北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧の地酒「美苫」12月20日ごろ発売 厚真の米使用、被災農家の思い込め

美苫を通じて被災地支援を検討している美苫みのり会の平田会長

 厚真産の米を使う苫小牧の地酒「美苫」。今年は胆振東部地震の影響で原料米の収穫量は半減したが、販売する北海道中小企業家同友会美苫みのり会(平田幸彦会長)が生産農家の思いを受け、12月20日ごろの発売を決めた。生産量は3割減となる見通し。同会は少しでも被災地復興につながるように、イベントの開催も企画している。

 美苫は苫小牧の水道水と厚真町の酒造好適米を使用し、田中酒造(小樽市)が醸造する地酒。「独自の日本酒を造り、地域を活性化させたい」と有志の思いから2001年に企画。02年1月の発売以降、毎年同会で春の田植えや秋の稲刈り、田中酒造の見学、新酒発売を祝うヌーボーパーティーなどを開催。多くの市民が参加して、自然の恵みや地酒がある喜びを実感してきた。

 米の生産は同町幌内の山本辰幸さん(77)と同町富里の佐藤泰夫さん(63)の農業者2人に依頼していたが、収穫直前の9月6日に胆振東部地震が発生。土砂崩れで山本さんが亡くなり、水田にも土砂が流入した。

 佐藤さんは無事だったが、親戚を亡くし、農機具が損傷するなど大きな被害に。ただ、美苫に使用する酒造好適米「彗星」の水田約1ヘクタールは奇跡的に無事で「うちの米しか使えない」と気持ちを奮い立たせ、10月上旬に収穫作業を行ったという。

 米の収穫量減少に伴い、今年の美苫生産量は500ミリリットル換算で前年度比2000本減の5000本になる見通し。9日に市高丘浄水場で取水を行い、醸造作業に入る計画だ。

 同会では、地震で被害に遭った厚真町や生産者2人の思いを踏まえ、美苫の販売や催しを通じて被災地支援を行う考え。加盟店で義援金を募り、今月中旬にも佐藤さん、山本さんの遺族に届ける方針。毎年12月に開いていたヌーボーパーティーは被災地復興を応援する形に見直す方向で検討中。厄払い美苫や甘酒は年明けに販売する予定だ。取扱店舗は苫小牧市や厚真町の小売店など23店。

 平田会長は「復興と支援は大きなテーマ。加盟店で義援金を集め、今までお世話になった2人に気持ちを届けたい」とし「ラベルに復興の文字を入れることも考えている。今年は特別な美苫になる」と力を込めた。

関連記事

日高報知新聞

最後の「荻小劇場」を熱演【浦河】

 浦河町の荻伏小6年生による第17回荻小劇場ファイナル公演「大ミズナラの奇跡」が17日、町総合文化会館で開かれた。平成14年(2002年)から続いてきた同校伝統の演劇公演は今回が最後で、出演した14人の児...

日高報知新聞

えりも~浦河まで好調

 日高海区漁業調整委員会は、10日現在の日高沿岸秋サケ定置漁の漁獲速報をまとめた。記録的不漁だった前年同期に比べ全体の漁獲量は約2倍、金額は約1・3倍。特に襟裳岬から西側のえりも町~浦河町(漁場数22...

苫小牧民報

JR日高線苫小牧―鵡川間74日ぶり運行再開 利用者から歓迎の声

 胆振東部地震で休止していたJR日高線苫小牧―鵡川間(30.5キロ)の運転が19日、74日ぶりに再開された。車体に北海道にちなんだ草花や動物を描き、苫小牧駅を同日午後に発車した一番列車に地元利用客...

十勝毎日新聞

国が6次産業化支援 イチゴ菓子の「ブルーム」【音更】

 イチゴ大福などを販売する「ブルーム」(音更、齋藤伸二社長)の、新たな商品パッケージ開発による販路開拓の取り組みが、農林水産省の6次産業化支援事業の認定を受けた。新千歳空港に開設した直営店の運営...

十勝毎日新聞

本と音楽で世代間交流 朗読会やダンスも【音更】

 絵本と音楽を通じて異世代間の交流を図るイベントが17日、社会福祉法人更葉園(比留間正二理事長)敷地内の施設「おとぷけ通り。」(音更町東通13)で開かれた。子どもや高齢者、障害者ら関係者約50人...