北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

最後のAiba祭盛況【新ひだか】

【新ひだか】今シーズン最後のホッカイドウ競馬応援イベント「Aiba祭」が6日夜、静内木場町2の場外馬券発売所・Aiba静内隣りのさくらセレモニーホールで開かれ、今シーズン最多の約400人が来場し、大型スクリーンなどで門別競馬グランシャリオナイターを楽しんだ。

 新ひだか、新冠両町の関係団体でつくるホッカイドウ競馬支援事業実行委(委員長・大野克之新ひだか町長)が主催。ホッカイドウ競馬の売り上げ増へ、馬産地の応援イベントとして5月から今回を合わせて計5回開催を予定していたが、前回の9月27日は胆振東部地震の影響でホッカイドウ競馬が昼間の開催となったため、中止した。

 この日も会場には子どもから高齢者まで、大勢の来場者が訪れ、町内飲食店が販売する軽食やビールを楽しみながらレースに熱中。第10レースでは「Aiba静内祭特別」が行われ、浦河町の日東牧場生産のローツェフェイスが優勝した。

 今回はこれまでのガラポン抽選機による抽選会から、最終レース終了後に馬券2000円分を1口に参加できる大抽選会となり、特賞のみついし牛バラエティセットをはじめ、新ひだか建設協会、新ひだか観光協会などが協賛する海産物や地場産品セットなどの豪華景品を目当てに、今年最後の勝負と会場は熱気に包まれた。最後の特賞の抽選を前に、大野町長は「来年も皆さんに盛り上げていただけたら」と来場者に呼び掛けた。

最後の大抽選会で盛り上がったAiba祭会場

 見事特賞をゲットしたのは、7日に開催された日高振興局地域住宅セミナーの講師として岐阜県から来町していた大石佳知さん。大石さんが馬券を買うのは今回が初めてで、わずか2枚の抽選券から特賞を引き当てる強運ぶりを発揮し「これから何か良いことをしようと思います。ここに来てみて北海道の競馬場をみんなで盛り上げようという気持ちが伝わりました」と話していた。

大野町長(右)から特賞のみついし牛バラエティセットを受け取る大石さん(左)

 この日のAiba静内の売り上げは計画比542・09%の342万6000円(ホッカイドウ競馬のみ)だった。ホッカイドウ競馬は15日にシーズン最終日を迎える。

関連記事

室蘭民報

徘徊の夫捜索にご近所さんの温かさに感謝【室蘭】

 「主人が助かったのは、周りの方のおかげ。本当にありがたいです」。室蘭市港北町に住む佐藤友子さん(68)は感謝する。友子さんのご主人、薫さん(81)が徘徊(はいかい)してまち中で動けなくなった...

室蘭民報

国体IH道代表に新日鉄住金から2人【室蘭】

 第74回国体冬季大会のアイスホッケー競技(30日から釧路市)の北海道代表に、新日鉄住金室蘭アイスホッケー部の村上亮(27)=日鉄住金テックスエンジ(左)、横山恭也(24)=幌清=が選ばれた。...

室蘭民報

マリンパークでオオアナコンダ脱皮殻のお守りで合格祈願【登別】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町、須川英治支配人)は、知恵の象徴とされる動物のヘビにかけて、飼育するオオアナコンダの脱皮殻で作った合格祈願のお守りを販売している。種類はカードサイズラミ...

室蘭民報

道南バスが4月に市内西部中心に39便減便方針【苫小牧】

 苫小牧市公共交通協議会(会長・下多村光弘苫小牧高専教授)が22日、市役所で開かれ、市内で路線バスを運行する道南バスは4月1日のダイヤ改正で西部地域を中心とした12路線、39便を減便する方針を...

室蘭民報

登別・青葉小児童がタラコのパック詰め体験【白老】

 登別市青葉小学校(工藤信司校長)の4年生49人が22日、白老町虎杖浜の竹丸渋谷水産(渋谷敏幸代表取締役)を訪れ、タラコのパック詰めを体験した。  総合学習「もっと知りたい北海道」の一環。子...