北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

浦高馬術部の魅力をPR【日高・浦河】

【日高・浦河】ホッカイドウ競馬グランシャリオナイター開催中の門別競馬場で7日夜、浦河高校馬術部の生徒3人がインターネットテレビ放映に出演し、同部の魅力をPRした。

 やってきたのは石川傑君(2年)、宮内勇樹君(1年)、大池駿和君(1年)の3人。

 顧問の黒津豊輝、藤沢晶両教諭らと午後6時半に競馬場に到着し、管理棟のスタジオでインタビューを受け、部員勧誘を胸に秘め馬術部の魅力を大いにPRした。

 部長の石川君の兄・石川倭さんは道営競馬所属の現役騎手。富山県富山市内の中学から浦河高校に進学し、母親と浦河へ移住。馬術留学のかたちで志望の浦河高校馬術部に入部した。

 馬の休養日の月曜1日を除き、平日は放課後午後6時から2時間、土日は午前8時から3時間の特訓を受けている。

 同部は、苫小牧市美沢のノーザンホースパークで毎年開かれる国体、インターハイの全国大会の道内予選には個人・団体戦に8年連続出場し、全国大会に駒を進めている日高管内の名門校のひとつ。

 石川君は「浦高馬術部の長所は指導者がJRAの外部講師ということ。高校の顧問の先生の異動転勤に左右されないことが特徴」と話し、「クラスメイトのほか乗馬少年団の小中学生との交流も通して部員加入につなげたいが、危険、臭いと反応が鈍い」、「自分が卒業すると3人が必要な団体戦に出場できなくなる」と心を痛めている。

 レースの合間に管理棟のスタジオで行われた生放映でインタビューを受けた3人は、“ハラハラドキドキ”の様子で見守る母親らの心配そうな様子を尻目に、新入部員勧誘を胸に秘め、明るく爽やかな表情で浦高馬術部の魅力を大いにPRした。

生放送に出演した右から大池君、宮内君、石川君

関連記事

函館新聞

シーニックdeナイトのキャンドル製作体験会【函館】

 手作りキャンドルの明かりで街を彩る「シーニックdeナイト2020」(実行委主催)が2月1日から始まるのを前に18日、五稜郭タワーアトリウムでワックスキャンドルの製作体験会が開かれた。親子連れや...

函館新聞

春の彩り、JALカウンターに琉球寒緋桜お目見え【函館】

 函館空港の日本航空(JAL)チェックインカウンターに、今年も沖縄県本部(もとぶ)町から贈られた「琉球寒緋桜(りゅうきゅうかんひざくら)」がお目見えした。同社函館支店は「日本一早い春の便りを楽し...

十勝毎日新聞

「パン甲子園」2年連続グランプリ報告 清水高 鈴木知事も絶賛【札幌】

 昨年10月の「パン甲子園2019」(実行委主催)で2年連続グランプリに輝いた清水高校の3人が17日、鈴木直道知事を表敬訪問した。共に3年の山田晧太さん、藤田成之介さん、曽根拓馬さんらが鈴木知...

十勝毎日新聞

障害者アート 大型絵本に ポプケ利用者協力【帯広】

 帯広大谷短大の学生たちは17日、帯広市内の地域活動拠点popke(ポプケ、西21南2)で同施設の利用者らと共に、アールブリュット作品を使った大型絵本の表紙作りに取り組んだ。絵本は同短大で2月に初...

十勝毎日新聞

坂本直行の風景画 未公開作品を展示【幕別】

 幕別町内のカフェ「シェモア」(札内新北町40、舟越智子代表)で、十勝ゆかりの画家坂本直行の作品展が開かれている。未公開とされる道東の風景11点が店内に花を添えている。2月末まで。  管内在...