北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

庭木ほっこり…青少年科学館で冬囲い作業【室蘭】

好天の下、冬囲いする青少年科学館の職員ら

 室蘭市青少年科学館(小川征一館長)の中庭の冬囲い作業が8日行われ、寒さの本番を控えて職員らが冬支度に追われた。

 積雪による幹割れや吹き付ける寒風で株の水分が抜けてしまうことから守るため毎年行われている。この日は同館の職員4人が作業に当たり、10株のバラやツバキなどを次々とむしろで覆い、さながらコートをまとったよう。

 同館の寺島三津征施設管理部長は「環境科学館・図書館の整備のため囲う株が減り、作業は例年の5分の1ほど。ついこの間囲いを外したように思えて、時の流れは早い」と話し、例年6月の開花に期待しながら来週まで作業を続けるという。厳しい冬を越え、来年4月上旬ごろ再び囲いは取り外される。

関連記事

根室新聞

冬も「花咲線」を楽しもう ゆっくり運転区間追加し継続【根室】

 JR北海道が「いつもの列車で観光気分~花咲線の新しい楽しみ方~」と銘打って今年6月に開始した取り組みが、12月以降も継続されることになった。現在2区間の見どころポイント(ゆっくり運転区間)を3区間...

根室新聞

春国岱で6年ぶり記録 "クマゲラ"について学ぶ【根室】

 根室市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターで18日、フィールド講座1「クマゲラが森を育てる?―その生態と大事な役割―」が開かれた。講師は公益財団法人日本野鳥の会保全プロジェクト推進室の荒哲平レン...

日高報知新聞

最後の「荻小劇場」を熱演【浦河】

 浦河町の荻伏小6年生による第17回荻小劇場ファイナル公演「大ミズナラの奇跡」が17日、町総合文化会館で開かれた。平成14年(2002年)から続いてきた同校伝統の演劇公演は今回が最後で、出演した14人の児...

日高報知新聞

えりも~浦河まで好調

 日高海区漁業調整委員会は、10日現在の日高沿岸秋サケ定置漁の漁獲速報をまとめた。記録的不漁だった前年同期に比べ全体の漁獲量は約2倍、金額は約1・3倍。特に襟裳岬から西側のえりも町~浦河町(漁場数22...

苫小牧民報

JR日高線苫小牧―鵡川間74日ぶり運行再開 利用者から歓迎の声

 胆振東部地震で休止していたJR日高線苫小牧―鵡川間(30.5キロ)の運転が19日、74日ぶりに再開された。車体に北海道にちなんだ草花や動物を描き、苫小牧駅を同日午後に発車した一番列車に地元利用客...