北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

暮らしに応じて修理、加工・旧診療所を「家具乃診療所」へ【下川】

河野文孝さんと旧一の橋診療所

 町内一の橋地区で木工クラフト・家具の工房「森のキツネ」を営む河野文孝さん(41)が、来春から同地区にある旧一の橋診療所の建物で、家具を修理、暮らしの変化に合わせ再加工する「家具乃診療所」を開業する。12月から施設改修などを始める予定で、30日までインターネット上で企画内容と必要な金額を提示し、広く支援を呼びかけるクラウドファンディングも行っている。

 家具乃診療所では、依頼者の住宅環境や暮らし方、家具の好み、使い方を細かく診療して「家具のカルテ」を作成。これに沿って家具を修理する他、オーダーメイド製作も行う。工房「森のキツネ」のショールームも兼ね、下川の森の木でできた家具に触れ、使い心地を試せる。ほとんどが組み立て式で、暮らしの変化になじむ工夫を体感できる。町内に自生するクルミの実からオイルを絞る体験ができ、クルミオイルを使った家具のメンテナンス方法も伝える。白衣姿で処方箋(メンテナンスのオイルやワックス)を出すなど、ちゃめっ気もある。

 河野さんは埼玉県川越市出身。愛別町で「森のキツネ」を営んでいたが、2年前に一の橋へ移住した。以前から家具のカルテを構想していたが、同地区に旧診療所が残っていたことから開設に踏み切り、今夏に建物や土地を購入した。

 旧診療所は延べ面積145・8平方メートルで、出入り口正面の中央に受付カウンター、クルミオイルの搾油・加工室、左半分(東側)に診療室とショールーム、右半分(西側)に工房兼手術室を設ける。12月上旬から建物の改修を始め、来年5月末ごろに左半分を先行でオープンし、既存の工房(同地区国道西側)と合わせて営業を開始する。右半分も1年以内にオープンして、工房も診療所内へ統合する。

 改修工事は河野さん自身で取り組み、既存の壁を撤去して部屋を区切り直し、床やドア、カウンター、窓などを整備する。クラウドファンディングでは、改修に必要な資材の購入、処方箋薬の袋やカルテなど、診療に必要な備品製作に使う基金を募っている。目標額は100万円で、10月15日から開始し、11月13日で28万円が集まり、30日まで実施する。寄付額(1500円以上)に応じた返礼品(26品目)を用意し、全寄付者へプレミアム診察券(寄付順の番号、名前入り)も贈る。施設内には寄付者一人一人の専用スリッパを用意、支援に対する感謝の気持ちを残す。

 「国道を挟んだ道脇に『診療所前』というバス停もあり、家具の診療所をつくったら、マイバス停という楽しみもある。お客さんの暮らしや物に対する思いを一つずつ聞いて、少品種・多樹種の家具を形にしたい。一の橋はオホーツクと上川地方の境界にあり、紋別方面からも利用しやすく、道内全域のニーズに応えたい」。また「古い建物を壊すのではなく、地域にとって意味のある、新しいサービスを作りたい」と語る。

 クラウドファンディングは、URL(https://camp-fire.jp/projects/view/102270)で行われている。  問い合わせは河野さん(メールkonkon@morino-kitune.com)へ。

関連記事

根室新聞

震災建築物の危険度判定を容易に―青年建築士がマニュアル作成【根室】

 根室市内の建築士で作る一般社団法人北海道建築士会根室支部青年委員会(海老名秀貴委員長)は、地震発生時に専門的な知識がなくても施設の安全点検ができる「だれでもわかる震災建築物の簡易危険度判定マ...

根室新聞

24日「別院寄席」地元出身の三遊亭金八さんプロデュース【根室】

 根室出身の落語家・三遊亭金八さんがプロデュースする第17回別院寄席「歌でつづる戦後歌謡史2019」=ポスター写真=が24日、真宗大谷派根室別院会館で開かれる。今年は「歌まね」で史上初めて文化庁芸術祭優秀...

苫小牧民報

6年連続「億トン港」 震災の影響を最小限に

 苫小牧港の2018年(1~12月)の貨物取扱量が速報値ベースで1億744万4278トンとなった。03~08年の記録と並ぶ6年連続の1億トン超え。ただ、昨年9月に起きた胆振東部地震の影響で前年比...

日高報知新聞

漁業とアザラシの共存を【えりも】

【えりも】日高振興局は17日、日高山脈襟裳国定公園の観光拠点、襟裳岬・風の館で「親子で考えよう!ゼニガタアザラシ学習観察会」を開き、管内7町から親子44人が参加した。岬に棲むゼニガタアザラシの生態...

日高報知新聞

管内7校で388人が合格

 18日は道内公立高校の合格発表日。日高管内でも午前10時に全日制6校、定時制1校で一斉に合格発表が行われ、全日制381人と定時制7人の計388人(前年421人)が合格の栄冠を勝ち取った。  各...