北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

特殊詐欺被害未然防止【新ひだか】

【新ひだか】適切な顧客対応で特殊詐欺被害を未然防止したとして、セブンイレブン静内旭店オーナーの高橋圭市さんと店員の大内舞子さんに5日、静内警察署の岩崎敏夫署長から感謝状が贈られた。

岩崎署長(右)から感謝状を受ける高橋さん(左)

 10月30日午前11時ごろ、同店で働いていた大内さんは、町内の70歳代男性から電子マネーの入ったプリペイドカード16万円分(4万円×4枚)の購入方法や使い方について質問を受けた。

 購入方法も分からない高齢者が、多額の電子マネーを購入しようとしていることを不審に思った大内さんは、男性に事情を確認したところ、携帯電話に大手ネット通販サイトを名乗るショートメールが届き、記載されていた電話番号にかけて確認したところ「未納分を午後2時までに支払うように」とプリペイドカードを使って支払うよう要求されたことが分かった。

 男性は通販サイトで買い物をしたことはあったものの、未納のことは身に覚えはなく、それでもプリペイドカードを購入しようとしていたことから、大内さんが高橋さんに相談。高橋さんは改めて男性に事情を確認した上で警察に通報。静内署員が到着後、通販サイトに電話で確認したところ、未納の事実はないことが発覚した。

 静内署で行われた贈呈式で感謝状を受け取った高橋さんは「日ごろから警察の方たちの指導もあり、従業員の意識は高かった。ただ、今回はカードの使い方が分からなかったから発覚したのであって、分かっている方への対応は難しい」、大内さんは「母のところにも詐欺のハガキが来ていて、警察に相談した経験が生きた。これからも被害が出ないよう気をつけていきたい」とそれぞれ話していた。

 岩崎署長は「少額から出発して大きな被害につながる事例も多いので、他のコンビニの模範になる活躍だった。なるべくお客さんの迷惑にならないよう対応するので、警察にも気軽に声を掛けていただけたら」とたたえていた。

関連記事

日高報知新聞

信用事業の譲渡承認【新冠】

【新冠】新冠町農協(浅川豊組合長、296組合員)の第28回通常総会が19日、レ・コード館で開かれ、貯金や貸付の信用事業の全部を、来年1月12日付で北海道信連に譲渡する特別決議を承認した。任期満了に伴う役...

日高報知新聞

今日一日、最後のお願い

 第19回統一地方選挙を締めくくる16日告示の道内14町村長選挙、68町村議会議員選挙は、いよいよ明日21日に投開票が行われる。住民に一番身近な選挙とあって日増しに関心は高まっており、今日1日、立候補者は声...

十勝毎日新聞

なつよ、十勝と共に飛べ! JAL「なつぞら」特別塗装機【東京】

 日本航空(JAL)は19日、NHK連続テレビ小説「なつぞら」をデザインした特別塗装機を公開した。広瀬すずさんが演じるヒロイン(奥原なつ)の元気あふれる笑顔に、舞台となる十勝の澄んだ青空と大地の風...

十勝毎日新聞

五月人形は小さめが人気 商戦終盤【帯広】

 5月5日の「端午の節句」に向け、帯広市内の大型店では五月人形商戦が終盤を迎えている。人気は、置く場所を選ばないコンパクト商品。市内の公共施設には大正時代の人形なども展示され、雰囲気を盛り上げてい...

十勝毎日新聞

住民団体が認知症カフェ 患者や家族交流【広尾】

 認知症の人やその家族などが語り合う「かたつむりカフェ」が18日、広尾町内の看護小規模多機能型居宅介護施設「ケアハウスグランパランHIROO」(丸山通北4)で始まった。町や施設ではなく、住民団体...