北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

新千歳空弁に新登場 町のエゾシカ肉使用【池田】

空弁に新登場した「もみじ弁当」をPRする三坂社長

 新千歳空港で販売されている空弁(そらべん)に今月上旬から、池田町のエゾシカ肉と加工品の専門店「エゾの杜(もり)」(三坂一茂社長)のエゾシカ肉を使った「もみじ弁当」(980円)が新登場し人気を集めている。

 「もみじ弁当」は、空弁の製造販売などを手掛ける札幌バルナバフーズ(石田茂社長)が製造し、新千歳空港内の「お弁当処 美食千歳(びしょくせんさい)」で今月上旬から試験販売を始めた。

 エゾシカのスネ肉の塩だれベースのローストと、しょうゆ味のフレークをメインに仕上げた。道産米の「ななつぼし」にワサビ菜のしゅうゆ漬けを敷き詰めているほか、エゾシカ肉と相性がいい山わさびを添えるなどの工夫もされている。

 また、エゾシカ肉を提供する「エゾの杜」が道のエゾシカ肉処理施設に認証されていることから、弁当のふたには安心・安全の証しとして認証マークのシールが貼ってある。

 札幌バルナバフーズによると、現在は1日4~5食の限定販売だが、「北海道らしい弁当で人気があり、いつも完売の状態」。「エゾの杜」の三坂社長は「エゾシカ肉全体の消費拡大につながれば」と期待を寄せている。

関連記事

室蘭民報

混ぜて、切って「面白い」…登別蕎麦道場が講習会【登別】

 そば愛好者でつくる登別蕎麦(そば)道場(中山満晴代表)は、室蘭市港北町のサンライフ室蘭で、そば打ち講習会を開いた。参加した市民ら受講生10人が、空知管内幌加内町産のそば粉を使って二八そばに仕立...

苫小牧民報

「カジカ」バーガー開発 前浜産使用、豊かな味わい苫小牧漁協女性部

 苫小牧漁業協同組合女性部(山口加津子部長)は前浜産のカジカを使ったハンバーガーを開発し、夏に開催する地元イベントで販売する。食材としての認知度は低いものの、味は抜群というトウベツカジカの活用法...

室蘭民報

絶景がスパイスに…温泉街に初のスープカレー店【洞爺湖】

万世閣「HLAHAL」  洞爺湖町の洞爺湖温泉街に初めてのスープカレー専門店「スープカリーHLAHAL(ハラハル)」が12日オープンした。厳選の道産野菜を使用した味わい深いスープカレーを、洞爺湖...

室蘭民報

毛ガニ漁が解禁、初水揚げされ港が活気づく【登別】

 胆振太平洋海域(室蘭市―むかわ町)の毛ガニ漁が10日に解禁された。登別漁港(登別港町)では、11日に約1160キロを初水揚げ、夏到来を告げる真っ赤な旬の味覚が港を活気づけている。初日の取引額は高...

苫小牧民報

レトルトホッキカレー、おいしく一新 発売10周年「店の味に近づく」-汐見..

 苫小牧市汐見町1のマルトマ食堂は、2009年の発売から10周年を迎えたレトルトホッキカレーをリニューアルした。特徴であるホッキ貝の甘みとこくが強調され、「さらにおいしく仕上がった」と三浦未(い...