北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

続けることで良くなる【新ひだか】

参加者の質問に答える三浦さん

【新ひだか】町スポーツ少年団本部(廣島義清本部長)の結成10周年記念企画「横浜DeNAベイスターズスペシャルアドバイザー三浦大輔講演会」が3日、町公民館で開かれ、プロ野球通算172勝の〝ハマの番長〟が参加者約200人を前に、元プロ野球選手の視点からさまざまな質問に答えた。

 三浦さん(45)は奈良県出身。平成3年に横浜大洋ホエールズ(現横浜DeNAベイスターズ)にドラフト6位で指名され、横浜を代表する先発投手として28年まで長く活躍。10年には12勝をあげてチームのリーグ優勝と日本一に貢献した。

 現役引退後は横浜のスペシャルアドバイザーとして野球に関する活動を展開。来シーズンから横浜の一軍投手コーチとして現場に復帰する。

 JRAの馬主として競走馬を所有しているのが縁で、町内にも年に数回訪れており、この日は午前中に三石緑ヶ丘公園球場で町内3野球少年団を対象に野球教室を開いた。

 トレードマークのリーゼントヘアで登場した三浦さんは、町スポーツ少年団本部事務局の尾山和也さん、静内ホワイト☆スターズの小葉松良方監督、みゆきフェニックスの津山浩父母会長、三石リトル野球協会の山崎順峰ヘッドコーチの質問に答える形で講演。

 三浦さんは一生懸命やればやるほど喜びや悔しさは大きくなり、それで人は成長できるとし、「先発ローテーションに入ると1週間に1回投げることができる。プロでは年間で10勝すれば一流と呼ばれるが、逆に10回しか喜べないということ。それ以外はすごいしんどいが、その1勝の喜びはとてつもなく大きい。だからしんどくても頑張れたし、いっぱい悔しい思いをして一生懸命練習もした。一つの喜びを見つければ人間は頑張れる」と話した。

 この後も野球を始めたきっかけやメンタル強化のアドバイス、プロを目指す子どもの進学先など、多岐にわたる質問に現役時代同様に熱くズバッと解答。

 参加者との質疑応答も行われ、「コントロールを良くするには」との問いに三浦さんは「まずは目標を見てしっかりと投げること。それをキャッチボールから続けること。1週間で100球投げれば、1カ月で400球、1年間で4800球になる。この間に一生懸命狙って投げる子と、ただ投げる子では技術の差はすごく大きくなる。今日投げたから明日すぐに上手くなることはないが、ずっと続けることで絶対にコントロールは良くなる」と答えていた。

 三浦さんに質問した三石リトル野球協会の橋本脩槙君(三石小5年)は「コントロールのつけ方が勉強になりました。キャッチボールから丁寧に投げるようにしたい」と話していた。

関連記事

日高報知新聞

3グループが全道大会へ【新ひだか】

【新ひだか】15、16の両日に江別市で開かれた農業高校生がプロジェクト学習の成果を発表する「第37回南北海道学校農業クラブ連盟実績発表大会」で、静内農業高(大関俊郎校長、生徒123人)から参加した3グル...

日高報知新聞

やったぞ!!全国一に【浦河】

 全国の高校、大学を対象にした和歌山県主催の「第2回データ利活用コンペティション」の最終審査会が19日、和歌山市内で開かれ、高校の部で浦河高校3年の課題研究班(チーム健康ラボwithまちなか元気ステ...

苫小牧民報

「味の大王」陸自隊員にカレーラーメン振る舞う スケートまつり会場すべり台..

 第53回とまこまいスケートまつり(2月2、3日開催)のメイン会場となる苫小牧市若草町の中央公園で、「ちびっこすべり台」を制作する自衛隊員をねぎらおうと、市内植苗に総本店があるラーメン店「味の大...

苫小牧民報

支笏湖水槽で年1度の大掃除 水抜き、職員ごしごし-サケふる千歳水族館

 千歳市花園のサケのふるさと千歳水族館は23日、支笏湖水槽で年に1度の大掃除を行った。メンテナンス休館を利用し、水をほぼ抜いた水槽に職員が入り、藻や水カビなどをきれいに除去。2月1日の再開に備え...

苫小牧民報

千歳出身の声優・鈴木愛奈さんポップ設置 演じるキャラ玩具3倍に-道の駅サ..

 千歳市花園にある道の駅サーモンパーク千歳は24日、館内に市出身声優・鈴木愛奈さん(23)を起用した観光PR動画を放映中のモニターを彩る専用ポップを製作した。これに併せて鈴木さんが声を演じるアニ...