北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

「室蘭やきとり」駅弁が誕生、東室蘭駅構内で販売【室蘭】

東室蘭駅の四季彩館で8月から販売される小舟の駅弁

 室蘭市絵鞆町の居酒屋・小舟がプロデュースした駅弁「室蘭やきとり弁当」が8月1日から、北海道キヨスク(札幌)が運営するJR東室蘭駅構内の土産店「四季彩館東室蘭店」で販売される。小舟の佐藤修司代表は「長く愛される駅弁になれば」と話している。

 道産豚の肩ロース肉を使ったやきとり3本、室蘭うずら園のウズラの卵を使った串1本、肩ローススライス焼き2枚、伊達産ダイコンの溜まり漬けを、道産ナナツボシ250グラムの上に乗せた食べ応えのある駅弁。継ぎ足し使用している秘伝だれが特徴だ。

 パッケージ表紙には、のれん越しににぎわう店内の写真を採用。室蘭やきとりをJR利用者にPRするために説明書きも添え、「豚肉、タマネギ、洋がらし」を使っていることや、生肉を備長炭で手焼きするなど、小舟のこだわりや味についても解説した。

 従来から取り引きがある北海道キヨスクから「室蘭は焼き鳥が名物なのに駅弁がない。開発しませんか」と提案され、共同で商品化した。税込み1080円で、当初は木、金、土曜のみ、1日10食限定で納品する。佐藤代表は「室蘭の名物に育てば」と期待している。

 四季彩館東室蘭店は土産部門の強化を目的に改装中で、8月1日に総合土産店として再出発する。地元密着の品ぞろえをさらに充実させ、室蘭の特産品を広く発信する。

関連記事

十勝毎日新聞

エゾヤマビール発売【本別・足寄】

 本別、足寄、陸別3町が連携して開発したクラフトビール「エゾヤマザクラビール」の飲食店での一般提供が始まった。現在、本別、足寄町内の3店で扱われており、好評だ。  同ビールは、3町の商工会や...

十勝毎日新聞

ブロッコリー麺が給食に 「緑色がきれい」【音更】

 音更町内の小学校の給食で7日、音更町産の小麦粉を使った生地に町産ブロッコリーの乾燥粉末を練りこんだオリジナル麺「音更ら~麺(ブロッコリー麺)」を使用したラーメンが初めて提供され、子どもたちがおい...

十勝毎日新聞

節分落花生 完売 生産者団体ダイイチで【芽室】

 芽室町内で落花生栽培に取り組む「十勝めむろ落花生生産グループ」(藤井信二代表、8戸)は2日、スーパー・ダイイチで煎(い)り落花生を販売した。  煎り落花生は昨年11月末に収穫し、千葉県内の...

十勝毎日新聞

今年も「十勝晴れ」 新酒、管内100店で一斉発売【十勝】

 音更町内の米と水などで造った純米吟醸「十勝晴れ」の新酒が4日、十勝管内の約100店舗で一斉に発売された。  「とかち酒文化再現プロジェクト」(事務局・帯広信用金庫)が2010年から続ける事業...

十勝毎日新聞

パフェの具 お好みに レストラントスカチーナ【帯広】

 柳月(本部音更町、田村昇社長)のレストラン「トスカチーナ」(帯広市西18南5)は1日から、好みの具材を選べる「オーダーメイドパフェ」を提供している。15日までの限定販売。  バレンタインデ...