北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

春国岱で6年ぶり記録 "クマゲラ"について学ぶ【根室】

クマゲラを含むキツツキの生態について学んだ

 根室市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターで18日、フィールド講座1「クマゲラが森を育てる?―その生態と大事な役割―」が開かれた。講師は公益財団法人日本野鳥の会保全プロジェクト推進室の荒哲平レンジャーが務め、参加した約20人は6年ぶりに春国岱で確認されたクマゲラの生態や、キツツキについて学んだ。

 荒レンジャーは、キツツキの仲間は世界に200種類以上、日本には12種類生息し、種類によって分布や生息数が違い、九州を除く全土や本州のみ、北海道のみに生息するキツツキもいることを説明した。

 キツツキの仲間クマゲラの生態について、2・3月は巣作り、4・5月は交尾・産卵、6・7月は育雛・巣立ち、8月~10月は教育・親離れをすると紹介した。

 このうち2・3月の巣作りについて、北海道のクマゲラの繁殖期の行動圏は300ヘクタールで、好きな樹種はトドマツ、シラカバなど約20種。比べて本州のクマゲラの行動圏は1,000ヘクタールから3,000ヘクタールと広いが、好きな樹種はブナのみ。また、本州には天敵のニホンザルが生息しているため、枝のない木を生息場所に選ぶなど違いを示した。

 最後は、森の生物の多様性について「森にキツツキが多いほど他の鳥たちも多くなる」とし、その理由について「キツツキは自力で木に穴をあけ(一次樹洞営巣種)、他の動物はその穴を利用する(二次樹洞営巣種)ため、生き物同士のつながりができる」と話し、「森林伐採やカメラマンの撮影圧、正確な個体数と行動圏の推定など保護の課題がある」と強調した。

 なお、春国岱におけるクマゲラの観察は、昭和58年からスタート。初年度は延べ14回の調査で3羽を確認。繁殖の確証はなかったものの、平成8年に巣立ち後の幼鳥が目撃されている。その後、声やドラミング、食痕を確認し、今年第三砂丘森林内で1羽のドラミング、姿を確認した。

関連記事

函館新聞

はこだて国際科学祭が開幕 食テーマに11回目【函館】

 楽しみながら科学と社会の関係を考える「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)が17日、五稜郭タワーアトリウムを主会場に始まった。11回目の今年は「『食』が育む、函館の未来。」をテ...

函館新聞

秋のバル街9月1日 過去2番目76店が参加【函館】

 函館市西部地区をスペインの立ち飲み居酒屋「バル」に見立て、はしご酒を楽しむイベント「函館西部地区バル街」(実行委主催)が9月1日、同地区で開かれる。秋のバル街としては最も早い開催で、過去2番目...

根室新聞

写友会が写真展 24日まで【根室】

 市内の写真サークル「写友会」(小林正輔会長)の写真展が17日、市総合文化会館エントランスホールで始まった。会員5人が各10作品を展示し、野生動物や自然現象を切り取った写真でカメラテクニックを...

根室新聞

参院選10代投票率 過去最低に【根室】

 7月21日に投開票が行われた第25回参議院議員通常選挙の根室市内の10代(18、19歳)の投票率は2282パーセントで、18歳選挙権が導入された平成28年の第24回参院選以降の各級選挙を通じて、...

苫小牧民報

モデルの椿梨央さんサプライズで始球式 太陽杯軟式全道少年野球胆振支部予選..

 太陽グループ杯争奪第26回全道少年軟式野球選抜大会胆振支部予選大会は17日午前、苫小牧市営少年野球場で開幕した。2日間にわたって胆振地区の小学生たちが全道大会への1枠を懸けてトーナメント戦を繰...