北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

東海大生の村瀬さん、レトルト食品開発【根室】

開発したレトルト食品を手にする村瀬さん

 市水産加工振興センターで10月9日から研究に取り組んでいる東海大学海洋学部4年の村瀬有軌さん(21)が根室産水産物を用いたレトルト食品「根室産花咲がにと北海しまえびのビスク」、「根室産たこのアヒージョ」の2種を開発した。

 市では、平成22年に東海大学海洋学部と相互協力協定を結び、これまで同22、23年に各1人、同24年に2人、同25年に1人、同26年に2人、同28、29年に各1人を受け入れており、村瀬さんで10人目となる。

 村瀬さんは静岡県出身。東海大学海洋学部水産学科、食品科学専攻食品工学研究室4回生。10月9日から12月7日までの予定で、市水産加工振興センターで地域で水揚げされる各種水産物を使ったレトルト製品の開発(根室産魚介類を用いた特産品の開発等)をテーマに研究を行っている。

 開発したのは「根室産花咲がにと北海しまえびのビスク」、「根室産たこのアヒージョ」の2種。ビスクは、花咲がにとホッカイシマエビでだしを取ったスープで、かにのはさみとエビの頭が入っている。牛乳を加えてスープとして味わうことができる。

 アヒージョは安価なミズダコ、ヤナギダコを使用し、たこのやわらかい食感とマッシュルームの食感が楽しめる。おつまみなどにぴったりの製品。それぞれ真空パックと缶詰製品に仕上げた。

 村瀬さんは20日午後、市役所を表敬訪問。二品を試食した石垣雅敏市長は、二品とも「すごくおいしい」と絶賛し、「これからもぜひ頑張ってほしい」とねぎらっていた。

 市水産加工振興センターでは、観光客が手軽に買えるものがあまりないことから、「常温保存できるレトルト製品を増やし、付加価値を高めて根室の産物をPRしていきたい」としており、今後は技術講習会や成果報告会を開催して、地元企業にも紹介していく。

 村瀬さんは今後、12月7日までの研究期間中に「もう一品くらい作りたい」と意欲を見せている。来春には冷凍食品の製造・販売事業を行う企業への就職が決まっている。

関連記事

函館新聞

はこだて国際科学祭が開幕 食テーマに11回目【函館】

 楽しみながら科学と社会の関係を考える「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)が17日、五稜郭タワーアトリウムを主会場に始まった。11回目の今年は「『食』が育む、函館の未来。」をテ...

函館新聞

秋のバル街9月1日 過去2番目76店が参加【函館】

 函館市西部地区をスペインの立ち飲み居酒屋「バル」に見立て、はしご酒を楽しむイベント「函館西部地区バル街」(実行委主催)が9月1日、同地区で開かれる。秋のバル街としては最も早い開催で、過去2番目...

根室新聞

写友会が写真展 24日まで【根室】

 市内の写真サークル「写友会」(小林正輔会長)の写真展が17日、市総合文化会館エントランスホールで始まった。会員5人が各10作品を展示し、野生動物や自然現象を切り取った写真でカメラテクニックを...

根室新聞

参院選10代投票率 過去最低に【根室】

 7月21日に投開票が行われた第25回参議院議員通常選挙の根室市内の10代(18、19歳)の投票率は2282パーセントで、18歳選挙権が導入された平成28年の第24回参院選以降の各級選挙を通じて、...

苫小牧民報

モデルの椿梨央さんサプライズで始球式 太陽杯軟式全道少年野球胆振支部予選..

 太陽グループ杯争奪第26回全道少年軟式野球選抜大会胆振支部予選大会は17日午前、苫小牧市営少年野球場で開幕した。2日間にわたって胆振地区の小学生たちが全道大会への1枠を懸けてトーナメント戦を繰...