北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

旧絵鞆小体育館棟解体で支持や残念が交錯【室蘭】

売却せず解体となる旧絵鞆小学校体育館棟(左)

 室蘭市教委は8日、公募していた旧絵鞆小学校円形校舎を売却しないと発表した。体育館棟購入に応募した市民団体の提案は、資金計画や管理面が不透明だったことを理由に退けた。今後、解体に向けた調整に入る。市教委の決定に市民や団体関係者から安全確保を望む意見と残念の声が交錯した。

 市教委によると、団体提案内容は校舎の安全運営管理と資金面を問題視した。体育館棟解体は2019年度内に行う。手法は未定。文化財包蔵地部分がある跡地は、保護の観点から保存し、体験学習や交流の場として整備を進める。

 行政側の決定に周辺住民からは早期解体を望む意見が聞かれた。祝津町会の大友勇会長は「上手に活用してもらいたいと思っていた」と校舎保存への理解を示す一方、「老朽化し屋根も傷んでいる。長く放置されるのは困る」と話した。

 別の住民は「市教委の判断は現実的な結論だ。使用していないプールやグラウンドなどにごみがたまっている。歴史的な価値があるから残すという前に、学校周辺の環境整備が先ではないか」と指摘する。

 保存に動いた市民団体には落胆が広がった。旧絵鞆小保存活用プロジェクトの三木真由美代表は「たくさんの協力や励ましをいただいたが、力不足だった」と肩を落とした。耐震性のある校舎棟については「室蘭の縄文遺跡や豊かな自然をPRする拠点として活用してほしい」と望んだ。

 「あまりにも早い決定に驚いている」と語った、同校卒業生でインターネット上で署名運動などを展開した「旧絵鞆小学校保存活用ラボ」の村田正望、関浩勝両代表。村田代表は「厳しい公募条件の中で唯一、手を挙げた市民団体の思い、市の新しい可能性をくんでもらえなかったのは残念」と語った。

 旧絵鞆小校舎は1959年(昭和34年)建築。2015年(平成27年)に閉校後、耐震性のない体育館棟は使用していない。耐震強度を有する校舎棟(市教委絵鞆庁舎)は市教育研究所や学校適応指導教室として活用。市が将来の財政負担を見据え「あり方」を検討していた。

関連記事

根室新聞

冬も「花咲線」を楽しもう ゆっくり運転区間追加し継続【根室】

 JR北海道が「いつもの列車で観光気分~花咲線の新しい楽しみ方~」と銘打って今年6月に開始した取り組みが、12月以降も継続されることになった。現在2区間の見どころポイント(ゆっくり運転区間)を3区間...

根室新聞

春国岱で6年ぶり記録 "クマゲラ"について学ぶ【根室】

 根室市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターで18日、フィールド講座1「クマゲラが森を育てる?―その生態と大事な役割―」が開かれた。講師は公益財団法人日本野鳥の会保全プロジェクト推進室の荒哲平レン...

日高報知新聞

最後の「荻小劇場」を熱演【浦河】

 浦河町の荻伏小6年生による第17回荻小劇場ファイナル公演「大ミズナラの奇跡」が17日、町総合文化会館で開かれた。平成14年(2002年)から続いてきた同校伝統の演劇公演は今回が最後で、出演した14人の児...

日高報知新聞

えりも~浦河まで好調

 日高海区漁業調整委員会は、10日現在の日高沿岸秋サケ定置漁の漁獲速報をまとめた。記録的不漁だった前年同期に比べ全体の漁獲量は約2倍、金額は約1・3倍。特に襟裳岬から西側のえりも町~浦河町(漁場数22...

苫小牧民報

JR日高線苫小牧―鵡川間74日ぶり運行再開 利用者から歓迎の声

 胆振東部地震で休止していたJR日高線苫小牧―鵡川間(30.5キロ)の運転が19日、74日ぶりに再開された。車体に北海道にちなんだ草花や動物を描き、苫小牧駅を同日午後に発車した一番列車に地元利用客...