北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

まつもと薬局 低たんぱくパン開発【帯広】

 帯広のまつもと薬局(松本健春代表)は、たんぱく質の少ないパンを手軽に焼くことができる「低たんぱくパンミックス粉」を開発した。市販に向けて、モニターも募集する。

ミックス粉を手にする大西さん(左)と一色恵栄養課長

市販へモニター募集

 低たんぱくで高カロリーな食事が求められる腎臓病患者に、おいしいパンを食べてもらいたいとの思いが開発のきっかけ。家庭の炊飯器で焼くことのできるミックス粉を作った。100グラム当たりでは、一般の食パンと同じカロリーながら、たんぱく質は約10分の1に抑えた。

 同薬局栄養課の管理栄養士大西玲衣さんは「簡単に作ってもらえると思う。北海道産の原料を使い、防腐剤などは不使用なので体にも優しい」とし、「開発にかけた約2年半の時間が患者さんの役に立てばうれしい」と話す。

 使用する炊飯器によって焼き上がりに微妙な差が出るとして、今回完成したミックス粉を使い、家庭でパンを焼いてくれるモニターも募集している。

 モニターは先着30人。対象は、11月26日から来年1月15日までの間に炊飯器でパンを焼き、アンケートに答えられる人。希望者は12月27日午後5時までに申し込む。申し込み、問い合わせは同薬局栄養部(電話0155・41・9333、ファクス0155・33・4811)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

「パン甲子園」2年連続グランプリ報告 清水高 鈴木知事も絶賛【札幌】

 昨年10月の「パン甲子園2019」(実行委主催)で2年連続グランプリに輝いた清水高校の3人が17日、鈴木直道知事を表敬訪問した。共に3年の山田晧太さん、藤田成之介さん、曽根拓馬さんらが鈴木知...

日高報知新聞

つけものコンクールで渡部智佳子さんが3部門1位【えりも】

【えりも】町女性団体の伝統行事「第56回えりも町つけものコンクール」が13日、町福祉センターで開かれ、町内の主婦らが自家製の自慢の漬物を持ち寄って味を競い合った。町女性団体連絡協議会(川崎尚子会長...

十勝毎日新聞

道内の乳製品一堂に ミルク&ナチュラルチーズフェア【帯広】

 「ミルク&ナチュラルチーズフェア2020」が16日、帯広市内の藤丸7階催し会場で開幕した。道内各地の57社、約550品目の乳製品が一堂に集まり、来場者は目当ての商品を買い求めていた。21日まで...

十勝毎日新聞

ビーツをジュースに クリサポとかち【帯広】

 帯広地域雇用創出協議会は、十勝産ビーツを使った健康ジュースなどの商品を開発した。今後、管内の食品製造事業所や飲食店に対しレシピを提供する予定。  雇用につながるサービスを開発し、管内事業者へ...

室蘭民報

自慢の「ほうれん草」ぜひ、木村大作農園が出荷【壮瞥】

 壮瞥町滝之町の木村大作農園(木村大作さん経営)は、昨年12月下旬から食品スーパー地場大手・ウロコ(本社・伊達市松ヶ枝町、斎藤光太郎代表取締役)に「寒締めちぢみほうれん草」の出荷を始めた。「地元...