北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

新千歳空弁に新登場 町のエゾシカ肉使用【池田】

空弁に新登場した「もみじ弁当」をPRする三坂社長

 新千歳空港で販売されている空弁(そらべん)に今月上旬から、池田町のエゾシカ肉と加工品の専門店「エゾの杜(もり)」(三坂一茂社長)のエゾシカ肉を使った「もみじ弁当」(980円)が新登場し人気を集めている。

 「もみじ弁当」は、空弁の製造販売などを手掛ける札幌バルナバフーズ(石田茂社長)が製造し、新千歳空港内の「お弁当処 美食千歳(びしょくせんさい)」で今月上旬から試験販売を始めた。

 エゾシカのスネ肉の塩だれベースのローストと、しょうゆ味のフレークをメインに仕上げた。道産米の「ななつぼし」にワサビ菜のしゅうゆ漬けを敷き詰めているほか、エゾシカ肉と相性がいい山わさびを添えるなどの工夫もされている。

 また、エゾシカ肉を提供する「エゾの杜」が道のエゾシカ肉処理施設に認証されていることから、弁当のふたには安心・安全の証しとして認証マークのシールが貼ってある。

 札幌バルナバフーズによると、現在は1日4~5食の限定販売だが、「北海道らしい弁当で人気があり、いつも完売の状態」。「エゾの杜」の三坂社長は「エゾシカ肉全体の消費拡大につながれば」と期待を寄せている。

関連記事

十勝毎日新聞

「おとぷけ納豆」10年 来月プレゼント企画 音更更葉園【音更】

 社会福祉法人更葉園(町東通13、比留間正二理事長)は、法人ブランドとして製造・販売している「おとぷけ納豆」の10周年を記念し、3月1日からプレゼントキャンペーンを行う。  「おとぷけ納豆」...

室蘭民報

中島で食べ歩き、第2弾「街バル」がスタート【室蘭】

 室蘭市中島地区全体を会場に見立て、飲食店街を食べ歩くグルメイベント「中島街バル2019」が19日、同地区の23店舗で始まり、市民らが参加店をはしごし自慢の料理と酒を楽しんだ。21日まで。 ...

十勝毎日新聞

エゾヤマビール発売【本別・足寄】

 本別、足寄、陸別3町が連携して開発したクラフトビール「エゾヤマザクラビール」の飲食店での一般提供が始まった。現在、本別、足寄町内の3店で扱われており、好評だ。  同ビールは、3町の商工会や...

十勝毎日新聞

ブロッコリー麺が給食に 「緑色がきれい」【音更】

 音更町内の小学校の給食で7日、音更町産の小麦粉を使った生地に町産ブロッコリーの乾燥粉末を練りこんだオリジナル麺「音更ら~麺(ブロッコリー麺)」を使用したラーメンが初めて提供され、子どもたちがおい...

十勝毎日新聞

節分落花生 完売 生産者団体ダイイチで【芽室】

 芽室町内で落花生栽培に取り組む「十勝めむろ落花生生産グループ」(藤井信二代表、8戸)は2日、スーパー・ダイイチで煎(い)り落花生を販売した。  煎り落花生は昨年11月末に収穫し、千葉県内の...