北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

「室蘭やきとり」駅弁が誕生、東室蘭駅構内で販売【室蘭】

東室蘭駅の四季彩館で8月から販売される小舟の駅弁

 室蘭市絵鞆町の居酒屋・小舟がプロデュースした駅弁「室蘭やきとり弁当」が8月1日から、北海道キヨスク(札幌)が運営するJR東室蘭駅構内の土産店「四季彩館東室蘭店」で販売される。小舟の佐藤修司代表は「長く愛される駅弁になれば」と話している。

 道産豚の肩ロース肉を使ったやきとり3本、室蘭うずら園のウズラの卵を使った串1本、肩ローススライス焼き2枚、伊達産ダイコンの溜まり漬けを、道産ナナツボシ250グラムの上に乗せた食べ応えのある駅弁。継ぎ足し使用している秘伝だれが特徴だ。

 パッケージ表紙には、のれん越しににぎわう店内の写真を採用。室蘭やきとりをJR利用者にPRするために説明書きも添え、「豚肉、タマネギ、洋がらし」を使っていることや、生肉を備長炭で手焼きするなど、小舟のこだわりや味についても解説した。

 従来から取り引きがある北海道キヨスクから「室蘭は焼き鳥が名物なのに駅弁がない。開発しませんか」と提案され、共同で商品化した。税込み1080円で、当初は木、金、土曜のみ、1日10食限定で納品する。佐藤代表は「室蘭の名物に育てば」と期待している。

 四季彩館東室蘭店は土産部門の強化を目的に改装中で、8月1日に総合土産店として再出発する。地元密着の品ぞろえをさらに充実させ、室蘭の特産品を広く発信する。

関連記事

十勝毎日新聞

アレルギー対応中華まんを発売 市内「シェンロン」の平松さん【帯広】

 帯広の市民団体「アレルギーを考える会」の研究会員平松一海さんが16日、アレルギー対応の「ベジ肉まん」の販売を、自身が店主を務める帯広市内の中華レストラン・シェンロン(東6南16)で始めた。中華ま...

十勝毎日新聞

鹿カツドッグが最高賞 町給食センター考案【陸別】

 第2回ジビエ料理コンテスト(全国公募、国産ジビエ流通規格検討協議会主催)の表彰式が15日、都内で開かれた。陸別町給食センターが出品した「鹿カツドッグ」が、給食アイデア料理部門の最高賞となる農林水...

室蘭民報

「白老牛の日」がスタート、5店舗がメニュー2割引き【白老】

 白老牛銘柄推進協議会主催のグルメイベント「白老牛の日」が9日から4日間の日程で始まり、同協議会指定販売店5店舗が自慢のメニューを2割引きで提供し、昼時には格安メニューのオーダーが相次いだ。 ...

十勝毎日新聞

お客が選ぶ新商品パン 試食投票に最多450人 満寿屋社内コンテスト【帯広】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)の一般参加型社内コンテスト「ますやカップ2018」決勝戦が3日、市内のとかちプラザで開かれた。過去最多の450人が試食して投票。新商品部門は「蒸鶏と...

名寄新聞

さわやかな酸味特徴・新商品「もちあま」販売開始【名寄】

 名寄振興公社は、名寄特産のもち米「はくちょうもち」を使った甘酒に乳酸菌を加えた飲料「もちあま」の販売を、1日から開始した。なよろ温泉サンピラー売店などで取り扱っている。さわやかな酸味が特徴で...