北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

仏大使に士幌高PR 道内4高校初交流【東京】

ピック大使(左)に畜産品をPRする浜平さん(右から3人目)と南部さん(右)

 道内農業系4高校の生徒らとローラン・ピック駐日フランス大使の初の交流会が8日夜、都内のフランス大使館で開かれた。十勝からは士幌高が参加し、浜平くるみさん(16)と南部翔太さん(16)が各校で製造する畜産加工品を英語でPRした。

 日仏両政府は2016年、若手農業者の新規参入促進で協力することで合意。翌年から両国の農業高校の交流が始まった。今回は道高校長協会農業部会が農水省を通じて仏大使館に働き掛けて実現した。

 交流会には士幌高のほか、大野、岩見沢、中標津の各農業高が参加。会場にはチーズやハム、ジャム、フルーツなど生徒たちが手掛けた20種類以上の商品がずらりと並び、乳製品、肉加工品、農産加工品、農産物の4部門に分かれ、生徒たちが英語で説明した。

 士幌高はソーセージ、ベーコン、ゴーダチーズを出品。プレゼンテーションでは肉加工品を担当し、自校のソーセージでは、浜平さんと南部さんが地元のブランド牛「しほろ牛」を100%使っていることなどを強調。試食したピック大使は「(ソーセージに)牛肉を使うのは珍しい。味もしっかりまとまっている」と評価した。

 道内農業高校の取り組みを紹介するビデオも上映された。終了後、ピック大使は取材に対し「高校生で質の高いものを作れるのは素晴らしい。自国の農業発展のため若い人には頑張ってほしい」と語った。同部会の畠山佳幸会長(岩見沢農業高校長)は「高校生が作った商品が国際的にも通用することを実感できた」と話していた。

関連記事

日高報知新聞

ミスシンザ ンを募集【浦河】

 浦河町のシンザンフェスティバル実行委は、7月27、28日に西舎のJRA日高育成牧場内特設会場で開催の「第34回シンザンフェスティバル」に花を添えるミスシンザン2人を6月19日まで募集する。  応募資格...

日高報知新聞

馬上結婚式のカップル【浦河】

 浦河町のシンザンフェスティバル実行委員会(中島雅春実行委員長)は、7月27日に西舎のJRA日高育成牧場内特設会場で開催する「第34回シンザンフェスティバル」のサラブレッド馬上結婚式のカップル2組...

苫小牧民報

右肩に人工関節入れ、手術後も弓道に励む 苫小牧の山内もとさん(85)

 昨年1月、右肩に人工関節を入れる手術を受けた後も、37年間打ち込んできた弓道に励み、11月に札幌市で開かれる全道大会への出場を目指す女性がいる。苫小牧市木場町の山内もとさん(85)。全日本弓道...

苫小牧民報

かつての高校球児ら青春再び マスターズ甲子園OB定期戦

 高校野球のOBらでつくるマスターズ甲子園北海道・道央支部主催のOB定期戦が19日、苫小牧駒大グラウンドで開かれた。苫小牧市内の高校出身者を中心に10~60代の元高校球児ら20人以上が集まって交...

室蘭民報

音楽劇「カイ」が26日公演の本番前に全員で稽古【登別】

 室蘭VOX主催の北加伊道物語音楽劇「カイ」が26日午後4時半から、登別市富士町の市民会館大ホールで開かれる。出演する北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の阿部浩貴さんと竹森巧さん、室蘭、登...