北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

「室蘭やきとり」駅弁が誕生、東室蘭駅構内で販売【室蘭】

東室蘭駅の四季彩館で8月から販売される小舟の駅弁

 室蘭市絵鞆町の居酒屋・小舟がプロデュースした駅弁「室蘭やきとり弁当」が8月1日から、北海道キヨスク(札幌)が運営するJR東室蘭駅構内の土産店「四季彩館東室蘭店」で販売される。小舟の佐藤修司代表は「長く愛される駅弁になれば」と話している。

 道産豚の肩ロース肉を使ったやきとり3本、室蘭うずら園のウズラの卵を使った串1本、肩ローススライス焼き2枚、伊達産ダイコンの溜まり漬けを、道産ナナツボシ250グラムの上に乗せた食べ応えのある駅弁。継ぎ足し使用している秘伝だれが特徴だ。

 パッケージ表紙には、のれん越しににぎわう店内の写真を採用。室蘭やきとりをJR利用者にPRするために説明書きも添え、「豚肉、タマネギ、洋がらし」を使っていることや、生肉を備長炭で手焼きするなど、小舟のこだわりや味についても解説した。

 従来から取り引きがある北海道キヨスクから「室蘭は焼き鳥が名物なのに駅弁がない。開発しませんか」と提案され、共同で商品化した。税込み1080円で、当初は木、金、土曜のみ、1日10食限定で納品する。佐藤代表は「室蘭の名物に育てば」と期待している。

 四季彩館東室蘭店は土産部門の強化を目的に改装中で、8月1日に総合土産店として再出発する。地元密着の品ぞろえをさらに充実させ、室蘭の特産品を広く発信する。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝産のコラボ弁当 帯南商と福原 販売【帯広】

 スーパーを展開する福原(帯広、福原郁治社長)が帯広南商業高校クッキング部(村井彩花部長、28人)と共同開発した「十勝をまるっともぐもぐ弁当」。9日まで数量限定で販売するフクハラの市内8店舗の...

十勝毎日新聞

ウチダザリガニおいしく変身 ラーメンやおかきに【鹿追】

 生態系に悪影響を及ぼす特定外来生物で然別湖の“悪役”だったウチダザリガニが、おいしいラーメンやおかきに変身した。然別湖生物多様性保全協議会(会長・吉田弘志鹿追町長)が開発した粉末状ザリガニパウダ...

十勝毎日新聞

プレ宇宙食に挑戦 地場食材ハンバーグで【清水】

 十勝スロウフード(藤田惠社長)は、2020年にも使用が予定される「Pre宇宙日本食(プレ宇宙食)」への採用を目指し、地場産食材を使ったハンバーグの開発に挑戦している。宇宙航空研究開発機構(JA...

室蘭民報

風味と食感が十分な孫ろく農園のポット三つ葉【伊達】

 伊達市松ヶ枝町の「孫ろく農園」では12月に入り、苗ポットで栽培した三つ葉(セリ科)の出荷が始まった。経営する佐藤英明さん(73)が独自に考案し、知的所有権を持つ「ポット三つ葉」で、今季は全体...

十勝毎日新聞

そば簾お目見え 年越し用ピーク【新得】

 そばどころの新得町で、年越し・歳暮用のそば作りがたけなわだ。道内大手の新得物産(町基線104、清水輝男社長)では、製麺工場の乾燥室に見事な「そば簾(すだれ)」がお目見えし、年の瀬の風情を漂わせ...