北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

まつもと薬局 低たんぱくパン開発【帯広】

 帯広のまつもと薬局(松本健春代表)は、たんぱく質の少ないパンを手軽に焼くことができる「低たんぱくパンミックス粉」を開発した。市販に向けて、モニターも募集する。

ミックス粉を手にする大西さん(左)と一色恵栄養課長

市販へモニター募集

 低たんぱくで高カロリーな食事が求められる腎臓病患者に、おいしいパンを食べてもらいたいとの思いが開発のきっかけ。家庭の炊飯器で焼くことのできるミックス粉を作った。100グラム当たりでは、一般の食パンと同じカロリーながら、たんぱく質は約10分の1に抑えた。

 同薬局栄養課の管理栄養士大西玲衣さんは「簡単に作ってもらえると思う。北海道産の原料を使い、防腐剤などは不使用なので体にも優しい」とし、「開発にかけた約2年半の時間が患者さんの役に立てばうれしい」と話す。

 使用する炊飯器によって焼き上がりに微妙な差が出るとして、今回完成したミックス粉を使い、家庭でパンを焼いてくれるモニターも募集している。

 モニターは先着30人。対象は、11月26日から来年1月15日までの間に炊飯器でパンを焼き、アンケートに答えられる人。希望者は12月27日午後5時までに申し込む。申し込み、問い合わせは同薬局栄養部(電話0155・41・9333、ファクス0155・33・4811)へ。

関連記事

室蘭民報

混ぜて、切って「面白い」…登別蕎麦道場が講習会【登別】

 そば愛好者でつくる登別蕎麦(そば)道場(中山満晴代表)は、室蘭市港北町のサンライフ室蘭で、そば打ち講習会を開いた。参加した市民ら受講生10人が、空知管内幌加内町産のそば粉を使って二八そばに仕立...

苫小牧民報

「カジカ」バーガー開発 前浜産使用、豊かな味わい苫小牧漁協女性部

 苫小牧漁業協同組合女性部(山口加津子部長)は前浜産のカジカを使ったハンバーガーを開発し、夏に開催する地元イベントで販売する。食材としての認知度は低いものの、味は抜群というトウベツカジカの活用法...

室蘭民報

絶景がスパイスに…温泉街に初のスープカレー店【洞爺湖】

万世閣「HLAHAL」  洞爺湖町の洞爺湖温泉街に初めてのスープカレー専門店「スープカリーHLAHAL(ハラハル)」が12日オープンした。厳選の道産野菜を使用した味わい深いスープカレーを、洞爺湖...

室蘭民報

毛ガニ漁が解禁、初水揚げされ港が活気づく【登別】

 胆振太平洋海域(室蘭市―むかわ町)の毛ガニ漁が10日に解禁された。登別漁港(登別港町)では、11日に約1160キロを初水揚げ、夏到来を告げる真っ赤な旬の味覚が港を活気づけている。初日の取引額は高...

苫小牧民報

レトルトホッキカレー、おいしく一新 発売10周年「店の味に近づく」-汐見..

 苫小牧市汐見町1のマルトマ食堂は、2009年の発売から10周年を迎えたレトルトホッキカレーをリニューアルした。特徴であるホッキ貝の甘みとこくが強調され、「さらにおいしく仕上がった」と三浦未(い...