北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

農高発食品に機能性表示 認定なら道内学校初【帯広】

開発した「豆ぐると」を手に、「ヘルシーDo」認定を目指す田村班長

 帯広農業高校(二木浩志校長)の食品科学科地域資源活用班は、開発した豆乳ヨーグルト「豆(まめ)ぐると」を、健康志向の食品ブランドを示す「北海道食品機能性表示制度」(愛称・ヘルシーDo)に認定申請する。高校や大学などの教育機関で認定された事例はなく、十勝管内の企業による認定商品もないため、認定された場合は管内初となる。

 「豆ぐると」はCGC(本社東京)の無調整豆乳を使用し、日本甜菜製糖(同)が提供するビートに含まれる天然オリゴ糖成分「ラフィノース」を配合した豆乳ヨーグルト。ラフィノースは腸内の善玉菌を活性化し、便通改善などの効果・効能が認められ、アトピー性皮膚炎の改善の成績も得られている。

 商品開発は当初からヘルシーDo認定を目指して行われ、4月から田村静香班長(17)=食品科学科3年=ら2・3年生15人で進めてきた。「豆乳の種類によって固まり方が異なるところに苦労し、試作は10回以上重ねた」(田村班長)末、9月末に完成し販売している。

 認定を受けるには細かな分析や、科学的根拠に基づいた機能性成分に関する論文など条件となり、これまでの応募は企業のみだった。同校は北海道大や帯広畜産大、企業などの協力を経て、教育機関としては初の認定を目指している。16日に田村班長ら4人が道経済部食関連産業室(札幌)を訪問し、書類を提出する予定。受理されれば、来年3月に発表される。

 「ヘルシーな食品に興味がある人が増えてきた現代で、機能性成分の表示は消費者に安心安全を伝えられる。認定があることで多くの人の手に渡りやすいと思う」と田村班長。生徒の努力を見守ってきた大和田恭平教諭は「認定を目指すことは生徒にとっても勉強になったはず。帯広農業高校が一つのモデルケースになれることを願っている」と話している。

<北海道食品機能性表示制度(ヘルシーDo)>
 2013年に道が創設。道内で製造され、機能性成分についての科学的な研究が行われた食品のみが認定され、パッケージに「ヘルシーDo」マークを表示できる。9月現在でヨーグルトやあんパン、ドレッシングなど57社の106商品(加工品)が認定されている。

関連記事

室蘭民報

そうべつくだもの村でブドウ狩りのシーズンを迎える【壮瞥】

 壮瞥町内の果樹園18軒でつくる「そうべつくだもの村」はブドウ狩りのシーズンを迎えた。甘く熟した大きな実を求め、多くの観光客が足を運んでいる。  滝之町の阿野観光果樹園(阿野裕紀緒園主)では、...

室蘭民報

来遊遅れ厳しい出足―秋サケ漁の漁獲量、過去5年で最低【胆振】

 胆振海域の秋サケ定置網漁(1日解禁)が当初予想に反して厳しい出足となっている。来遊の遅れが主な原因とされ、今月下旬以降に増える見通しも出ているが、全体的に漁獲量が前年度を下回っている。10日現...

十勝毎日新聞

「十勝晴れ」味わう茶 タイ産花で青色表現【帯広】

 プロコム北海道(帯広)は、プライベートブランド(PB)の新商品として「十勝あおぞら茶」を発売した。近年話題の植物バタフライピーを配合し、お茶にすると見た目が青色となるユニークなフルーツティーで、...

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

十勝毎日新聞

全国よりすぐりの味覚が藤丸に集合 うまいもの大会【帯広】

 藤丸7階催事場で12日、恒例の全国うまいもの大会が始まった。新規4店を含む49店が出店、大勢の買い物客でにぎわっている。第1弾は17日まで。  うまいもの大会は年2回開催。北海道から沖縄まで...