北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

浦高馬術部の魅力をPR【日高・浦河】

【日高・浦河】ホッカイドウ競馬グランシャリオナイター開催中の門別競馬場で7日夜、浦河高校馬術部の生徒3人がインターネットテレビ放映に出演し、同部の魅力をPRした。

 やってきたのは石川傑君(2年)、宮内勇樹君(1年)、大池駿和君(1年)の3人。

 顧問の黒津豊輝、藤沢晶両教諭らと午後6時半に競馬場に到着し、管理棟のスタジオでインタビューを受け、部員勧誘を胸に秘め馬術部の魅力を大いにPRした。

 部長の石川君の兄・石川倭さんは道営競馬所属の現役騎手。富山県富山市内の中学から浦河高校に進学し、母親と浦河へ移住。馬術留学のかたちで志望の浦河高校馬術部に入部した。

 馬の休養日の月曜1日を除き、平日は放課後午後6時から2時間、土日は午前8時から3時間の特訓を受けている。

 同部は、苫小牧市美沢のノーザンホースパークで毎年開かれる国体、インターハイの全国大会の道内予選には個人・団体戦に8年連続出場し、全国大会に駒を進めている日高管内の名門校のひとつ。

 石川君は「浦高馬術部の長所は指導者がJRAの外部講師ということ。高校の顧問の先生の異動転勤に左右されないことが特徴」と話し、「クラスメイトのほか乗馬少年団の小中学生との交流も通して部員加入につなげたいが、危険、臭いと反応が鈍い」、「自分が卒業すると3人が必要な団体戦に出場できなくなる」と心を痛めている。

 レースの合間に管理棟のスタジオで行われた生放映でインタビューを受けた3人は、“ハラハラドキドキ”の様子で見守る母親らの心配そうな様子を尻目に、新入部員勧誘を胸に秘め、明るく爽やかな表情で浦高馬術部の魅力を大いにPRした。

生放送に出演した右から大池君、宮内君、石川君

関連記事

十勝毎日新聞

ラリー北海道 疾走 しぶき豪快 競技スタート、22日まで【陸別】

 「ラリー北海道2019」(アジアパシフィックラリー選手権第7戦、全日本ラリー選手権第8戦、日本スーパーラリーシリーズ第4戦)が20日、帯広市内の北愛国サービスパークで開幕した。21日には陸別...

十勝毎日新聞

「最高の十勝ワインを」 仕込み作業開始【池田】

 2019年産のブドウを使った十勝ワインの仕込み作業が21日、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所(安井美裕所長)で始まった。  後志管内余市町産の白ワイン用ブドウの「バッカス」や、池田町千代田地区...

十勝毎日新聞

清水の歴史 バスで巡る 渋沢栄一ゆかりの地も【清水】

 清水町の歴史について学ぶ「文化史跡めぐりバスツアー」が18日に町内で開かれた。町民ら25人が参加し、町開拓の祖渋沢栄一ゆかりの地などを見学して回った。  今年度、4回シリーズで実施している...

函館新聞

山形の姉妹校へ贈るジャガイモ収穫 木古内小で54年目【木古内】

 【木古内】木古内小学校(石岡一智校長、児童114人)の児童と保護者、教職員59人が18日、町新道の畑で、同校が姉妹校交流に取り組む朝暘(ちょうよう)第一小学校(山形県鶴岡市)に贈るジャガイモ(...

函館新聞

日本一目指し熱唱 江差追分全国大会開幕【江差】

 【江差】第57回江差追分全国大会(江差追分会、江差町主催、函館新聞社など後援)が20日、町文化会館(茂尻町71)で開幕した。初日は地元江差地区をはじめ函館や札樽、日胆地区選出の歌い手の熟年と一...