北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

東海大生の村瀬さん、レトルト食品開発【根室】

開発したレトルト食品を手にする村瀬さん

 市水産加工振興センターで10月9日から研究に取り組んでいる東海大学海洋学部4年の村瀬有軌さん(21)が根室産水産物を用いたレトルト食品「根室産花咲がにと北海しまえびのビスク」、「根室産たこのアヒージョ」の2種を開発した。

 市では、平成22年に東海大学海洋学部と相互協力協定を結び、これまで同22、23年に各1人、同24年に2人、同25年に1人、同26年に2人、同28、29年に各1人を受け入れており、村瀬さんで10人目となる。

 村瀬さんは静岡県出身。東海大学海洋学部水産学科、食品科学専攻食品工学研究室4回生。10月9日から12月7日までの予定で、市水産加工振興センターで地域で水揚げされる各種水産物を使ったレトルト製品の開発(根室産魚介類を用いた特産品の開発等)をテーマに研究を行っている。

 開発したのは「根室産花咲がにと北海しまえびのビスク」、「根室産たこのアヒージョ」の2種。ビスクは、花咲がにとホッカイシマエビでだしを取ったスープで、かにのはさみとエビの頭が入っている。牛乳を加えてスープとして味わうことができる。

 アヒージョは安価なミズダコ、ヤナギダコを使用し、たこのやわらかい食感とマッシュルームの食感が楽しめる。おつまみなどにぴったりの製品。それぞれ真空パックと缶詰製品に仕上げた。

 村瀬さんは20日午後、市役所を表敬訪問。二品を試食した石垣雅敏市長は、二品とも「すごくおいしい」と絶賛し、「これからもぜひ頑張ってほしい」とねぎらっていた。

 市水産加工振興センターでは、観光客が手軽に買えるものがあまりないことから、「常温保存できるレトルト製品を増やし、付加価値を高めて根室の産物をPRしていきたい」としており、今後は技術講習会や成果報告会を開催して、地元企業にも紹介していく。

 村瀬さんは今後、12月7日までの研究期間中に「もう一品くらい作りたい」と意欲を見せている。来春には冷凍食品の製造・販売事業を行う企業への就職が決まっている。

関連記事

根室新聞

震災建築物の危険度判定を容易に―青年建築士がマニュアル作成【根室】

 根室市内の建築士で作る一般社団法人北海道建築士会根室支部青年委員会(海老名秀貴委員長)は、地震発生時に専門的な知識がなくても施設の安全点検ができる「だれでもわかる震災建築物の簡易危険度判定マ...

根室新聞

24日「別院寄席」地元出身の三遊亭金八さんプロデュース【根室】

 根室出身の落語家・三遊亭金八さんがプロデュースする第17回別院寄席「歌でつづる戦後歌謡史2019」=ポスター写真=が24日、真宗大谷派根室別院会館で開かれる。今年は「歌まね」で史上初めて文化庁芸術祭優秀...

苫小牧民報

6年連続「億トン港」 震災の影響を最小限に

 苫小牧港の2018年(1~12月)の貨物取扱量が速報値ベースで1億744万4278トンとなった。03~08年の記録と並ぶ6年連続の1億トン超え。ただ、昨年9月に起きた胆振東部地震の影響で前年比...

日高報知新聞

漁業とアザラシの共存を【えりも】

【えりも】日高振興局は17日、日高山脈襟裳国定公園の観光拠点、襟裳岬・風の館で「親子で考えよう!ゼニガタアザラシ学習観察会」を開き、管内7町から親子44人が参加した。岬に棲むゼニガタアザラシの生態...

日高報知新聞

管内7校で388人が合格

 18日は道内公立高校の合格発表日。日高管内でも午前10時に全日制6校、定時制1校で一斉に合格発表が行われ、全日制381人と定時制7人の計388人(前年421人)が合格の栄冠を勝ち取った。  各...