北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

春国岱で6年ぶり記録 "クマゲラ"について学ぶ【根室】

クマゲラを含むキツツキの生態について学んだ

 根室市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターで18日、フィールド講座1「クマゲラが森を育てる?―その生態と大事な役割―」が開かれた。講師は公益財団法人日本野鳥の会保全プロジェクト推進室の荒哲平レンジャーが務め、参加した約20人は6年ぶりに春国岱で確認されたクマゲラの生態や、キツツキについて学んだ。

 荒レンジャーは、キツツキの仲間は世界に200種類以上、日本には12種類生息し、種類によって分布や生息数が違い、九州を除く全土や本州のみ、北海道のみに生息するキツツキもいることを説明した。

 キツツキの仲間クマゲラの生態について、2・3月は巣作り、4・5月は交尾・産卵、6・7月は育雛・巣立ち、8月~10月は教育・親離れをすると紹介した。

 このうち2・3月の巣作りについて、北海道のクマゲラの繁殖期の行動圏は300ヘクタールで、好きな樹種はトドマツ、シラカバなど約20種。比べて本州のクマゲラの行動圏は1,000ヘクタールから3,000ヘクタールと広いが、好きな樹種はブナのみ。また、本州には天敵のニホンザルが生息しているため、枝のない木を生息場所に選ぶなど違いを示した。

 最後は、森の生物の多様性について「森にキツツキが多いほど他の鳥たちも多くなる」とし、その理由について「キツツキは自力で木に穴をあけ(一次樹洞営巣種)、他の動物はその穴を利用する(二次樹洞営巣種)ため、生き物同士のつながりができる」と話し、「森林伐採やカメラマンの撮影圧、正確な個体数と行動圏の推定など保護の課題がある」と強調した。

 なお、春国岱におけるクマゲラの観察は、昭和58年からスタート。初年度は延べ14回の調査で3羽を確認。繁殖の確証はなかったものの、平成8年に巣立ち後の幼鳥が目撃されている。その後、声やドラミング、食痕を確認し、今年第三砂丘森林内で1羽のドラミング、姿を確認した。

関連記事

日高報知新聞

災害乗り越え実績上げる【平取】

【平取】びらとり野菜生産振興会トマト・胡瓜部会(石浦政司部会長、会員163人)の第30回定期総会と反省会が18日、びらとり農協本所2階大会議室で開かれた。  開会で石浦部会長は「5月の連休前の大雪、...

根室新聞

胆振東部地震から復興を支援 緑町商店街が応援セール【根室】

 緑町商店街振興組合(日沼茂人理事長)は2月2、3日の2日間、胆振東部地震の商店街を応援する「心を一つに!北海道胆振東部地震復興支援応援セール」=ポスター写真=を市内緑町のまちなかサロン恋問で開催...

日高報知新聞

信号機倒し通行止め【新ひだか】

【新ひだか】18日午後0時10分ごろ、新ひだか町春立の国道235号で、コンクリートミキサー車が信号機に接触し、信号機が根元から折れ曲がって道路を塞ぐ事故が発生した。幸い、けが人はいなかったものの、国道...

根室新聞

混声合唱団クール・エコー 創立50周年記念演奏会開く【根室】

 根室混声合唱団クール・エコー(田村昌也団長)は20日、創立50周年を記念した演奏会を市総合文化会館で開いた。約200人が来場し、同団のほか、ゲスト出演したOB、OGや子どもたちの歌声が会場に響いた。...

根室新聞

世代超えて親睦 第88回芭蕉同窓会開く【根室】

 根室高等学校の卒業生で組織する芭蕉同窓会(松浦宗信会長)は20日、第88回総会及び親睦会を根室グランドホテルで開いた。卒業生や関係者など約350人が出席し、総会では伝統ある3つの校歌を高らかに斉唱。...