北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭VOXが16日の記念舞台に向け熱気のリハーサル【室蘭】

16日の公演に向け、練習に打ち込むキャストら

 西胆振を中心に活動する市民劇団「室蘭VOX」は16日午後6時半から、室蘭市輪西町の市民会館で、白鳥大橋20周年を記念した舞台「カモメのジョナサンのハクチョウの湖」を上演する。本番が近づき、キャストの練習にも熱がこもる。

 米国作家リチャード・バックの小説「かもめのジョナサン」とチャイコフスキーのバレエ曲「白鳥の湖」から着想を得た舞台。プロ、市民キャストが、映像やコンテンポラリーダンスなどを通して室蘭の街並みや人を表現。カモメが「室蘭という土地で生きる意味」を見つける作品。

 公演が5日後に迫った11日、エンディングのシーンを確認。「生き物のようにゆっくり上げて!」「全員で協力して」など、緊張感のある現場に、演出・振り付けを担当するスズキ拓朗さん=ダンスカンパニー「チャイプロン」主宰=の指導の声が響く。舞台上の装置を移動する重要なシーンの動きを入念に繰り返した。

 オーディションに合格し、主役のカモメを演じる市民キャスト中村友紀さん(38)=登別市=は日ごろ、室蘭市内のジャズダンス教室で講師を務めているが、コンテンポラリーダンスは初挑戦。「楽しみな気持ちと不安が入り交じっています。生きる意味で悩む時期は誰にでもあると思う。人生のヒントを見つけてもらえる作品にしたい」

 チケットの購入などに関する問い合わせは同劇団事務局、電話0143・83局・6854番へ。

関連記事

室蘭民報

軽快ジャズで640人を魅了、翔陽中が定期演奏会【室蘭】

 室蘭市翔陽中学校ジャズバンド部(飯尾姫奈部長)の9th定期演奏会が10日、幸町の室ガス文化センターで開かれ、部員26人が今年の集大成となる演奏で、来場した約640人を魅了した。  定演は3部...

室蘭民報

旧絵鞆小で光る絵本展開催、市民有志がCF実施【室蘭】

 お笑いコンビ「キングコング」の一人で、絵本作家としても知られる西野亮廣さんの作品を集めた「光る絵本展」が30日から2日間、室蘭市の旧絵鞆小学校円形校舎で開かれる見通しとなった。市民有志が「歴史...

室蘭民報

甘えっ子見てね、ニクスがキングペンギンのヒナ公開【登別】

 登別マリンパークニクス(登別東町)で、今年8月に生まれたキングペンギンのひなが一般公開され、親子の仲むつまじい様子が来園者の注目を集めている。  ひなは、今年7月2日の産卵から60日目となる...

室蘭民報

まちの課題、市民解決を―有志集い「伊達未来会議」【伊達】

 伊達市民有志が集まり、将来のまちの在り方を議論する「伊達未来会議」がある。フェイスブック(FB)上で呼び掛け、十数人がそれぞれの意見を述べ、課題や自分たちにできる取り組みを考えている。会議を企...

室蘭民報

「むかわ竜」の複製骨格公開イベント、約800人が満喫【むかわ】

 むかわ町穂別地区で発見された国内最大の恐竜全身骨格化石「むかわ竜」の複製(レプリカ)が3、4の両日、穂別町民センターで公開され、約800人が恐竜ワールドを満喫した。  会場には「むかわ竜」の...