北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

最後のAiba祭盛況【新ひだか】

【新ひだか】今シーズン最後のホッカイドウ競馬応援イベント「Aiba祭」が6日夜、静内木場町2の場外馬券発売所・Aiba静内隣りのさくらセレモニーホールで開かれ、今シーズン最多の約400人が来場し、大型スクリーンなどで門別競馬グランシャリオナイターを楽しんだ。

 新ひだか、新冠両町の関係団体でつくるホッカイドウ競馬支援事業実行委(委員長・大野克之新ひだか町長)が主催。ホッカイドウ競馬の売り上げ増へ、馬産地の応援イベントとして5月から今回を合わせて計5回開催を予定していたが、前回の9月27日は胆振東部地震の影響でホッカイドウ競馬が昼間の開催となったため、中止した。

 この日も会場には子どもから高齢者まで、大勢の来場者が訪れ、町内飲食店が販売する軽食やビールを楽しみながらレースに熱中。第10レースでは「Aiba静内祭特別」が行われ、浦河町の日東牧場生産のローツェフェイスが優勝した。

 今回はこれまでのガラポン抽選機による抽選会から、最終レース終了後に馬券2000円分を1口に参加できる大抽選会となり、特賞のみついし牛バラエティセットをはじめ、新ひだか建設協会、新ひだか観光協会などが協賛する海産物や地場産品セットなどの豪華景品を目当てに、今年最後の勝負と会場は熱気に包まれた。最後の特賞の抽選を前に、大野町長は「来年も皆さんに盛り上げていただけたら」と来場者に呼び掛けた。

最後の大抽選会で盛り上がったAiba祭会場

 見事特賞をゲットしたのは、7日に開催された日高振興局地域住宅セミナーの講師として岐阜県から来町していた大石佳知さん。大石さんが馬券を買うのは今回が初めてで、わずか2枚の抽選券から特賞を引き当てる強運ぶりを発揮し「これから何か良いことをしようと思います。ここに来てみて北海道の競馬場をみんなで盛り上げようという気持ちが伝わりました」と話していた。

大野町長(右)から特賞のみついし牛バラエティセットを受け取る大石さん(左)

 この日のAiba静内の売り上げは計画比542・09%の342万6000円(ホッカイドウ競馬のみ)だった。ホッカイドウ競馬は15日にシーズン最終日を迎える。

関連記事

十勝毎日新聞

道東の魅力伝えたい 社団法人「ドット道東」設立

 道東を中心に活動するクリエーターが集まる一般社団法人「ドット道東」が、道東の魅力的な暮らしぶりや取り組みを紹介するガイドブックの制作に取り組んでいる。資金はクラウドファンディング(CF)で募って...

十勝毎日新聞

十勝チーズ発信 52種類提供 振興局イベント【東京】

 十勝総合振興局は11日、都内の飲食店「お取り寄せダイニング十勝屋」で、十勝チーズのPRイベントを開いた。参加者は個性豊かなチーズの食べ比べなどを通し、チーズ王国・十勝の魅力を満喫した。  ...

十勝毎日新聞

横断中の事故続発 「運転手の右側から」特に注意【十勝】

 今秋、十勝管内では歩行者が道路を横断中に車にはねられる事故が続発している。重傷事故で特に見られるケースが「右からの横断者」。近い歩道側である左からの横断者に比べ、対向車線を渡ってくる歩行者に...

室蘭民報

軽快ジャズで640人を魅了、翔陽中が定期演奏会【室蘭】

 室蘭市翔陽中学校ジャズバンド部(飯尾姫奈部長)の9th定期演奏会が10日、幸町の室ガス文化センターで開かれ、部員26人が今年の集大成となる演奏で、来場した約640人を魅了した。  定演は3部...

室蘭民報

150年の思い咲け…桜の名所誕生へ50本を記念植樹【伊達】

 伊達150年を記念した植樹祭が10日、伊達市館山町の館山公園で行われた。参加した市民らは新たな桜の名所誕生への祈りを込めて、50本の苗木を植え付けた。  公園内のサクラがてんぐ巣病にかかり、...