北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「平和の火」をリレー

新ひだか町役場静内庁舎前で平和の灯を引き継ぐリレーメンバー

 核廃絶と戦争のない平和な社会の実現をアピールする「第30回反核平和の火リレー」(実行委主催)が27、28の両日、日高管内7町で行われ、約65人が参加して平和の火のトーチを日高町日高地区からえりも町までリレーした。

 平和の火リレーは、被爆地の広島県広島市の平和記念公園に燃え続ける「平和の火」をトーチに掲げ、全世界からの核兵器の廃絶を訴える平和運動。道内リレーは、北海道平和運動フォーラムが後援する実行委が主催し、18日に宗谷管内幌延町をスタート。3コースに分かれて各市町村をリレーし、広島に原爆が落とされた8月6日に札幌市に到着後、平和集会を開く。

 管内は日高地区実行委(若林寛之委員長)が主催し、各町で自治労や北教組など各労組の若手メンバーがタスキとトーチを受け継ぎながら、7町16区間を走り、役場庁舎前で集会を開いて核廃絶を訴えた。

 27日午後には「核兵器廃絶・平和のまち宣言」をしている新ひだか町役場静内庁舎前にリレーが到着。歓迎集会で若林委員長が「多くの大衆とともに戦争のない、核のない平和な社会を呼び掛けるために、皆さんには大きな声援でランナーを送り出していただき、ともに安心して暮らせる日本を訴えていこう」とあいさつ。役場から町公民館をリレーするキャラバンにトーチの火を引き継ぎ、4人が平和の火を掲げて静内市街地をリレーした。

 この後、自治労全道庁日高総支部の小杉寿也書記長を講師に迎えて「反核平和の夕べ」が町公民館で開かれ、約120人が参加して昨年の原水爆禁止世界大会(広島県・長崎県)に参加したことについて報告を受けた。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝勢メダル続々 スケートW杯大会【帯広】

 明治北海道十勝オーバルで16日から開催中のスピードスケートのワールドカップ(W杯)で、十勝勢のメダルラッシュが続いている。平昌五輪で活躍した、幕別町出身で共に帯南商高出の高木菜那選手(26)=...

十勝毎日新聞

ゴルフ場は青々 スキー場やきもき 初雪遅れ【十勝】

 11月中旬になっても帯広に初雪の便りが届かず、気温が高めに推移するなど、十勝は暖冬傾向となっている。雪と寒さが不可欠のスキー場は一刻も早い白銀の世界到来を切望。一方、青々とした芝生が健在のゴル...

十勝毎日新聞

「防衛へ棋力向上を」 将棋の渡部女流王位祝う会【帯広】

 将棋の第29期女流王位戦で6月に初タイトルを獲得した帯広市出身の渡部愛さん(25)を囲み、「女流王位獲得を祝う会in十勝」が17日、ホテル日航ノースランド帯広で開かれた。関係者ら約60人が祝福...

函館新聞

落葉進む中観光客楽しむ 五稜郭公園【函館】

 函館市の観光名所、五稜郭公園ではサクラやイチョウなどの落葉が進み、地面や土手に黄色やオレンジ色の葉が広がっている。17日には初冬の景色を観光客が楽しむ様子が見られた。  この日の函館の最...

函館新聞

全国でも勝利誓う 函高専ロボコン全道9年ぶり優勝【函館】

 函館高専のロボット研究会に所属するチーム「Café Rivage(カフェリバージュ)」が25日、東京都の両国国技館で開かれる「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2018」に出場...