北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

開拓の歴史、解説文一新…旧札幌通りの想い出プレート【室蘭】

リニューアルした旧札幌通りの「想い出プレート」

 室蘭・みなと六町連合会(伊部連二会長)などは、旧札幌通り周辺の歴史的な坂や建物の跡地を紹介した「想い出プレート」をリニューアルした。解説文も見直し、室蘭の開拓の歴史を伝えている。

 旧札幌通りは、函館―札幌を結んだ札幌本通の室蘭市内の一部の名称で、1872年(明治5年)に完成した。

 「想い出プレート」は北辰商店連合会(津田光春会長)が1995年(平成7年)6月に設置した。「トキカラモイ桟橋跡」「胆振国室蘭郡役所跡」「問屋の坂」「日本一の坂」など、7カ所に置かれ、由来や当時の様子を紹介している。ただ、設置から20年以上が経過し、ひび割れや色がくすむなど劣化が激しかった。

 地域住民から同商店連合会に改修の要望が寄せられたが、同商店連合会は資金難のため、同六町連合会に協力を要請。同六町連合会や同商店連合会の会員、地域住民が資金を提供した。ただ、10万円ほど不足していたといい、現在も寄付を受け付けている。

 プレートは縦70センチ、横95センチほど。故・佐久間恭子さんが描いた改修前と同様の絵を掲載。室蘭市教育委員会の学芸員・谷中聖治さんが新たに解説文を執筆した。

 同六町連合会と同商店連合会の副会長を務める増岡敏三さんは「北海道命名150年に合わせた企画として札幌通りを思い起こし、室蘭の開拓の歴史をしのんでほしい」と願っていた。

 寄付の届け先は増岡さん、電話0143・22局4714番へ。

関連記事

日高報知新聞

信用事業の譲渡承認【新冠】

【新冠】新冠町農協(浅川豊組合長、296組合員)の第28回通常総会が19日、レ・コード館で開かれ、貯金や貸付の信用事業の全部を、来年1月12日付で北海道信連に譲渡する特別決議を承認した。任期満了に伴う役...

日高報知新聞

今日一日、最後のお願い

 第19回統一地方選挙を締めくくる16日告示の道内14町村長選挙、68町村議会議員選挙は、いよいよ明日21日に投開票が行われる。住民に一番身近な選挙とあって日増しに関心は高まっており、今日1日、立候補者は声...

十勝毎日新聞

なつよ、十勝と共に飛べ! JAL「なつぞら」特別塗装機【東京】

 日本航空(JAL)は19日、NHK連続テレビ小説「なつぞら」をデザインした特別塗装機を公開した。広瀬すずさんが演じるヒロイン(奥原なつ)の元気あふれる笑顔に、舞台となる十勝の澄んだ青空と大地の風...

十勝毎日新聞

五月人形は小さめが人気 商戦終盤【帯広】

 5月5日の「端午の節句」に向け、帯広市内の大型店では五月人形商戦が終盤を迎えている。人気は、置く場所を選ばないコンパクト商品。市内の公共施設には大正時代の人形なども展示され、雰囲気を盛り上げてい...

十勝毎日新聞

住民団体が認知症カフェ 患者や家族交流【広尾】

 認知症の人やその家族などが語り合う「かたつむりカフェ」が18日、広尾町内の看護小規模多機能型居宅介護施設「ケアハウスグランパランHIROO」(丸山通北4)で始まった。町や施設ではなく、住民団体...