北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

恵庭ブラックラーメン新名物に 半世紀の歴史受け継いだふじや食堂

旧ふじや食堂ののれんの前で新名物の恵庭ブラックラーメンをPRする藤田社長

 恵庭市栄恵町で1963年に開店し、半世紀以上にわたって市民に親しまれてきたラーメンとジンギスカン料理の店・ふじや食堂は、創業以来、厨房を守ってきた熊谷カズ子さん(78)が2年前に引退し、現在は同じ栄恵町でパブなどを営む飲食業のブレスト(藤田誠社長)がのれんを引き継いでいる。実家が隣にあり、子どもの頃から熊谷さんに家族のようにかわいがられてきたという藤田社長(44)は「新しいものにばかり目が向きがちな時代だからこそ、先人の思いを受け継ぎながら大切なものを残していきたい」と語る。

 藤田社長は札幌や横浜の日本料理店などで和食の修業を積んだ後、父親が営む居酒屋を手伝っていたが、その後に独立してパブ経営を始め、一時期はラーメン店も開いた。熊谷さんが引退を考えていることを聞いたとき、「恵庭で昔からやってきたふじやの名前がこのままなくなっていくのはもったいない」と、店名を引き継ぐことを決意。札幌の中華料理店で働いていた同級生だった中野洋之さん(44)と2人で、2016年10月から新しいふじや食堂を始めた。

 中華料理店に業態を変え、看板料理は「麻婆(マーボー)豆腐」(税込み800円)。メニューにはラーメンやジンギスカン料理も残っているが、味は以前とは違うものになっている。和食の藤田社長と中華の中野料理長がそれぞれの経験を注ぎ、「新しい恵庭の名物として長く市民に愛されるものにしたい」と生み出した「恵庭ブラックラーメン」(税込み750円)は、特に人気のあるメニューの一つ。

 50年以上継ぎ足しながら煮込み続けてきた秘伝のチャーシューのたれを藤田社長が父親から譲り受け、それをベースにたまりじょうゆや黒糖、黒みりん、中華料理の中国しょうゆなどを合わせた黒いスープは、濃厚で深みのある味わい。中太の縮れ麺には道産小麦を使っている。

 「まず一度食べてもらい、一人でも多くの人に恵庭ブラックの名前を覚えてほしい」と市内のさまざまなイベントに出張し、少しずつ知名度も高まりつつある。現在は夜のみの営業だが、客層を広げるため「今後は昼の営業も考えていきたい」と言う藤田社長。古くからののれんを守りながら、10年、20年先まで残る新しい恵庭の名物を育てていく試みは、これからが本番となる。

 ふじや食堂は日曜定休。午後6時から翌午前2時ごろまで営業している。

関連記事

日高報知新聞

3グループが全道大会へ【新ひだか】

【新ひだか】15、16の両日に江別市で開かれた農業高校生がプロジェクト学習の成果を発表する「第37回南北海道学校農業クラブ連盟実績発表大会」で、静内農業高(大関俊郎校長、生徒123人)から参加した3グル...

日高報知新聞

やったぞ!!全国一に【浦河】

 全国の高校、大学を対象にした和歌山県主催の「第2回データ利活用コンペティション」の最終審査会が19日、和歌山市内で開かれ、高校の部で浦河高校3年の課題研究班(チーム健康ラボwithまちなか元気ステ...

苫小牧民報

「味の大王」陸自隊員にカレーラーメン振る舞う スケートまつり会場すべり台..

 第53回とまこまいスケートまつり(2月2、3日開催)のメイン会場となる苫小牧市若草町の中央公園で、「ちびっこすべり台」を制作する自衛隊員をねぎらおうと、市内植苗に総本店があるラーメン店「味の大...

苫小牧民報

支笏湖水槽で年1度の大掃除 水抜き、職員ごしごし-サケふる千歳水族館

 千歳市花園のサケのふるさと千歳水族館は23日、支笏湖水槽で年に1度の大掃除を行った。メンテナンス休館を利用し、水をほぼ抜いた水槽に職員が入り、藻や水カビなどをきれいに除去。2月1日の再開に備え...

苫小牧民報

千歳出身の声優・鈴木愛奈さんポップ設置 演じるキャラ玩具3倍に-道の駅サ..

 千歳市花園にある道の駅サーモンパーク千歳は24日、館内に市出身声優・鈴木愛奈さん(23)を起用した観光PR動画を放映中のモニターを彩る専用ポップを製作した。これに併せて鈴木さんが声を演じるアニ...