北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

浦高馬術部の魅力をPR【日高・浦河】

【日高・浦河】ホッカイドウ競馬グランシャリオナイター開催中の門別競馬場で7日夜、浦河高校馬術部の生徒3人がインターネットテレビ放映に出演し、同部の魅力をPRした。

 やってきたのは石川傑君(2年)、宮内勇樹君(1年)、大池駿和君(1年)の3人。

 顧問の黒津豊輝、藤沢晶両教諭らと午後6時半に競馬場に到着し、管理棟のスタジオでインタビューを受け、部員勧誘を胸に秘め馬術部の魅力を大いにPRした。

 部長の石川君の兄・石川倭さんは道営競馬所属の現役騎手。富山県富山市内の中学から浦河高校に進学し、母親と浦河へ移住。馬術留学のかたちで志望の浦河高校馬術部に入部した。

 馬の休養日の月曜1日を除き、平日は放課後午後6時から2時間、土日は午前8時から3時間の特訓を受けている。

 同部は、苫小牧市美沢のノーザンホースパークで毎年開かれる国体、インターハイの全国大会の道内予選には個人・団体戦に8年連続出場し、全国大会に駒を進めている日高管内の名門校のひとつ。

 石川君は「浦高馬術部の長所は指導者がJRAの外部講師ということ。高校の顧問の先生の異動転勤に左右されないことが特徴」と話し、「クラスメイトのほか乗馬少年団の小中学生との交流も通して部員加入につなげたいが、危険、臭いと反応が鈍い」、「自分が卒業すると3人が必要な団体戦に出場できなくなる」と心を痛めている。

 レースの合間に管理棟のスタジオで行われた生放映でインタビューを受けた3人は、“ハラハラドキドキ”の様子で見守る母親らの心配そうな様子を尻目に、新入部員勧誘を胸に秘め、明るく爽やかな表情で浦高馬術部の魅力を大いにPRした。

生放送に出演した右から大池君、宮内君、石川君

関連記事

日高報知新聞

最後の「荻小劇場」を熱演【浦河】

 浦河町の荻伏小6年生による第17回荻小劇場ファイナル公演「大ミズナラの奇跡」が17日、町総合文化会館で開かれた。平成14年(2002年)から続いてきた同校伝統の演劇公演は今回が最後で、出演した14人の児...

日高報知新聞

えりも~浦河まで好調

 日高海区漁業調整委員会は、10日現在の日高沿岸秋サケ定置漁の漁獲速報をまとめた。記録的不漁だった前年同期に比べ全体の漁獲量は約2倍、金額は約1・3倍。特に襟裳岬から西側のえりも町~浦河町(漁場数22...

苫小牧民報

JR日高線苫小牧―鵡川間74日ぶり運行再開 利用者から歓迎の声

 胆振東部地震で休止していたJR日高線苫小牧―鵡川間(30.5キロ)の運転が19日、74日ぶりに再開された。車体に北海道にちなんだ草花や動物を描き、苫小牧駅を同日午後に発車した一番列車に地元利用客...

十勝毎日新聞

国が6次産業化支援 イチゴ菓子の「ブルーム」【音更】

 イチゴ大福などを販売する「ブルーム」(音更、齋藤伸二社長)の、新たな商品パッケージ開発による販路開拓の取り組みが、農林水産省の6次産業化支援事業の認定を受けた。新千歳空港に開設した直営店の運営...

十勝毎日新聞

本と音楽で世代間交流 朗読会やダンスも【音更】

 絵本と音楽を通じて異世代間の交流を図るイベントが17日、社会福祉法人更葉園(比留間正二理事長)敷地内の施設「おとぷけ通り。」(音更町東通13)で開かれた。子どもや高齢者、障害者ら関係者約50人...