てる?―その生態と大事な役割―」が開かれた。講師は公益財団法人日本野鳥の会保全プロジェクト推進室の荒哲平レン...

日高報知新聞

最後の「荻小劇場」を熱演【浦河】

 浦河町の荻伏小6年生による第17回荻小劇場ファイナル公演「大ミズナラの奇跡」が17日、町総合文化会館で開かれた。平成14年(2002年)から続いてきた同校伝統の演劇公演は今回が最後で、出演した14人の児...

日高報知新聞

えりも~浦河まで好調

 日高海区漁業調整委員会は、10日現在の日高沿岸秋サケ定置漁の漁獲速報をまとめた。記録的不漁だった前年同期に比べ全体の漁獲量は約2倍、金額は約1・3倍。特に襟裳岬から西側のえりも町~浦河町(漁場数22...

苫小牧民報

JR日高線苫小牧―鵡川間74日ぶり運行再開 利用者から歓迎の声

 胆振東部地震で休止していたJR日高線苫小牧―鵡川間(30.5キロ)の運転が19日、74日ぶりに再開された。車体に北海道にちなんだ草花や動物を描き、苫小牧駅を同日午後に発車した一番列車に地元利用客...

十勝毎日新聞

国が6次産業化支援 イチゴ菓子の「ブルーム」【音更】

 イチゴ大福などを販売する「ブルーム」(音更、齋藤伸二社長)の、新たな商品パッケージ開発による販路開拓の取り組みが、農林水産省の6次産業化支援事業の認定を受けた。新千歳空港に開設した直営店の運営...