北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

最後のAiba祭盛況【新ひだか】

【新ひだか】今シーズン最後のホッカイドウ競馬応援イベント「Aiba祭」が6日夜、静内木場町2の場外馬券発売所・Aiba静内隣りのさくらセレモニーホールで開かれ、今シーズン最多の約400人が来場し、大型スクリーンなどで門別競馬グランシャリオナイターを楽しんだ。

 新ひだか、新冠両町の関係団体でつくるホッカイドウ競馬支援事業実行委(委員長・大野克之新ひだか町長)が主催。ホッカイドウ競馬の売り上げ増へ、馬産地の応援イベントとして5月から今回を合わせて計5回開催を予定していたが、前回の9月27日は胆振東部地震の影響でホッカイドウ競馬が昼間の開催となったため、中止した。

 この日も会場には子どもから高齢者まで、大勢の来場者が訪れ、町内飲食店が販売する軽食やビールを楽しみながらレースに熱中。第10レースでは「Aiba静内祭特別」が行われ、浦河町の日東牧場生産のローツェフェイスが優勝した。

 今回はこれまでのガラポン抽選機による抽選会から、最終レース終了後に馬券2000円分を1口に参加できる大抽選会となり、特賞のみついし牛バラエティセットをはじめ、新ひだか建設協会、新ひだか観光協会などが協賛する海産物や地場産品セットなどの豪華景品を目当てに、今年最後の勝負と会場は熱気に包まれた。最後の特賞の抽選を前に、大野町長は「来年も皆さんに盛り上げていただけたら」と来場者に呼び掛けた。

最後の大抽選会で盛り上がったAiba祭会場

 見事特賞をゲットしたのは、7日に開催された日高振興局地域住宅セミナーの講師として岐阜県から来町していた大石佳知さん。大石さんが馬券を買うのは今回が初めてで、わずか2枚の抽選券から特賞を引き当てる強運ぶりを発揮し「これから何か良いことをしようと思います。ここに来てみて北海道の競馬場をみんなで盛り上げようという気持ちが伝わりました」と話していた。

大野町長(右)から特賞のみついし牛バラエティセットを受け取る大石さん(左)

 この日のAiba静内の売り上げは計画比542・09%の342万6000円(ホッカイドウ競馬のみ)だった。ホッカイドウ競馬は15日にシーズン最終日を迎える。

関連記事

函館新聞

追分渡島協 福田さんの遺志継ぎ少年少女の部の優勝旗新調【函館】

 江差追分渡島協議会(内村徳蔵会長)は、31日に函館市公民館で開く第15回渡島協議会発表大会から使用する、少年少女の部の優勝旗を製作した。昨年9月に84歳で亡くなった前会長で江差追分会名誉師匠の...

函館新聞

北浜町会とファイヤーワールドが災害時協定結ぶ【函館】

 北浜町会(岡部禮子会長)と、近隣の吉川町で薪ストーブの販売や点検業務を行う「ファイヤーワールド函館」(佐々木俊司代表)はこのほど、災害時に同店の暖房器具を住民に提供することなどを定めた協定を...

苫小牧民報

新たな観光施設、初日からにぎわい 展望台の完成祝う-苫小牧・道の駅ウトナ..

 苫小牧市が建設を進めていた道の駅ウトナイ湖(植苗)の展望台が20日、オープンした。同日、完成セレモニーが行われ、道の窪田毅副知事や岩倉博文市長、植苗町内会連合会の丹治秀一会長ら関係者約50人が...

苫小牧民報

ファイターズジェット運航開始 機体に球団ロゴ-スカイマーク

 スカイマークは19日、プロ野球北海道日本ハムファイターズと連携した特別デザイン機「ファイターズジェット」(ボーイング737―800型機)1機の運航を始めた。2020年6月頃まで羽田―新千歳線をは...

根室新聞

公示地価 市内は住宅地横ばい 商業地再び下落【根室】

 国土交通省は20日、地価公示法に基づく平成31年の公示地価を公表した。根室市の住宅地は横ばい、商業地は対前年比08パーセントの下落となり、商業地は平成29年まで17年連続で続いた下落が昨年横ばいに回復...