北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

春国岱で6年ぶり記録 "クマゲラ"について学ぶ【根室】

クマゲラを含むキツツキの生態について学んだ

 根室市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターで18日、フィールド講座1「クマゲラが森を育てる?―その生態と大事な役割―」が開かれた。講師は公益財団法人日本野鳥の会保全プロジェクト推進室の荒哲平レンジャーが務め、参加した約20人は6年ぶりに春国岱で確認されたクマゲラの生態や、キツツキについて学んだ。

 荒レンジャーは、キツツキの仲間は世界に200種類以上、日本には12種類生息し、種類によって分布や生息数が違い、九州を除く全土や本州のみ、北海道のみに生息するキツツキもいることを説明した。

 キツツキの仲間クマゲラの生態について、2・3月は巣作り、4・5月は交尾・産卵、6・7月は育雛・巣立ち、8月~10月は教育・親離れをすると紹介した。

 このうち2・3月の巣作りについて、北海道のクマゲラの繁殖期の行動圏は300ヘクタールで、好きな樹種はトドマツ、シラカバなど約20種。比べて本州のクマゲラの行動圏は1,000ヘクタールから3,000ヘクタールと広いが、好きな樹種はブナのみ。また、本州には天敵のニホンザルが生息しているため、枝のない木を生息場所に選ぶなど違いを示した。

 最後は、森の生物の多様性について「森にキツツキが多いほど他の鳥たちも多くなる」とし、その理由について「キツツキは自力で木に穴をあけ(一次樹洞営巣種)、他の動物はその穴を利用する(二次樹洞営巣種)ため、生き物同士のつながりができる」と話し、「森林伐採やカメラマンの撮影圧、正確な個体数と行動圏の推定など保護の課題がある」と強調した。

 なお、春国岱におけるクマゲラの観察は、昭和58年からスタート。初年度は延べ14回の調査で3羽を確認。繁殖の確証はなかったものの、平成8年に巣立ち後の幼鳥が目撃されている。その後、声やドラミング、食痕を確認し、今年第三砂丘森林内で1羽のドラミング、姿を確認した。

関連記事

根室新聞

震災建築物の危険度判定を容易に―青年建築士がマニュアル作成【根室】

 根室市内の建築士で作る一般社団法人北海道建築士会根室支部青年委員会(海老名秀貴委員長)は、地震発生時に専門的な知識がなくても施設の安全点検ができる「だれでもわかる震災建築物の簡易危険度判定マ...

根室新聞

24日「別院寄席」地元出身の三遊亭金八さんプロデュース【根室】

 根室出身の落語家・三遊亭金八さんがプロデュースする第17回別院寄席「歌でつづる戦後歌謡史2019」=ポスター写真=が24日、真宗大谷派根室別院会館で開かれる。今年は「歌まね」で史上初めて文化庁芸術祭優秀...

苫小牧民報

6年連続「億トン港」 震災の影響を最小限に

 苫小牧港の2018年(1~12月)の貨物取扱量が速報値ベースで1億744万4278トンとなった。03~08年の記録と並ぶ6年連続の1億トン超え。ただ、昨年9月に起きた胆振東部地震の影響で前年比...

日高報知新聞

漁業とアザラシの共存を【えりも】

【えりも】日高振興局は17日、日高山脈襟裳国定公園の観光拠点、襟裳岬・風の館で「親子で考えよう!ゼニガタアザラシ学習観察会」を開き、管内7町から親子44人が参加した。岬に棲むゼニガタアザラシの生態...

日高報知新聞

管内7校で388人が合格

 18日は道内公立高校の合格発表日。日高管内でも午前10時に全日制6校、定時制1校で一斉に合格発表が行われ、全日制381人と定時制7人の計388人(前年421人)が合格の栄冠を勝ち取った。  各...