北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

日ロ首脳会談 平和条約交渉加速で合意 元島民「しっかりした道筋を」【根室】

首脳会談を受け、会見する河田副理事長(右)と宮谷内支部長

 安倍晋三首相は14日、シンガポールでロシアのプーチン大統領と首脳会談を行い、平和条約締結後に歯舞群島と色丹島を日本へ引き渡すと明記した1956年の日ソ共同宣言を基礎として平和条約交渉を加速させることでプーチン大統領と合意した。首脳会談を受け同日、千島会館で千島歯舞諸島居住者連盟の河田弘登志副理事長(84)と同根室支部の宮谷内亮一支部長(75)が記者会見を行った。

 首脳会談では、北方四島での共同経済活動について、10月初めに「ビジネスミッション」が実施されたことを歓迎し、首脳間で作業の進捗を確認した上で、双方の法的立場を害さない形でプロジェクトを早期に実施するため、さらに作業を進めることで一致。元島民のための人道的措置について安倍首相から、より一層の信頼醸成に向けて協力をさらに発展させることを引き続き働きかけた。

 また、今後は今月30日にアルゼンチンのブエノスアイレスで開かれるG20の際に首脳会談を実施するほか、年明けにも安倍首相が訪ロして会談を行うことで一致した。

 安倍首相は首脳会談後の会見で「戦後70年以上残されてきた課題を次の世代に先送りすることなく、私とプーチン大統領の手で必ずや終止符を打つという強い意志を完全に共有した」とし、「1956年共同宣言を基礎として平和条約交渉を加速させることでプーチン大統領と合意した」と述べた。

 首脳会談を受け、14日夜、千島会館で千島連盟の河田副理事長と同根室支部の宮谷内支部長が記者会見を行った。1956年の共同宣言を基礎として交渉を加速させることで合意したことについて、河田副理事長は「会見を聞いた限りでは、かなり前向きな話し合いをしたと思っている。総理はこれまでにない前進に向けた話し合いをしたと思うので、今後に期待したい」と話した。

 宮谷内支部長は「四島返還が原則ということに変わりはないが、1956年の日ソ共同宣言を一つの出発点として、段階的に返還を求めていく選択肢もあるのかなと思う。今後、返還に向けたしっかりした道筋を付けてほしい」と期待を寄せた。

 また、15日に石垣雅敏市長は「会談で戦後70年以上続く平和条約締結問題を次世代に先送りすることなく、両首脳の手で終止符を打つとの決意がしっかりと確認され、平和条約交渉を加速させることが合意されたことは心強く感じるとともに、希望の持てる結果であると考える。年明けにも安倍首相がロシアを訪問することであり、両首脳の強いリーダーシップのもと、合意された方向で積極的な対話を積み重ね、一日も早い北方領土問題の解決、そして最終的な平和条約の締結が実現することを強く期待する」とコメントを発表した。

関連記事

根室新聞

国内初 ベニザケ海面養殖事業化に挑戦【根室】

 根室市ベニザケ養殖協議会(会長・大坂鉄夫根室漁協組合長)は18日、根室港中防波堤に設置したいけすにベニザケの稚魚を放流し、海面でのベニザケ養殖実証試験がスタートした。  ベニザケの養殖は平...

日高報知新聞

東日本大会に出場【えりも】

【えりも】管内中学硬式野球チーム「日高リトルシニア」(浦川聡監督、団員27人)メンバーのえりも中生徒5人が12日、町役場に大西正紀町長を表敬訪問して第8回日本リトルシニア東日本選抜野球大会への出場...

日高報知新聞

「課題はすべてクリア」【様似】

【様似】ユネスコのジオパーク計画審査グループから派遣された2人の審査員により、15日から実施していたアポイ岳ジオパークの世界再認定現地審査が18日終了した。再認定結果は来年3月に発表される。  ...

苫小牧民報

「カジカ」バーガー開発 前浜産使用、豊かな味わい苫小牧漁協女性部

 苫小牧漁業協同組合女性部(山口加津子部長)は前浜産のカジカを使ったハンバーガーを開発し、夏に開催する地元イベントで販売する。食材としての認知度は低いものの、味は抜群というトウベツカジカの活用法...

十勝毎日新聞

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園【帯広】

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...