北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「平和の火」をリレー

新ひだか町役場静内庁舎前で平和の灯を引き継ぐリレーメンバー

 核廃絶と戦争のない平和な社会の実現をアピールする「第30回反核平和の火リレー」(実行委主催)が27、28の両日、日高管内7町で行われ、約65人が参加して平和の火のトーチを日高町日高地区からえりも町までリレーした。

 平和の火リレーは、被爆地の広島県広島市の平和記念公園に燃え続ける「平和の火」をトーチに掲げ、全世界からの核兵器の廃絶を訴える平和運動。道内リレーは、北海道平和運動フォーラムが後援する実行委が主催し、18日に宗谷管内幌延町をスタート。3コースに分かれて各市町村をリレーし、広島に原爆が落とされた8月6日に札幌市に到着後、平和集会を開く。

 管内は日高地区実行委(若林寛之委員長)が主催し、各町で自治労や北教組など各労組の若手メンバーがタスキとトーチを受け継ぎながら、7町16区間を走り、役場庁舎前で集会を開いて核廃絶を訴えた。

 27日午後には「核兵器廃絶・平和のまち宣言」をしている新ひだか町役場静内庁舎前にリレーが到着。歓迎集会で若林委員長が「多くの大衆とともに戦争のない、核のない平和な社会を呼び掛けるために、皆さんには大きな声援でランナーを送り出していただき、ともに安心して暮らせる日本を訴えていこう」とあいさつ。役場から町公民館をリレーするキャラバンにトーチの火を引き継ぎ、4人が平和の火を掲げて静内市街地をリレーした。

 この後、自治労全道庁日高総支部の小杉寿也書記長を講師に迎えて「反核平和の夕べ」が町公民館で開かれ、約120人が参加して昨年の原水爆禁止世界大会(広島県・長崎県)に参加したことについて報告を受けた。

関連記事

日高報知新聞

「他12線区の動き重要に」

【新ひだか】町議会定例会は14日、5議員が一般質問した。この中で酒井芳秀町長は、JR日高線が不通になっている問題で、JR北海道が単独では維持困難と公表した10路線13線区のうち、日高線を除く12線区の動き...

日高報知新聞

税金の使い方を学ぶ

【えりも】えりも小(高橋秀壽校長)で13日、6年生25人を対象に「租税教室」が行われ、税金の必要性や用途について学んだ。講師は浦河地方法人会青年部会の坂田成哉部会長。  同青年部会では、子どもた...

名寄新聞

レンガ煙突にサンタ登場【名寄】

 市内東2南10の名寄土管製作所(松前司社長)構内に立つレンガ煙突には、サンタクロース人形が登場。今年は子どもたちから届いた手紙を背負いながら煙突を登る愛嬌(あいきょう)のある姿が見られ、クリス...

苫小牧民報

ハスカップビネガーソース試作品完成 苫高専ブランド構築プロジェクト

 苫小牧工業高等専門学校(黒川一哉校長)創造工学科の岩波俊介教授(52)が指導する学生たちが開発を進めている、地場産ハスカップを使った食酢「ハスカップビネガーソース」の試作品が完成した。2018...

苫小牧民報

手作りの福神漬160袋限定販売、出足好調-JA道央女性部千歳食品部会

 お待たせしました―。道の駅・サーモンパーク千歳=花園=の千歳農産物直売所「旬菜の館」でJA道央女性部千歳ブロック・食品研究部会(岩本治子会長)製造の福神漬「七福神の漬物」(200グラム、税込み4...