北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

清水さん6位入賞 自動車レース初参戦【更別】

レース前の最終点検を終え、車に乗り込んだ清水さん

 長野冬季五輪スピードスケート金メダリストの清水宏保さん(43)=帯広市出身=が30日、更別の十勝スピードウェイで行われた「GAZOO Racing Netz Cup Vitzレース北海道シリーズ第2戦」にドライバーとして参戦した。公式戦初出場ながら6位入賞を果たし、「多くのサポートがあって走れた。感動的な経験ばかり」と興奮気味に語った。

 この日の天候は晴れで10台が出場した。予選では15分間のタイムアタックが行われ、清水さんはトップとの差0.887秒の4位で通過した。出場者全員が決勝へ進んだ。

 決勝は車同士の接触やコースアウトが相次ぎ、波乱の展開を見せたが、清水さんは12周を完走。2016年1月以降初めて国内Aライセンスを取得し、各大会の上位入賞を果たしたドライバーに贈られるルーキー賞と、レース初参加のドライバーに贈られるウエルカム賞を受賞した。

 終了後、清水さんは「スタートで出遅れたことが完全に失敗だった」と後悔をにじませる一方、レース中盤の接近戦について「あの距離で並走したのは初めての経験。1台でも抜こうと(アクセルを)踏み切り、追い上げることができた」と収穫を話した。

 レース出場をマネジメントするディビジョンワン(東京)の玉置克範エグゼクティブ・ディレクターは「予選も決勝も全てが上出来。ラップタイムは上位と変わらない」と今後に期待を寄せた。

関連記事

日刊留萌新聞

天売島の木育を推進 運営協議会初の会合

 天売島「未来につなぐ、木育の島づくり」運営協議会の初会合が、13日午後4時から留萌合同庁舎1階会議室で開かれ、会長に一般社団法人天売島おらが島活性化会議の齊藤暢代表理事を選出したほか、協議会の...

日高報知新聞

「困っている人」に2万1926円

【新ひだか】静内幼稚園(中舘吉達園長、園児120人)の園児代表4人が12日、町社協を訪れ、園児たちが小遣いを出し合って集めた歳末たすけあい運動の寄付金2万1926円を町共同募金委員会の佐藤雅裕会長に...

日高報知新聞

「のぼり」と「ポスター」

 「優駿日高道 オールひだか魅力発信キャンペーン」として、来年3月予定の日高自動車道厚賀IC(インターチェンジ)開通と日高の魅力をアピールする「のぼり」と「ポスター」を製作し、日高地域の関係機関...

苫小牧民報

身が締まり、味に太鼓判 苫小牧沖の冬ホッキ漁最盛期

 苫小牧沖の冬ホッキ漁が最盛期に入った。今シーズンの漁は1日に始まり、来年4月までの期間に最大20隻が操業に当たる。ホッキ貝の水揚げ量日本一を誇る苫小牧の漁港は早朝から活気付いている。  13...

十勝毎日新聞

クリスマス祈り厳か 聖公会幼稚園【帯広】

 帯広聖公会幼稚園(鈴木典明園長、園児104人)の礼拝堂で、14日午前10時20分からクリスマス礼拝が行われた。園児らは厳かな雰囲気の中で祈りを捧げ、キリストの生誕を祝った。  園児の代表6人...