北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

初田牛駅廃止 住民説明会開く【根室】

来年3月のダイヤ改正で廃止となる初田牛駅

 JR北海道は15日、来年3月のダイヤ改正でJR花咲線の初田牛駅廃止について住民説明会を初田牛会館で開いた。JR側は「一日平均利用者が1人未満で利用が極端に少ない」とし、理解を求めた。住民側は「駅がなくなるのは寂しいが、利用実績がなく、廃止せざるを得ないことは納得している」と理解を示すとともに、初田牛駅があったことを残すモニュメント的なものの設置を要望した。

 JR初田牛駅は大正9年開業。地域住民の足として親しまれてきたが、自家用車の普及や少子化による通学での利用が減少し、ここ5年間の利用者数は一日平均0.2人。鉄道ファンからは秘境駅として知られ、今夏のバラエティ番組では、3日間で乗降者ゼロだったことが紹介されていた。

 この日、JR側からは釧路支社の中川博勝専任部長ら3人が地域に出向き、住民側は初田牛町会の小笠原忠行会長ら8人、根室市から担当者2人が出席した。この中で中川部長は「JR単独での維持は困難とされる花咲線は維持存続することを確認しているが、経営のスリム化は必要で、極端に利用の少ない初田牛駅は廃止せざるを得ない」と理解を求めた。

 地域住民を代表し、小笠原会長は「利用実績が極端に少ない中で、存続してくれとは言えない」と納得したものの、「地域住民としては寂しい。ここに初田牛駅があったことを残すモニュメント的なものを設置できないか」と要望。『厚床駅』と『別当賀駅』を指し示す看板を残すよう求めたほか、ホーロー製の「はったうし」と表示されたプレートを記念として譲り受けたいと申し出た。JR側は「モニュメント的なものの設置と、プレートについては検討し、町会側の提案にできるだけ沿うよう努力したい」と述べた。

 この後、参加者と共に初田牛駅を訪れ、モニュメントのアイデアなどを話し合った。また、この最中には初田牛駅を訪れる観光客の姿も見られたが、自家用車での訪問で、住民からは「せめてJRを使って来てくれればうれしいのだが」と複雑な表情で話していた。

 初田牛駅の廃止については先月29日にJR北海道釧路支社の萩原国彦支社長が根室市を訪れ、廃止する考えを伝え、市側からは初田牛町会など利用者や地域住民、花咲線観光振興協議会の構成団体に対し、丁寧な説明を求めていた。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...