北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

日ロ首脳会談 平和条約交渉加速で合意 元島民「しっかりした道筋を」【根室】

首脳会談を受け、会見する河田副理事長(右)と宮谷内支部長

 安倍晋三首相は14日、シンガポールでロシアのプーチン大統領と首脳会談を行い、平和条約締結後に歯舞群島と色丹島を日本へ引き渡すと明記した1956年の日ソ共同宣言を基礎として平和条約交渉を加速させることでプーチン大統領と合意した。首脳会談を受け同日、千島会館で千島歯舞諸島居住者連盟の河田弘登志副理事長(84)と同根室支部の宮谷内亮一支部長(75)が記者会見を行った。

 首脳会談では、北方四島での共同経済活動について、10月初めに「ビジネスミッション」が実施されたことを歓迎し、首脳間で作業の進捗を確認した上で、双方の法的立場を害さない形でプロジェクトを早期に実施するため、さらに作業を進めることで一致。元島民のための人道的措置について安倍首相から、より一層の信頼醸成に向けて協力をさらに発展させることを引き続き働きかけた。

 また、今後は今月30日にアルゼンチンのブエノスアイレスで開かれるG20の際に首脳会談を実施するほか、年明けにも安倍首相が訪ロして会談を行うことで一致した。

 安倍首相は首脳会談後の会見で「戦後70年以上残されてきた課題を次の世代に先送りすることなく、私とプーチン大統領の手で必ずや終止符を打つという強い意志を完全に共有した」とし、「1956年共同宣言を基礎として平和条約交渉を加速させることでプーチン大統領と合意した」と述べた。

 首脳会談を受け、14日夜、千島会館で千島連盟の河田副理事長と同根室支部の宮谷内支部長が記者会見を行った。1956年の共同宣言を基礎として交渉を加速させることで合意したことについて、河田副理事長は「会見を聞いた限りでは、かなり前向きな話し合いをしたと思っている。総理はこれまでにない前進に向けた話し合いをしたと思うので、今後に期待したい」と話した。

 宮谷内支部長は「四島返還が原則ということに変わりはないが、1956年の日ソ共同宣言を一つの出発点として、段階的に返還を求めていく選択肢もあるのかなと思う。今後、返還に向けたしっかりした道筋を付けてほしい」と期待を寄せた。

 また、15日に石垣雅敏市長は「会談で戦後70年以上続く平和条約締結問題を次世代に先送りすることなく、両首脳の手で終止符を打つとの決意がしっかりと確認され、平和条約交渉を加速させることが合意されたことは心強く感じるとともに、希望の持てる結果であると考える。年明けにも安倍首相がロシアを訪問することであり、両首脳の強いリーダーシップのもと、合意された方向で積極的な対話を積み重ね、一日も早い北方領土問題の解決、そして最終的な平和条約の締結が実現することを強く期待する」とコメントを発表した。

関連記事

苫小牧民報

胆振東部応援フェアで3町の特産品販売-新千歳空港

 9月の胆振東部地震で大きな被害を受けた厚真、安平、むかわ各町の特産品を販売する「胆振東部エリア応援フェア」の物産展が14日、新千歳空港国内線ターミナルビル2階センタープラザで始まった。3町の観...

苫小牧民報

土砂災害犠牲者の慰霊式 復興への決意新たに-厚真町

 厚真町は15日、9月に発生した胆振東部地震の土砂災害で犠牲になった町民36人の慰霊式を同町総合福祉センターで開いた。遺族や関係者ら577人が参列。黙とうをささげて献花し、復興への決意を新たにし...

日高報知新聞

日台国際大会に出場

 29日から台湾で開かれる中学硬式野球の「第16回日台国際野球大会」に出場する北海道選抜チームのメンバー18人に、日高リトルシニア(浦川聡監督、団員25人)から久保田陽喜選手(えりも中2年)が選ばれた。26...

日高報知新聞

奨学金条例改正、給付型に【新ひだか】

【新ひだか】町議会定例会は14日、平成30年度一般会計補正予算案や町奨学金条例の改正など、提出議案を可決して同日閉会した。町議の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正については、総務文教常任委員...

十勝毎日新聞

武四郎 功績つぶさ 特別展が開幕【帯広】

 「北海道」の命名者として知られる幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」が15日、道立帯広美術館で開幕した。初日から大勢の来場者でにぎわい...