北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

厚床再生プロジェクト「防災キャンプ」企画 【根室】

厚床地域で発足した農村再生プロジェクトチーム

 新たな地域づくりに向け、勉強会を開いている厚床地域農村再生プロジェクトチーム(リーダー、馬場晶一さん=AB―MOBIT代表)は、24、25の両日、地域住民による厚床防災キャンプを厚床会館で開く。防災知識の習得と多世代間交流を目的としたもので、当日は婦人部の手料理やAB―MOBITが担当するかまどを使った炊飯体験などが予定される。

 同プロジェクトチームはフットパス事業などを展開するAB―MOBITが中心となり、厚床連合町会(会長、岩間公博厚床西町会長)と連携して組織化。道の中山間ふるさと・水と土保全対策事業の補助制度を活用し、講師に北大農学研究院の小林国之准教授を招き、厚床地域の未来を考える勉強会を開いている。

 防災キャンプは、今年3月に開いた第3回会議で「地域住民や多世代間交流の促進」を目的に提案されていたもので、厚床連合町会、AB―MOBITなどが中心となって開かれる。

 キャンプでは、市の防災担当を講師に、災害時の基礎知識、災害時の備蓄品などについての防災講座を行い、新聞紙を使った食器づくり、発電機や衛星携帯電話の実演、水や電気の使用抑制法など断水、停電時の知恵と工夫、平時の心得や備えなどについて学ぶ。

 また、今年2月に市と釧路市の王子コンテナー釧路工場で「災害時等における物資供給に関する協力協定」を締結し、災害時に提供を受ける「緊急時用段ボールベッド」を3セット購入。実際に寝心地などを体験してもらう。

 このほか、婦人部らが中心となって夕食のカレーライスを作るほか、AB―MOBITは羽釜を使った炊飯体験などを実施。翌25日は簡易炊飯を行うハイゼックス袋を使ったご飯や豚汁、午前10時からは厚床会館をスタートして厚床フットパスなどを巡り、地域周辺の自然環境などを再確認する。

関連記事

函館新聞

初年度相談件数242件/「函館・道南サート」専用窓口【函館】

 性暴力被害に遭った人を救援支援する性暴力被害対応チーム「函館・道南SART(サート)」で、函館市が新設した専用窓口に寄せられた相談件数が2018年度242件に上ることが分かった。委託先のNPO...

函館新聞

朝市にミニ水族館 7月から/「はこだて海の教室」【函館】

 函館朝市に近海を模したミニ水族館が出現―。はこだて海の教室実行委(会長・菅原雅仁十字屋社長)は7月15日から、函館朝市えきに市場「いか釣堀広場」に大型水槽4基を設置する。子どもに国内屈指の「海の...

釧路新聞

「海洋パイオニアスクール」高校生が藻場学習【標津】

標津町立標津高校(中川雅司校長、149人)は22日、町海の公園で2019年度「海洋教育パイオニアスクール」として生物の授業で藻場学習を行い、生徒は海草や藻場に生息する生物について理解を深めた。同ス...

釧路新聞

阿寒湖で観察会 児童がマリモの生態学ぶ【釧路】

 NPO法人阿寒湖のマリモ保護会などが主催する、国の特別天然記念物マリモの観察会が22日、釧路市阿寒湖で開かれた。阿寒湖小(本川敬一校長・児童数56人)の6年生9人が、普段立ち入ることのできない生...

根室新聞

北方領土・貝殻島周辺コンブ漁 6月1日出漁【根室】

 今年の北方領土・歯舞群島の貝殻島周辺でのコンブ漁について、同漁の管理組合の歯舞漁協(小倉啓一組合長)は20日に開いた理事会で、操業開始日を6月1日に決めた。24日に開催する歯舞、根室、落石の...