北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

日高のシカはおいしい!【新ひだか】

【新ひだか】日高管内消費者協会連合会、ひだか食育推進協議会主催の「ひだか食育セミナー」が11日、町保健福祉センターで開かれ、参加者が料理教室や講演で地域食材の良さを再認識した。

 この日は、静内御幸町2のお料理「あま屋」の店主・天野洋海さんが「地産地消を学ぶエゾシカ肉を使った料理教室」と「地場産品を使ったおもてなし」の演題で講演。また、町役場健康推進課の日開めぐみ主任管理栄養士が「新ひだか町の食育の取組」、日高振興局環境生活課道民生活係の堀田哲哉係長が「食品の品質表示の見方」を情報提供した。

 料理教室には静内農業高生や管内消費者協会連合会から25人が参加。5班に分かれて天野さんが考えた①ゴボウが入ったエゾシカカレー②キノコと玉子の和風スープ③トマトの甘酢生姜サラダ―の3品を調理した。

 あま屋では、トマトベースのスープと3週間ほど熟成させたシカ肉のしゃぶしゃぶなどのシカ肉料理を提供。AAO(安心・安全・おいしくてヘルシー)エゾシカ料理推進協議会のマイスターでもある天野さんは、調理を前に「日高のエゾシカは牧草を食べているから本当においしい。農業被害だが、シカにとってみるともの凄い良いごちそうを食べている。そんなシカは日高にしかいない。冬でもやせないし、風味も良い」と魅力を話した。

 続いて、各料理の調理ポイントを解説し、メインのカレーについては「シカ肉は土っぽかったりするが、逆に土っぽいゴボウと合わせてあげることでおいしく食べられる」、「肉を炒めてからカレーを作る人がいるが、あれはナンセンス。肉のうま味を出すのであれば最初に入れても良いが、肉を食べるなら最後に入れた方が良い」とプロの知識を惜しみなく伝授した。

 早速調理に取り掛かり、高校生を中心に協力しながら3品を完成させ、試食会ではあらかじめ2時間ほど蒸して柔らかくなったエゾシカ肉などに舌鼓を打っていた。  谷川辰実君(静内農高食品科学科3年)は「シカ肉がホロホロしていておいしい。ちょっと工夫すれば、家でもプロの味が作れることが分かったので挑戦してみたい」と話していた。

天野さん(左から2人目)のアドバイスを受けながら調理する参加者たち

関連記事

根室新聞

ビザなし交流、色丹島へ 歴史・文化専門家は国後島で調査【根室】

 今年度日本側から第2陣となるビザなし交流訪問団(中川昭一団長、65人)が24日朝、色丹島へ向けて根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で出発した。一行は3泊4日の日程で、27...

日高報知新聞

草間美恵さんが100歳に【様似】

【様似】17日に100歳の誕生日を迎えた冬島の草間美恵さんに同日、町から敬老金10万円、町社会福祉協議会と町老人クラブ連合会から記念品が贈られ、同居する息子夫婦や遊びに来た玄孫(やしゃご)、関係者...

日高報知新聞

最新の設備で能力向上【様似】

【様似】新日本電工(本社・東京、白須達朗社長)は、平成27年(2015年)から着手していた幌満川発電所の更新工事が完了し、22日、現地の第3発電所で竣工式を行い完成を祝った。  発電設備の更新工事...

室蘭民報

扇子に広がる個性豊か…墨蘭会が水墨画展【室蘭】

 室蘭市の水墨画同好会、墨蘭会(柴口みちる会長)の「第42回水墨画展」が23日、幸町の室蘭市民美術館で始まった。会員らが制作した個性豊かな40点が展示され、来場者を楽しませている。  同会は月...

十勝毎日新聞

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...